FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

龍樹/中村 元



★★★★★

空の入門書

ナーガールジュナ(竜樹)の説いた「中論」を中村氏が丁寧にわかりやすく解説しています。
ナーガールジュナは八宗の祖と言われるように、「中論」は大乗仏教諸宗が説く「空」についての根本原理となっているようです。

要約すると以下のようになると思います。
・空=縁起=無常=無我=中道
・縁起:全ての物事は全て相互依存している
・無常:全ての物事は常に変化している
・無我:全ての物事は単独では成立しない
・中道:特定の概念に囚われない

また、「空」は無ではありません。
有と対立するのは無であって空ではありません。
有と無は互いがあって初めて存在していることから縁起であり、
それを俯瞰しているのが「空」です。

むしろ「空」は、
無限の相互依存が常に変化しながら様々な姿を顕すという、
ダイナミックなものだと感じられます。
勝手な解釈ですが、自然科学が解き明かした複雑系理論を彷彿させます。
(複雑系理論については、M.ミッチェル.ワールドロップ『複雑系』をご参照ください)

ただ、このように理解できたのも、中村氏による膨大かつ丁寧でわかりやすい解説があってこそです。
解説を読んだあとで「中論」本文を読んでみましたが、結構難解でした。

般若心経を読んで「空とはなんぞや」と思われた方に、お勧めの本です。

また、「空」については、必ずといっていいほど「慈悲」と両立するか否か、といった議論が出てきます。
これについては、同じく中村氏の『慈悲』が参考になると思われます。

慈悲/中村 元



★★★★★

空なればこその慈悲

空と慈悲が両立しないということがよく言われていますし、
個人的にもどう両立するのかよくわかりませんでした。

しかし本書を読んで、空なればこその慈悲だということがわかってきました。

ナーガールジュナ(竜樹)の中論では、
空=縁起=無常=無我=中道と整理されています。
(中村元『竜樹』をご参照ください)

この整理からは、
・空の境地では不二であり、
・自己と他者の境界は消滅し、
・自己の苦と他者の苦との区別が無くなり、
・ただそこにある苦を除こうと思い、行うことで、
・結果として他者の苦が除かれる、
ということになるかと思われます。

これが正しい理解だとすると、
空なればこそ最高の慈悲が成り立つことになります(無縁の慈悲というそうです)。
また、空の境地に至るために慈悲の修行をするということになります(六波羅蜜の根本は慈悲だということです)。

ただ、このような理解から、慈悲を想い、行うことが如何に難しいことか、ということもわかってきました。
親鸞聖人が「凡夫では慈悲は行うことができない、ただ阿弥陀に帰依するしかない」と言われたことが身に沁みます。

著者が以下の言葉で本書をしめくくっています。
「かかる実践は、けだし容易ならぬものであり、凡夫の望み得べくもないことであるかもしれない。
しかし、いかにたどたどしくとも、光を求めて微々たる歩みを進めることは、
人生に真のよろこびをもたらすものとなるであろう」
凡夫としては、ここから始めるしかないのでしょうね。

なお、原始仏典は、空も慈悲も説かれていますので、
慈悲が大乗仏教独自のもので、だから大乗仏教は仏説ではないというのは的外れだと思われます。
慈悲を含む四無量心を観想の手段に後退させている一部の上座部の方がむしろ仏説から外れていると思われます。
(中村元『原始仏典』『ブッダの言葉-スッタニパータ』をご参照ください)

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP