FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2008/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

多文化社会の人間関係力/八代京子等



★★★★

わかりやすい異文化コミュニケーション

異文化コミュニケーションの方法を、理論・事例解説・エクササイズを盛り込んで、わかりやすく(かといっていい加減ではありません)解説しています。

異文化と接する機会が増えるほど、またその中で生きていく必要があるほど、自己受容(今の自分を全面的に認めること)が重要であるとしています。

自己受容ができないと多文化の中で埋没する、また自分自身が失われることから、先ず自己受容してから、他者を理解する必要があるとのことです。


また文化はその中で暮らす人たちの無意識の常識ですので、互いに偏った常識を無意識に持っていることを前提として接することも重要であるとしています。

更に国・民族・性別・年齢・職業等のステレオタイプに囚われやすいことを前提として、あくまでも個人対個人で接することも重要であるとしています。


本書は異文化コミュニケーションの解説ですが、通常のコミュニケーションでも全く同じ(人はそれぞれ異なっていることを前提として接する)だといえます。

異文化コミュニケーションだけでなく、日常的に活用したいものです。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP