FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

10 | 2008/11 | 12
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

個を活かすダイバーシティ戦略/マーサージャパン



★★

深く具体的な議論が必要というが

日本ではダイバーシティについて、女性活用といった極めて狭い内容で議論されているため、本書のように個々人の価値観・才能といった個性をどうするか、という問を発していること自体には価値があると思います。

しかし、本書において「深く具体的な議論が必要」であると言い切っているにも拘わらず、本書の内容は表面的な一般論に終始しており、また個別企業の事例もそれほど深いものではありません。

更に、タイトルに「戦略」と冠しているものの、戦略的な視点や思考は記されておらず、また実践手法も既存のチェンジマネジメントをただ紹介しているだけであり、ダイバーシティを取り入れようと真剣に検討している企業・担当者にはあまり参考になるものでもありません。

個を活かすことについては、スマントラ・ゴシャール等「個を活かす企業」など、他に多くの良書がありますので、そちらを参考にされた方がよいでしょう。

働きがいのある会社/斎藤智文



★★★

働きがいのある会社への新たなアプローチ

働きがいのある会社に関する書籍には、市場経済を無視した主義主張のみのもの、心理学的なアプローチのみで他の現実面での要素を無視したもの、高度経済成長期にのみ通用した年功序列を声高に主張するもの、などなど実際の経営にはとてもそのままでは活用できそうにないものが大半を占めています。

その中で本書は、働きがいのある会社の業績や経済的なメリットも調査結果により提示した上で、何が大事なことなのかを解説しています。

本書は、Great Place To Workの解説、及びそれを活用した調査結果の概要の解説であり、働きがいのある会社がどの様な施策を実施し、社員がどのように認識しているのか、について触れています。

一方で、働きがいのある会社が、どのような経営環境化で、何を重視して、どの様な施策を検討・実施し、以前と何が変わり、どのような効果を生み出したのか、といったプロセスについてはあまり触れられていません。

また、人間の普遍性を謳い、国に関係なく働きがいのある会社の要素は同じだとしていますが、これは少し誇張しすぎだと思います。文化を取り扱う学術領域では、マズローの欲求段階説ですら国別に段階が異なるといわれていますので。

従って、本書を活用する方法としては、著者も述べているように、あくまでのベンチマークの一つとして取扱い、プロセスについては個々の会社で検討するというのが適切だといえます。

とはいえ、このようにしっかりと調査した上での解説を試みている書籍があまりないですので、本書は手元に置いておくだけの価値はあると思います。

なお、本書のようなアプローチについては、他にギャラップ社、ヒューイット社が実施していますので、そちらも参考にされると良いでしょう。

本書で記されている取り組みはアメリカでは10年以上前からあるようです。この分野でも日本は遅れていることがよくわかります。ただ、どんな経営施策もアメリカの10年遅れで日本は取り入れている経緯がありますので、働きがいのある会社への取り組みも、これから盛んになることでしょう。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP