FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

ビジョナリーカンパニー4/ジェームズ・C・コリンズ



★★★★★

哲学・意志・規律を持つリーダーだけがカオスを乗り切れる

これまでのビジョナリーカンパニーシリーズでも、リーダーやヒトの重要性が述べられていましたが、
本書ではカオスを乗り切るためには、リーダーの思考・行動がどれほど重要であるかが説かれています。

これまでのシリーズ同様、社会科学の世界では最も綿密な部類である調査方法を駆使して得られた結論を、
・10X型リーダー(第五水準リーダーシップを原動力とした以下3つの発揮)
・20マイル行進(狂信的規律)
・銃撃に続いて大砲発射(実証的創造力)
・死線を避けるリーダーシップ(建設的パラノイア)
・具体的で整然とした一貫レシピ<SMaC>(上記3つを融合させて生成進化される原則)
・運の利益率<ROL>(上記によって、遭遇した運不運を如何に上手く活用するか)
といったわかりやすい用語に集約したうえで、わかりやすく解説しています。

また、これまでのシリーズと本作との関連について一章を割いており(Q&A方式という形態で)、
シリーズを通して整合性は確保していると説明しています。


本書で最も驚きだったのは、
イノベーションが組織の生死を分けるものではないということ、
変化に遭遇する度に、適応するための組織変革をすべきではないということ、でした。


一方で、より一層核心を深めることができたのは、
経営層が如何なるリーダーシップを発揮するかが、組織の生死を分けるものだということでした。

何か不運があるたびに、
慌ててプロジェクトを進めたり、コンサルタントを呼んだり、リストラしたり、ということの前に、
経営層自らが、自分自身の哲学・意志・規律が如何なるものか、どうあるべきか、どうすべきか、
を考えることが肝心だということです。

特に、業績不振を市場のせいにしたり、社員のせいにしたりしている経営層(実に多い)は、
本書を読んで自己点検すべきでしょうね。
(ただ、こういう経営層に限って本書は読まないでしょうし、読んでも部下にお任せなんでしょうけれど)


更に本書を読んで思ったのは、
個々人の人生も周りの環境がカオスであることから、
務めている組織だけではなく私生活でも本書の内容を実践した方がよいのではないかということです。
他の所謂自己啓発書と比べても本書は優れていると思いますので、
どうせビジネス書として読まれるのであれば、自己啓発書としても読んで損はないはずです。

ビジョナリーカンパニー3/ジェームズ・C・コリンズ



★★★★★

あらためて「企業は人なり」だと感じさせられました

本書で登場する衰退の五段階は、
どの組織にでも、またどんな人にでも、内在されているものだと思います。
仏教でいう「煩悩」だともいえます。「煩悩」が露出すると衰退すると考えられます。

・様々な縁によって成功したのに、それを全て自分の手柄だとする身勝手な傲慢さ(第一段階)
・世の中のためでなく、物質的欲望のために貴重な資源を不必要に追及する貪欲さ(第二段階)
・自己を正当化するために、失敗の原因をすべて自己以外に求めようとする卑しさ(第三段階)
・窮地に立たされ我を忘れ、妄想に次々と期待を寄せ頼ってしまおうとする愚かさ(第四段階)
・道理をわきまえずに、守るべきものとそうでないものとの区別がつかない無明さ(第五段階)

上記を書きながら、これまでコンサルティングをさせて頂いた組織と照らして思ったのは、
行政の影響が強いほど、組織規模が大きくなるほど、個人の役職が高くなるほど、
これらの傾向が強く出ているな、ということです。

ですので、これらの傾向は常に自分自身の中にあると思って、
意識的にセルフチェックをしておく必要があると思います。

また、組織の中では、これらの煩悩をさらけ出したり、自身の煩悩に気づかないような人を、
人の上に立たせないようにすることが必須です。
しかも他者に対するその見極めは難しくはないですので、実践する決意があれば済むと思います。


なお、本書の元となる調査手法は『ビジョナリーカンパニー』『ビジョナリーカンパニー2』と同様、
社会科学で採用可能なものの中で最も信頼される部類にはいりますので、信頼性は高いと思います。


また上記で本書の内容を要約しましたが、これらは心理学では当たり前のものとされていると思います。
その意味では、経営学と心理学を繋ぐ本だともいえます。
さらに、仏教でも上記と同様のことが2000年以上も前に謳われています。
その意味では、経営学と仏教をを繋ぐ本だといえます。
ちなみに仏教は心理学だとも言われていますので、これで経営学・心理学・仏教が繋がることになります。


ビジョナリー・ピープル/ジェリー・ポラス等



★★★

ビジョナリーな人たちからのメッセージ

数多くのビジョナリーな人たちからのメッセージが載せられています。
感銘を受けたメッセージを発した人の生き様を更に紐解いてみるためのベースとして本書は価値があると思います。

また、これだけの人たちをインタビューしたうえで普遍原則を導こうとしていますので、
生半可な自己啓発書よりは核心をついているのではないか、と思います。

一方で、ビジョナリー・カンパニー・シリーズと比べると、斬新な体系化という点ではやや見劣りがしますが、
企業と違い、個人の成功については遥かに多様性があることから止むを得ないことだと思います。

ビジョナリーカンパニー【特別編】/ジェームズ・C・コリンズ



★★★

偉大な社会セクターへ

ビジョナリー・カンパニー1・2と比べると、かなり軽い仕上がりとなっていますが、
著者曰く、真剣に社会セクターの研究をしてからの出版だと10年後になるそうです。

そこでビジョナリー・カンパニーの原則をベースとして、
現段階で知りえている社会セクターの特徴を理解したうえで、
企業と社会セクターとの大きな相違点について社会セクターへの処方を述べています。

それでも偉大な社会セクターになるための重要なポイントは分かりますし、
偉大な社会セクターから企業への処方が応用可能なものも抽出されています。

ドラッカーの「非営利組織の経営」と併せて読まれると理解が一層深まると思います。

とはいえ、内容がかなり軽いことと、それにしては本の値段が高いことから★2つマイナスにしています。

ビジョナリー・カンパニー2/ジェームズ・C・コリンズ



★★★★★

感動!

経営書を読んで感動したのは初めてです。

「情熱を持って取り組めるもの」「自社が世界一になれる部分」「経済的原動力になるもの」
が重要だと書かれていますが、「情熱」が最も重要であると真面目に解説している経営書です。
また、これは「心・技・体」という日本古来からある言葉にも通じるのではないかと思うと、
日本もまだまだ復活できるぞと期待できます。

前作も良書でしたが、個人的には本書のほうが好きです。

なお、ビジョナリー・カンパニーシリーズを読まれる際には、本書から読まれることをお薦めします。
1冊目「ビジョナリー・カンパニー」は、ビジョナリーになったあと
どうすべきかが分析・解説されています。
どうやってビジョナリーになるかは、本書で書かれていますので、
出版順とは逆の順序で読まないと理解に苦しみます。

ビジョナリー・カンパニー/ジェームズ・C・コリンズ



★★★★★

ビジョナリーカンパニー2「飛躍の法則」が先

本書を読まれようとされておられる方々にアドバイスを1つ。
コリンズ氏がビジョナリーカンパニー2「飛躍の法則」の中でも述べていますが、出版順序と使う順序は逆です。
つまり、「飛躍の法則」の内容を先に実践し、そのあとで本書の内容を実践する必要があります。

本書は素晴らしい内容ですが、「じゃあどうやって実践するの?」という疑問が生じます(これも「飛躍の法則」の前書きで述べられています)。

「飛躍の法則」を読んでビジョナリーになってから、本書を読んでビジョナリーを維持することをおすすめします。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP