FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

空海「秘蔵宝鑰」/加藤精一



★★★★★

空海の思想の集大成

本書は、空海が思想の集大成として著したものの口語訳です。
著作当時には、儒教・道教・仏教、さらに仏教も各宗派あり、
それぞれが互いを攻撃や批判をしあっていたようでしたので、
本書はそれらの論争を収める役割を果たしたとのことです。

人間の心が高めるためには10の段階を登っていく必要があり、
それぞれの段階に、儒教・道教・小乗仏教各派・大乗仏教各派・密教を位置づけています。
本能のままに生きることから、人間としての幸せをつかみ、その幸せを他者にももたらす、
というような段階となっています。

自己啓発書などでは、
「自分が幸せになれなければ他人を幸せにはできない」といったフレーズを見かけますが、
本書もこれと同じではないかと思います(レベルの差、幸せの定義の違い、などあるでしょうが)。


ただ本書の中にある「十四問答」はちょっといただけないなと思います。
著作当時は仏教はかなり堕落していたようで、それらに対する想定問答なのですが、
「堕落した仏教に何故国費を投入しなければならないのか?」
「官僚だって堕落しているのに国費を投入しているではないか!」
といった、問いに対する答えになっていない部分がありました。

せめて
「仏教の僧侶にも未だ煩悩に苦しんでいる人たちが多いので温かい目で見守ってほしい」
ぐらいは言ってほしかったと思います。

たとえば、コンサルタントがクライアントにこのような対応をしたら、
間違いなく仕事はキャンセルされ、次からはお呼びはかからないでしょう。

空海ほどの天才がなぜこのような想定問答をつくってしまったのか、悩むところではあります。
いくら天才でも「仏教界」という業界の人だということなのでしょうか。

ただ、ここも見方次第なのですが、
出家した僧侶ですら煩悩に振り回されているのですから、
一般人は煩悩だらけでも仕方がなく、ほんの少しの仏心があれな充分なんだ、とも思えます。

  1. 2012/10/20(土) 14:09:37|
  2. 空海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空海「般若心経秘鍵」/加藤精一



★★★★★

密教から見た般若心経

密教の視点から般若心経を見ると、
お経全てが真言であり、主要な仏教宗派の神髄が全て盛り込まれている、
ということが解説されているようです。

ですので、一般的な般若心経の解釈とは全く異なります。
したがって、初めて般若心経を学ぼうとされる方は、最初にこの本を読まない方がいいと思います。
ある程度一般的な般若心経を理解してから、本書を読んで「密教ではこんな解釈なんだな」と比較しながら楽しむことをおススメします。
  1. 2012/10/19(金) 13:00:37|
  2. 空海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空海「三教指帰」/加藤精一



★★★★★

儒教・道教・仏教の比較ガイド

本書は、空海が仏教を極めたいという宣言書のようなものだとされています。
本能のままに生きることの苦しみを教え、儒教・道教も必要なものだが浅い思想であると説き、
大乗仏教の素晴らしさ、仏陀を目指すことの素晴らしさを訴えています。

この中で儒教は出世栄達のための手段、道教は現実逃避のための手段、といったような意味で評価してます。
孔子の論語、老子の道徳経、荘子については入門書は何冊か読みましたが、それとはイメージが異なります。
空海は天才かつ努力家ですので、儒教・道教についても詳しく理解しているはずでしょう。
だとすれば、空海が本書を著した時代では、儒教・道教はかなり堕落していたのだと推察されます。
もっとも、この部分は儒学者やタオイストから批判が出てくるのは間違いないでしょう。

では仏教は堕落していないかというと、他の書によればこの時代すでに堕落していたようです。
奈良からの遷都の理由の一つに仏教の堕落が挙げられています。
一方で、本書での大乗仏教の位置づけは堕落したものではなく、理想を描いたものだといえます。
堕落した仏教ではなく、理想の仏教を追求したいという思いが、このような比較になったのだと思います。

学術論争ではよくつかわれる手ではありますが、このような比較はフェアではないなとは思います。

ただ、天才空海をして、儒教・道教・仏教の中で仏教が最も役に立つと整理されたことは、意義深いものがあります。
空海が唱える仏教をすすんで学ぶことを後押ししてくれます。
  1. 2012/10/18(木) 12:38:46|
  2. 空海
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弘法大師空海を読む/加藤精一



★★★★★

大乗仏教で神格化された仏を取り戻す宗教改革?

本書では空海の著作から、
『即身成仏義』『弁顕蜜二経論』『般若心経秘鍵』『三昧耶戒序』を取り出して解説しています。

最初の2つは「密教は仏教だけど大乗仏教とはレベルが違うし必要なんだよ」ということを、
様々な仏教経典を引用、解釈して、これでもかといわんばかりに理論武装して解説います。
ただ、様々な経典からの引用が多いので、正直難しい本だなと思いました。

また3つめは「般若心経は密教経典でもあり、全てが真言なんだよ」と解説しています。
ただ、これだけではわかりにくいので、興味のある方は著者の『般若心経秘鍵』をおススメします。

最後の一つは「人の心には10段階あって、段階を登っていくことが大事なんだよ」と解説しています。
これは空海自身が著した『秘蔵宝鑰』にもっと詳しく述べられています。
著者も『秘蔵宝鑰』を解説した本を出していますので、興味のある方はおススメです。


私の知識と読解力で本書(特に最初の2つ)を読みこなすのは、容易ではなかったおですが、
それでも空海や著者が伝えたかったことは何となくではありますが、わかったような気がします。

それは、密教がある種の宗教改革だというものです。
仏教の開祖であるお釈迦様は、一切衆生が成仏できるよう仏教を発見・発明しました。
ところがお釈迦様が涅槃に入られた後に生まれた小乗仏教は、出家者のためだけの仏教になってしまいました。
また、小乗仏教では出家者自らが覚醒し救わればそれで良いという一切衆生を無視した宗教なってしまいました。
そこで、一切衆生を救うための宗教改革として大乗仏教が出てきたのですが、
成仏するためには輪廻転生を繰り返し、無限に近い時間を要さなければならなくなりました。
小乗仏教では実際にこの世に生きて死んだお釈迦様を崇拝していたのですが、
大乗仏教ではお釈迦様は仮の姿であり、仏は遥か彼方の存在となり、一切衆生からは遠くなってしまいました。
大乗仏教の類書を読むと、まるでお釈迦様がイエスやムハンマドのような存在として扱われています。
つまり、大乗仏教各宗派で絶対神であるかのごとく仏を作り出し帰依するようになりました。

そこで、密教の登場です。
密教は大乗仏教の延長線上にありますので大日如来という絶対的存在ををたてますが、
お釈迦様を意識して、大日如来を人間としての最高の人格であるとみなします。
そのうえで人間としての最高の人格は一切衆生が生きている間に育むことができるとしています。
このように、小乗仏教と大乗仏教のいいとこどりをした宗教改革が密教だと思います。

このような解釈が果たして空海や著者の意図とどれほど一致するのかはわかりかねますが、
少なくとも私にはそのように思えます。
  1. 2012/10/17(水) 12:58:08|
  2. 空海関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いま、空海の救い/加藤精一



★★★★★

胡散臭さを一切排した密教入門書

仏教に関する書籍をそれなりに読んできて役に立つ部分も少なくありませんでしたが、
どうしても神話や奇跡、輪廻など現代科学ではありえないと思われる記述も少なくなく、
どこか胡散臭い感覚がどうしても残っていました。

しかし、本書にはそのような胡散臭さはなく、論理的・合理的に真言密教を解説しています。
この解説の仕方は、住職である著者自身が胡散臭いものは認めないという方針のようです。

気に入った一文は以下のものです。
「密教は最高の人格を目指す宗教である」

このことによって、真言密教に一段近づくことができそうです。


また、本書は約30年ほど前に著されたものですが、
出版当時よりも現在の方が社会の混迷度は増していますから、当時よりも重要な本だといえるでしょう。

  1. 2012/10/12(金) 11:14:32|
  2. 空海関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

弘法大師の風光/加藤精一



★★★★★

弘法大師「超」入門書

空海・密教の入門書や名言集を何冊か読んできたからかもしれませんが、
本書は非常に読み易く、しかも安易ではない本だと思います。
著者の『空海入門』よりも入門書としては適切かもしれません。

また、現代社会の諸問題に対して空海ならどうするか、といった解説もあり、
仏教を机上の空論ではなく、現実問題にしっかりとつなげることで役立つことを示しています。


あと、日本人の宗教観について、
初詣は神社、葬式はお寺、挙式は教会という慣行は無節操・宗教音痴といわれていますが、
密教の曼荼羅世界から見れば、何かと対立する一神教と比べれば、むしろ好ましいことであると解釈しています。

私は、仏教についてひろさちや氏から学び始めました。
そのひろさちや氏が、日本人の宗教慣行は無節操・宗教音痴だといろんな本で述べていました。
このような経緯から、はっと気づかされたと同時に密教の懐の深さを感じ取ることができました。
  1. 2012/10/11(木) 09:01:25|
  2. 空海関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビジョナリーカンパニー4/ジェームズ・C・コリンズ



★★★★★

哲学・意志・規律を持つリーダーだけがカオスを乗り切れる

これまでのビジョナリーカンパニーシリーズでも、リーダーやヒトの重要性が述べられていましたが、
本書ではカオスを乗り切るためには、リーダーの思考・行動がどれほど重要であるかが説かれています。

これまでのシリーズ同様、社会科学の世界では最も綿密な部類である調査方法を駆使して得られた結論を、
・10X型リーダー(第五水準リーダーシップを原動力とした以下3つの発揮)
・20マイル行進(狂信的規律)
・銃撃に続いて大砲発射(実証的創造力)
・死線を避けるリーダーシップ(建設的パラノイア)
・具体的で整然とした一貫レシピ<SMaC>(上記3つを融合させて生成進化される原則)
・運の利益率<ROL>(上記によって、遭遇した運不運を如何に上手く活用するか)
といったわかりやすい用語に集約したうえで、わかりやすく解説しています。

また、これまでのシリーズと本作との関連について一章を割いており(Q&A方式という形態で)、
シリーズを通して整合性は確保していると説明しています。


本書で最も驚きだったのは、
イノベーションが組織の生死を分けるものではないということ、
変化に遭遇する度に、適応するための組織変革をすべきではないということ、でした。


一方で、より一層核心を深めることができたのは、
経営層が如何なるリーダーシップを発揮するかが、組織の生死を分けるものだということでした。

何か不運があるたびに、
慌ててプロジェクトを進めたり、コンサルタントを呼んだり、リストラしたり、ということの前に、
経営層自らが、自分自身の哲学・意志・規律が如何なるものか、どうあるべきか、どうすべきか、
を考えることが肝心だということです。

特に、業績不振を市場のせいにしたり、社員のせいにしたりしている経営層(実に多い)は、
本書を読んで自己点検すべきでしょうね。
(ただ、こういう経営層に限って本書は読まないでしょうし、読んでも部下にお任せなんでしょうけれど)


更に本書を読んで思ったのは、
個々人の人生も周りの環境がカオスであることから、
務めている組織だけではなく私生活でも本書の内容を実践した方がよいのではないかということです。
他の所謂自己啓発書と比べても本書は優れていると思いますので、
どうせビジネス書として読まれるのであれば、自己啓発書としても読んで損はないはずです。

  1. 2012/10/08(月) 13:51:25|
  2. ビジョナリー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

空海入門/加藤精一



★★★★★

空海・密教理解のコアとなる本

本書は、空海・密教について、空海自身の著作だけに基づいて高校生でも読めるものとして書かれています。
空海の伝説や奇跡を一切排除していますので、人間空海を正しく理解できると思います。
また、空海自身の著作の中で核となるものについて紹介もしており、密教を正しく理解できると思います。
200ページ弱の本ですが、中身がとても濃いので読み応えがあります。
個人的には、空海・密教を学ぶためのコアになる本です。

きわめて論理的な本であり(空海も著者もずば抜けた論理的思考を持っていると思います)、
宗教にありがちな胡散臭さや説教臭さは全くなく、極上の哲学書だといえるでしょう。
人生を如何に生きるかという強力な指針を与えてくれています。

同様の謳い文句で、川辺秀美氏が『空海と密教美術』という本を書いていますが、
本書とは比較にならないぐらい内容が薄っぺらいです。

ただし、内容がかなり濃いために、かえって理解しにくいことがあるかもしれません。
私の例でいえば、先ずひろさちや氏の著作から、
・仏教とは何か
・仏教と他の世界宗教(キリスト教・イスラム教)との違いは何か
・釈迦とは何者か、いかなる人生をおくったのか
・大乗仏教とは何か、偉大な開祖は何を重視したのか
・大乗仏教から見た小乗仏教とは何か
・大乗仏教から見た密教とは何か
などなど色々と学ばせて頂いたうえで本書を読み、
何冊かの入門書を読み、
著者の空海・密教関連の書籍を何冊か読み、
そのうえで、再度、本書を読んで「やっと理解できてきたかもしれない」という程度です。

ですので、空海・密教の広くて深い哲学を知るための一冊として本書は必読書なのですが、
最初に読む本ではないのかもしれません。
私の経験ですが、ひろさちや氏の空海・密教関連書籍が入り口としておススメです。
  1. 2012/10/07(日) 17:46:59|
  2. 空海関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

図説密教入門/大栗道榮



★★★★★

幅広く密教の要点を解説

何冊か密教入門の本を読みましたが、
本書は、密教の根本経典と曼荼羅/密教の修行/密教の歴史と教え/密教の儀式とご真言、
というように最も幅広く密教の要点を解説していると思います。

私個人としては、密教徒になるつもりはなく、
日常生活や人生を考えるうえで密教を知りたいので、
お寺での行事や梵語の真言などはあまり必要ないのですが、
密教そのものをしっかりと学びたいと思われる方にとってはおススメだと思います。

また、本書は真言宗の僧侶が著したものですので、
空海などの僧による奇跡や、信心による奇跡を幾つかあげていますが、
私個人としては、仏教を哲学だと思って接していますので、奇跡の部分は読み飛ばしています。
ただし、信仰の篤い方々にとっては大事なものなのでしょう。

なお、密教の教えについてより深く知りたい方には、著者の『図説「理趣経」入門』がおススメです。
  1. 2012/10/05(金) 12:15:16|
  2. 密教思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

心穏やかに生きる釈迦の教え/大栗道榮



★★

釈迦の伝説を踏まえた教え

密教がお釈迦様をどうとらえているのかを知りたくて、
真言宗の僧侶が書いたこの本を手に取ったのですが、
解説の内容は密教特有のものではないと思われます。
お釈迦様についての捉え方は、小乗仏教以外は同じなのかな、と推察されます。

問題は、お釈迦様の史実ではなく、
空想的な伝説をふんだんに活用してお釈迦様の教えを解説していることです。
個人的には、空想的な伝説を見せられると、仏教が胡散臭く思えてなりません。
伝説というものが胡散臭いと思う人にはおススメできません。

人としてのお釈迦様について史実ベースの知識を知りたい方には、以下をおススメします。
ひろさちや氏『釈迦』『仏陀』
ティク・ナット・ハン氏『小説ブッダ』
  1. 2012/10/04(木) 11:24:18|
  2. 仏教思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる