FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

バガヴァッド・ギーターの世界/上村勝彦



★★★★

わかりやすい解説書

仏教を学んでいて、特に密教の根源を探っているなかで、バガヴァッド・ギーターに出会いました。
全訳に挑戦する前に、わかりやすい解説書を読もうと思い、本書を手にしました。

インド古来の宗教(バラモン教・ヒンドゥー教等)では、
ブラフマンとアートマンの合一、全宇宙と個人の合一を目指していることは、
立川武蔵氏「はじめてのインド哲学 」で概要は掴んでいましたが、
実際にどのように述べられているかという興味も本書を手にした理由です。

バガヴァッド・ギーター本文および他の解説書を読んでいませんので、比較はできませんが、
本書はバガヴァッド・ギーターのエッセンスを十分に踏まえたうえで、わかりやすい解説がされていると思われます。

なお、著者が仏教の僧侶であること、日本でインドの宗教を伝えるには仏教を介したほうがよいと判断されたことが原因だと思いますが、
ところどころに「大乗仏教では○○のように述べられている」という記述がありました。特に天台宗からの引用が多いように思えます。
ただ、大乗仏教と比較されるのであれば、天台宗ではなく真言宗、顕教ではなく密教と比較して頂きたかったと思います。
本書を読んで、改めてバガヴァッド・ギーターと真言密教の思想面の近さを感じることができましたので。
★1つ減らしたのはこれが理由です。

とはいえ、バガヴァッド・ギーターと仏教を比較できたのは想定外の収穫でした。
個人的には仏教よりもバガヴァッド・ギーターの方が優れていると思いますし、インドで仏教が滅んだ理由もわかるような気がします。
(カースト制度を無視したところだけは仏教が優れていると思いますが)

これで、バガヴァッド・ギーター本文を読む準備ができたと思います。
いずれ挑戦してみたいと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP