FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

地球白書2003-04/クリストファー・フレイヴィン



★★★★★

ヨハネスブルク・サミットでの経験を踏まえた提言

この年の地球白書は、ヨハネスブルク・サミットの開催地である南アフリカ共和国での実体験を踏まえて書かれています。
日本語版あとがきでも、これまでの地球白書とは趣がことなっているとのことです。

持続可能な世界を目指して、サミットで各国が国益(政治リーダーの支持団体も?)を懸けて争っているので、
遅いペースでしか物事が進んでいかないことを懸念しているようです。

ですので、第1章では「石器革命から環境革命へ、人類の進化を果たす」として、
人類がこれまで試行錯誤しながらも文明を進化させてきた実績があるので、
環境革命もできるはずだし、すべきであると述べています。

また、第8章では「大きなチャレンジ?宗教界と環境団体との協働」として、
人々の意識・行動に大きな影響力を持つ宗教界が、持続可能な世界に関心を寄せ、各々の教義と融合させ、
環境団体と協働しながら、個々人の意識・行動を変えていくことが、課題解決への大きな道になると述べています。

本書を読むと、技術的・資金的な側面での解決が大事ではあるものの、
その手前である持続可能な世界へ向けて進むべき、という意識の面に立ち戻って考える必要があることがわかります。
  1. 2011/03/06(日) 08:22:50|
  2. 地球白書
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2011/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる