FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

The Hero/ロンダ・バーン



★★

ロンダ・バーンっぽくない

人生で成功をおさめた人たちが持つ共通項を抽出して解説した本です。
内容自体はまともな本ですが、この手の本は数多くありますので、あえて本書を選ぶ必然性はありません。

なにより、「The Secret」「The Power」「The Magic」で超楽天的発想ともいえる成功法則を提示してきた、
ロンダ・バーンっぽさが全く本書には表れてきません。
これらの本で主張してきた「引き寄せの法則」「愛」「感謝」はどこへ行ってしまったのでしょうか?
(感謝だけは若干登場しますが、数多くの共通項の一つに格下げされています)

彼女に何かあったのでしょうか?
今後、このような方向性で執筆されるのであれば、もう彼女の本を読むことはないでしょう。

The Magic/ロンダ・バーン



★★★★★

「感謝」の実践集

本書のタイトルである「The Magic」は「感謝」のことです。
それも自分の人生を感謝で埋め尽くすぐらい感謝することを呼びかけています。
「感謝」が重要なことは誰もが知っていることだと思いますが、
本書で呼びかけているほど「感謝」しているか?、と問われると、
私個人としては「すみませんでした」「これから始めます」と言わざるを得ません。

本書のスタイルは、これまでの「The Secret」「The Power」とは異なり、
合計28日間の具体的な実践方法としてまとめられています。
個々の具体的実践方法には「なるほど!」と思わせるものがちりばめられています。
一方で、28日分に分割したせいか、重複する文章も少なくありません。

また、重要なメッセージは「The Power」の「愛」を「感謝」に替えれば、ほぼ同じものだと思われます。

従って、重要なメッセージを人生に取り入れたい方には「The Power」が、
個別具体的な実践方法を人生に取り入れたい方には本書が適しているのではないかと思います。

個人的には、
「The Power」のメッセージを何度も自分自身に浸透させながら、
深く感謝できること、毎日続けられることを優先して、それに適ったものを本書から選んで実践しようと思います。

あと、何故か本書だけソフトカバーで挿絵がカラーではありません。
ソフトカバーは別に問題ないのですが、挿絵はカラーの方が好きです。

前作同様、本書も日本語版で読みました。
より正しい理解を得るために、英語版を読んでみようと思います。

The Power/ロンダ・バーン



★★★★★

タイトル通り力強い本です

人間の持つパワーを「愛」に集約し、
そのパワーによって自らを「愛」で満たし、
かつ「引き寄せの法則」で自らを「愛」で包み込み、
そうすることで幸せになる、ということだと思います。
(「愛」の表現形態である「感謝」も併用)

「愛」を語る本は数多くあると思いますが、
本書の優れているところは、
・良い意味で非常にシンプルなメッセージになっていること
・道徳的な説教臭さが全くないこと
・よって、分かりやすく、受け入れやすく、実践しやすいこと
・また、読んでいるだけでハートが暖かくなること
にあるのではないかと思います。

著者曰く、前作の「The Secret」を読まなくても大丈夫とのことですが、
個人的には「The Secret」の本を読む、「The Secret」のDVDを観ることで、
より理解が深まると思います。

ただ、本シリーズで、何故か本書日本語版のみ電子書籍がありません。電子書籍化を切に望みます。

前作同様、本書も日本語版で読みました。
より正しい理解を得るために、英語版を読んでみようと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP