FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

The Secret/ロンダ・バーン



★★★★★

やっと受け入れることができました

本書が日本で出版されて以来、何度となく手に取りましたが、
その度毎にに胡散臭さが気持ちの中に生じたので、手放しましてきました。
しかし、ずっとこの本、著者のことは気になっていました。
精神面での幸福を追求したいという意思だけはあったのだと思います。

その後、エックハルト・トールの「ニューアース」を読んで、「これは禅だ」と直感し、
それならば日本に永く伝わる仏教を学べばよいのではないかと思い、仏教の世界に足を踏み入れました。

仏教からは大切なことを幾つか学ばせていただきました。
特に、歴史上の人物では空海の密教から、現代の人物ではティク・ナット・ハンのEngaged Buddhismから、
大切なことを学ばせていただきました。
しかし、より仏教を学ぼうと仏教思想に足を踏み入れたところ、
そこには、分裂・対立・誹謗・粛清といった、およそ釈尊が説いたこととは正反対の主張の嵐の世界でした。

このようなことから仏教とは距離を置きたくなり、きっかけとなったエックハルト・トールの本に戻りました。
Stillness Speaking」「The Power of Now」「A New Earth」を英語版で読みましたが、
そこには歴史上の覚者たちのエッセンスを踏まえ、かつそれを超えた、論理的かつ簡潔な解説がありました。

そして更にトール氏の主張を学ぼうとレンタル屋でDVDを探していたときに、
たまたま「The Secret」のDVDがありましたので、借りて観てみました。
すると、そこには以前本を読んで感じた胡散臭さは全くなく、映像とメッセージが自然に私の中に入ってきました。

それならば、ということで再度、本書を手に取り読んでみることにしました。
そして書籍を読んでも、今回は胡散臭さは全く感じられず、メッセージが自然に私の中に入ってきました。

スピリチュアル系特有の超自然的だと思われる箇所もないではないですが、
これについても、たまたまスピリチュアル系の元となる科学的根拠を別途探していたところ、
ディーパック・チョプラ氏等の「Super Brain」を見つけて読んでいましたので
本書の超自然的と思われる記述についての科学的な裏付けを得たうえで読むことができました。
更に、仏教を学んでいる時期に、インド哲学も周辺知識として多少なりとも得ていましたので、
スピリチュアル系独特の用語(宇宙との交流、ワンネスなど)も起源はインドにあるという納得のうえで読むことができました。

仏教から距離を置きたくなってから、気軽に読めて気分が良くなり役に立つ書籍を求めていました。
本書の言葉をつかえば、望んだものがやってきた、同じ波動のものが引き寄せられた、のかもしれません。

出版からかなり時間が経過してしまいましたが、やっと私のお気に入りの本になってくれました。

なお、本書の内容については数多くの方々が既に述べておられるので、私の解釈のみ記しておきます。
・思考は必ず実現するので、幸せな思考のみが生じるように意識することが重要
・そのためには、自分が自分自身に常に十分な愛と感謝と尊敬を与えることが重要
・これによって、自分の内面が幸せに満たされることが可能となる
・これにによって、それと同じ波動のものが引き寄せられる
・自分の幸せの責任は自分自身にある

なお、本書は日本語版を読みました。いずれ英語版も読んでみたいと思います。
この手の作品を英語版で読むことが増えてきましたが、日本語版だと訳がおかしいことがありますので、
できるだけ英語版で読むようにしています。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP