FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

ブッダ最後の旅―大パリニッバーナ経/中村 元



★★★★★

もろもろの事象は過ぎ去るものである。怠ることなく修行を完成なさい。

本書に登場する釈尊最後の言葉が上記のものでした。
釈尊の教えは『無常』をさとり『修行』に専念することに尽きるようです。

様々な文献比較等を踏まえて、後代の脚色をできる限り取り去り、
生きている人間である釈尊の最後に迫っています。

スッタニパータと比べると明らかに仏教用語が増えており、
思想の体系化が始まっていることがよくわかります。
中村元『ブッダのことば―スッタニパータ』参照)

また釈尊入滅について、悟った信徒が無常をひたすら観じているのに対して、
第一結集直前まで悟れなかったとされるアーナンダが感情を顕わにした、という記述や、
自灯明法灯明(灯は本来は島・洲、日本で浸透しているので灯を使用)と教えられていたにも関わらず、
釈尊入滅後に遺骨を巡る争いが起きた、という釈尊崇拝についての記述なども、
大事なことを伝えているのだと思われます。

なお、大パリニッバーナ教の他の解説書を読んでいないので比較できませんが、
中村氏の訳注は豊富かつ素晴らしく、
この訳注があってはじめて多少なりとも理解することができたと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP