FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

保守主義とは何か/宇野重規





日本の保守主義を考える上では何の役にも立たない

日本の保守主義の在り方についてアカデミックな知見を得たいと思い本書を手にしました。

イギリスやアメリカの保守主義の過去の経緯については参考になるのでしょうが、
日本の保守主義を考える上では何の役にも立ちません。

まず、あとがきで明治以降を「アジアの植民地化など批判すべき点の方が多い」と明言していますが、、
これは完全に東京裁判史観・自虐史観に洗脳されているか、それを利用しているか、どちらかとしか思えません。
いずれにしても、このような史観でもって日本の保守主義を解説すること自体がそもそも間違っています。

次に、日本の保守主義を語るのであれば、最低でも古事記・17条憲法・五箇条のご誓文に触れなければなりませんが、
なぜか明治以降からしか扱っていません。
また明治維新を日本の断絶としていますが、江戸時代からの継続性の歴史を知らないのではないでしょうか。
西洋思想学者にありがちなことですが、西洋視点でしか日本を見ることができないのではないかと思います。

更に、現在の日本国憲法を是として保守思想を打ち出す必要があるような書きぶりですが、
アメリカへの従属条約である日本国憲法をなぜ是としなければならないのか、理由がわかりません。
日本国憲法は、日本の継続性を破壊するために、国際法を違反してまで押し付けられたものですので、
日本の保守思想を語るのであれば、日本国憲法を否定するところから始める必要があるのではないでしょうか。

そのうえ、ナショナリズムを悪い意味で扱い、
かつ保守主義とナショナリズムを著者の都合の良いように当てはめている箇所が散見されます。

従って、日本の保守思想を考える上では何の役にも立ちません。百害あって一利なしです。
東京裁判史観・自虐史観の肯定、日本国憲法の肯定、いずれも反日左翼の発想です。

なお、イギリスやアメリカの保守思想についても、最近の動向についての言及がありません。
グローバリズムによる国家破壊勢力と、これに対抗するナショナリズムの攻防が欠けていますので、
本書だけだと本質を見誤ります。

従って、イギリスやアメリカの保守思想を考えるうえでも役に立ちません。


  1. 2017/09/14(木) 11:18:39|
  2. その他思想・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

学生に与う/河合 栄治郎



★★★★★

真の精神的自由を獲得するために

真の精神的自由を獲得し、
物質的欲求や満足に拘泥・執着せずに、
また右のファシズムにも左のマルキシズムにも断固として対峙できるよう、
学生(当時のエリート候補生と思われる)に対して、
教育者として発信した本だと思われます。

著者の唱える理想主義哲学(真善美を磨き上げることで理想の人格を形成する)を最大価値として、
学生時代にそれを、またその基礎を如何にして培うか、について論じられています。

当時の時代固有の文脈は当然ありつつも、
現代においても全く古さは感じられず、むしろ今こそ必要な哲学と実践ではないかと思われます。

著者関連の本を何冊か読みましたが、
著者の唱える理想主義哲学についての解説が最も詳しい本だと思います。

ただし、本書に描かれていることを現実社会で実践するのは決して容易ではありません。
本書執筆当時と比べると、人間についての自然科学がかなり発展してきており、
新たな知見がかなり増えているはずです。
本書でされている理想主義を受容し、推進していくのであれば、
人間についての自然科学との比較において、
どれほど実現可能なことであるか、また如何にして実現させていくのか、
について、再検証される必要があると思われます。

また、例えば仏教との比較では、本書の理想主義はブッダになることであり、
しかも現実世界を生きながらブッダになれ、といっているに等しいと思います。
ブッダでさえも、出家しないと無理ですよと言われたことを、
更に出家したとしてもブッダになるのは容易ではないことを、
現実世界で生きながら実践せよというのですから、
どれほど困難なことであるかはわかるのではないでしょうか。

そのうえ、自然主義・功利主義への対論として理想主義を掲げていますが、
自然主義・功利主義を完全に無くすべきかのか、疑問が残ります。
理想主義が高邁であればあるほど、自然主義・功利主義の反動がでるのではないでしょうか。
人間が生きていくためには、どちらか一方、無か全か、というのではなく、
適度なバランスが必要なのではないかとも思います。

あまりにも実践が困難な内容であるため、★を減らそうかとも思いましたが、
理想主義哲学という枠内での論理構成そのものは流石だな思いましたので、減らすのはやめました。

なお、興味深かったのは、
理想的な人格=ブッダになるために、
ブッダは、精神的自由を得るために、その妨げになるあらゆるものを捨てよ、と教えているのに対して、
著者は、精神的自由を得るために、その糧となる真善美につながるものを獲得せよ、と教えていることです。
東洋思想と西洋思想の違いのようなものを観ることができたような気がして興味深かったです。
  1. 2017/04/20(木) 21:54:15|
  2. 河合栄治郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自由主義の擁護/河合 栄治郎



★★★★★

読まなければわからない著者の自由主義

著者の提唱する自由主義は、
・理想主義を根幹に置き、個人の人格の成長を絶対価値として、その実現を目的としている
・社会レベルでは、その延長として構成員としての個々人の人格の成長を目的としている
・個人が自由である対象としては、あらゆるものが含まれる
・言論の自由と思想の自由を重視し、議会制民主主義という平和的な手段で自由主義を実現する
・自由主義の中には市場経済による抑圧からの自由も含まれ、故に社会主義が必要とされている
・国家は個人の人格の成長のためのみに、権力の発動が許されている
・国を愛すること、皇室を慕うことは当然のことであるが、これを強制してはならない
ということです。

また、自由主義という用語だけでは物事を見誤るとして、様々な自由主義を提示しています。
・無政府主義的自由主義は、無秩序になることで個人の人格の成長を妨げるので採用しない
・経済的自由放任主義は、物質優先志向や格差が個人の人格の成長を妨げるので採用しない

更に、マルキシズムに断固反対する著者がマルキシストと誤解されないために違いを明らかにしています。
・マルキシズムは社会主義を必然としているが、著者は社会主義は様々な議論を経て適切なものになっていくとしている
・マルキシズムは暴力的革命と独裁を手段としているが、著者は議会制民主主義を手段としている
・マルキシズムは暴力的革命と独裁を重視しているが、著者は生産手段の共有化の在り方を重視している
・マルキシズムについての思想・言論の自由は認めるが、その実践は絶対に認めないとしている

あと、保守陣営については、
保守とは何か、について学者の間で意見がまとまっていない、
保守とは何か、確固とした哲学・思想として確立されていない、
と当時の状況を述べています。
最近保守についての書籍を何冊か読んでみたのですが、
個人的な感想としては、今でも著者が本書で述べていた状況が続いているように思われます。

著者の提示する自由主義がベストかどうかはわかりませんが、
自由主義について体系的に学ぶことができるとともに、
ファシズムやマルキシズムが如何に危険かということも理性的に理解することができました。
また、著者の自由主義についての理論武装に論理飛躍や不整合は見受けられませんでした。

議論の余地があるとすれば、
理想主義を根幹に置いた、個人の人格の成長を絶対価値としていることがベストかどうか、
というところだと思います。
理想主義そのものについて、
何故これでなければならないのか、他の哲学との比較においての優位性は何か、などの検証が、
理想主義からの自由主義についての展開と比べると弱いように思えます。
当時はファシズムやマルキシズムと対峙するために、理想主義が採用され、それで十分だったのだとは思いますが、
現代においては、その理由は意味を持ち続けつつも、物足りない感が否めません。

ただし、著者の唱える自由主義が理解できたこと、そのうえで飛び交う情報を取捨選択できることは、
個人的には非常に有益なものであることは確かです。
また、古い本ではありますが、最近の内容が浅薄な書籍と比べれば、はるかに読む価値は高いと思います。

最後に、復刻版としてkindle化&180円という安価で本書を世に出してくださった方々に感謝します。
今後もどんどん復刻していただきたいと思います。
  1. 2017/04/16(日) 11:40:04|
  2. 河合栄治郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

マルキシズムとは何か/河合栄治郎



★★★★★

マルキシズムの基本がよくわかる

全体主義と闘った男 河合栄治郎を読んで、
河合氏が右のファシズム、左のマルキシズムの
いずれとも闘った自由主義者(リベラリスト)であることがわかりました。

一方で、河合栄治郎 戦闘的自由主義者の真実では、
ファシズムと闘ったことは強調されていますが、マルキシズムと闘ったことはかなり言葉を濁していました。

そこで、左右いずれにも与しない思想家が、
本当のところ、マルキシズムをどのように見ていたのか、なぜ闘わなければならなかったのか、
を知りたくなり、本書を手に取りました。

マルキシズムだけでなく、左陣営を擁護する方々自身の本だと、
単なるプロパガンダに終始しているので批判的に読むことが容易ではないというのも理由です。

河合氏によるマルキシズムの見方は以下のようなものです。
・暴力革命と独裁政治によって資本主義から社会主義に移行させる
・社会主義が良いのか悪いのかの判断はしていない、ならない
・もともと現実的な哲学・思想のない幼稚な国家にしか根付かない
・哲学・思想体系に不整合や矛盾を抱えている
・哲学・思想が生まれた時代・地域だけの情報に基づいており、汎用性・普遍性がない
・体系化しやすい対象のみを選び、体系化できないものは意図的に外している
・人間が生まれ持つ意識・欲求・特性等を考慮していない

ということで、
・合理的でない理屈、浅薄な根拠でもって
・人間の生活が良くなるかどうかわからないものに向かって
・暴力と独裁で強行していく
というのがマルキシズムの性質だといえると思われます。

河合氏の主張する、
・人間としてふさわしい道徳を持ち人格を高め、
・あるべき人間・社会に対する理想を掲げ、
・民主主義という平和的な手段を用いて、
・理想に向かって世の中を良くしていく
というものとは相容れないため、マルキシズムを否定しているのでしょう。

仏僧である、ティク・ナット・ハン禅師が、
マルキシズムが失敗したのは、人や人の心というものに着目しなかったからだ、
とどこかで述べておられたことを思い出しました。

また、このような内容であるにもかかわらずマルキシズムが流行る理由を挙げています。
・国や社会がうまく機能していないという問題意識を持つ人が少数だが必ず存在する
・問題意識を持った人に対してマルキシズム以外の選択肢を日本は構築してこなかった怠慢がある
・一旦マルキシズムが受け入れられると信条になるので、どれだけ論理的に説得しても無駄である

そして、日本からマルキシズムを駆逐するための方法も挙げています。
・マルキシズムとは異なる適切な思想・哲学を確立する
・これから問題意識を持つ人たちを確立された新たな思想・哲学で教育する
・問題意識を持ち、新たな思想・哲学を身に着けた人たちで、国や社会をよくしていく
・国や社会をよくしていくことで、マルキシズムに陥る人を減らしていく

なお、本書だけでマルキシズムを完全に理解したことにはならないと思います。
河合氏がマルキシズムを完全に理解するためには5年かかり、
その理解のために自らの哲学・思想を完成させるためには10年かかり、
計15年が必要であると、本書で述べていますので。

ただし、個人的にはリベラリスト(自由主義者)からみたマルキシズムの要点がわかっただけで十分です。
しかも、ほぼPDFと同レベルの復刻版でありつつも、kindle版を180円で買えたことは、物凄いコスパです。
そして、河合栄治郎 戦闘的自由主義者の真実が、左陣営お得意の歪曲・偏向だということもわかりました。
  1. 2017/04/15(土) 14:47:23|
  2. 河合栄治郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

河合栄治郎 戦闘的自由主義者の真実/松井 慎一郎





歪曲・偏向あり

全体主義と闘った男 河合栄治郎を読んで感激したので、
kindle版がある本書も読んでみて、良かったらkindle版を買おうと思って、
図書館で借りて読みました。

このような解説本にありがちなものとして、
原著者の言葉をうまく組み合わせなおして、原著者の意図を歪曲・偏向させる、
というものがあります。
そこで、原著者の以下の本を併せて読んでみました。
自由主義の擁護
マルキシズムとは何か
2冊読んだだけですが、この2冊との比較において、
本書では左側への歪曲・偏向が見受けられました。

河合氏は、自由主義者として思想・言論の自由を重視しているため、
ファシズムもマルキシズムも実践しない限り思想・言論そのものは自由であると述べています。
ただし、ファシズムもマルキシズムも実践は断固反対しています。

ところが本書では、
河合氏がファシズムに反対していることについては強調しているのですが、
マルキシズムに反対していることはうやむやにしています。
それどころか、
河合氏が思想・言論の自由を守っているだけなのに、マルキシズムを許容している、
河合氏のマルキシズム批判が強くなってきたことについて、マルキシズムへの認識が間違っている、
といったようが記述があるだけでなく、
河合氏の死後、後継者の方々の研究会の活動が尻すぼみになったのは、
マルキシズム批判ばかりやっているからだ、といった記述もありました。

本書の紹介文でファシズムという言葉はでてきますが、
マルキシズムという言葉が出てこなかったので、
もしやとは思いましたが、やはりそうでした。

著者がどのような思想を持っているのかはわかりませんが、
やり方をみているとパヨクそっくりです。

河合栄治郎氏が本書を読んだら、きっと激怒することでしょう。
  1. 2017/04/14(金) 19:38:09|
  2. 河合栄治郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

全体主義と闘った男 河合栄治郎/湯浅 博



★★★★★

昭和の激動期に真のリベラリストがいた

真のリベラルとは何か、関連書籍を読んでもよくわかりませんでした。
たまたま、本書を見つけましたので、試しに読んでみました。

昭和の激動期に真のリベラリストがいた、
というのがファーストインプレッションです。

河合栄治郎氏が定義し、体現したリベラリストとは以下のようなものです。
・祖国を心から愛するのが前提であること
・個人の人格を高めることを第一義とすること
・個人の自由を保証するために国があること
・国は政府だけでなく、様々な機能を複合した多元的なものであること
・政府による統治は民主主義によってのみ正当性が認められること
・適切な軍隊がなければ国民を守ることができないこと(日本国憲法第9条はダメ)
・社会の改革は民主主義により決まった政府によって緩やかに行われるべきであること
・右のファシズムも左のコミュニズムも専制・独裁なので絶対に認められないこと
・これらを確立・維持するために闘い続けること など

また、リベラリスト=自由主義者≠リベラルとのことです。

また、河合栄治郎氏は欧米でも認められた思想家であり、
GHQが戦後日本の在り方を検討する際に真っ先に門をたたいたとのことでした。
(終戦前にお亡くなりになられていたので、叶いませんでしたが)

やっと真のリベラリスト、その思想に出会うことができました。

なお、本書で取り扱われた河合栄治郎氏の思想からすると、
反日売国歪曲捏造が表現の自由だと言っているほとんどのメディアや、
国会で税金の無駄遣いをしている自称リベラル野党や、
既得権益をむさぼりつつ反政府活動をしている各種団体の言説は、
思想という名に値しない劣悪な妄想に過ぎないことがわかります。
もし、自身の言説が思想だというのであれば、
紛らわしいのでリベラルと称しないで頂きたいと思います(パヨクでいいと思います)。
さらに、反政府というだけで何のアイデンティティーもない野党連合は、
コミュニズム予備軍と言わざるを得ないでしょう。

一方で、情けないパヨク野党のせいでゆるみが出てきている与党も、
河合栄治郎氏が貫いてきた闘う自由主義と比べると気概が足りないと思います。
保守にファシズム化の兆候はまだ見られませんが、
パヨク野党があまりにもお粗末なので、
保守の傾向としてファシズム化があることを十分に理解したうえで、
与党の言動をしっかりと見張っていなければならないと思わされました。

昭和の激動の時代に、よくこのような方が登場できたな、という驚きとともに、
このような方をこれまで何故しらなかったのか、という自責の念に駆られます。

当レビュー記述時点において、半島情勢が不安定になっています。
そのようなときに本書に出会えたこと、河合栄治郎氏の思想に触れることができたことは、
私にとって極めて重要なことでした。

なお、このような解説本にありがちなものとして、
原著者の言葉をうまく組み合わせなおして、原著者の意図を歪曲・偏向させる、
というものがあります。
そこで、原著者の以下の本を読んでみました。
自由主義の擁護
マルキシズムとは何か
2冊読んだだけですが、この2冊との比較において、
本書についてはそのような歪曲・偏向は認められませんでした。

一方で、
河合栄治郎 - 戦闘的自由主義者の真実 (中公新書)
という本を読んでみましたが、左側への歪曲・変更があるように思えます。
  1. 2017/04/14(金) 13:58:26|
  2. 河合栄治郎
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新訳 正法眼蔵/ひろさちや



★★★★

正法眼蔵の入門書として良い

正法眼蔵は現代文に訳されていても、読んで理解するのが難しいです。
何度か挑戦してみましたが、読むだけでも最後まで到達すること叶いませんでした。

本書は、ひろさちや氏の解釈が多分に盛り込まれてはいると思いますが、
(人文系である限り、このことは避けようがありません)
キーワードを絞り込んだうえで、わかりやすい訳と解説がなされていますので、
入門書として正法眼蔵を少しでも理解するのには良い本だと思います。

なお、ウパニシャッドを多少かじっているせいか、
道元の主張がウパニシャッドに先祖がえりしているように思えてきます。

ただ、4仏性の中で
「偏界我有は外道の邪見なり」を
「全世界が我(アートマン)のつくったものだというのは、外道(仏教以外の思想家)が唱える邪説である」と訳していますが、
我=アートマンとするのはおかしいと思います。
一切衆生悉有仏性を、一切の衆生が悉有(全宇宙)であり、悉有が仏性である、と道元が再定義しているのであれば、
一切衆生悉有仏性=ブラフマンであり、梵我一如の観点からはブラフマン=アートマンだからです。
多分ですが、文脈からすると、ここの我は「自我」であり、アートマンとは異なるものです。
  1. 2016/12/06(火) 14:12:56|
  2. 仏教思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まんだら人生論/ひろさちや





騙された!

タイトルから、空海の密教の教えを踏まえた人生論を想像して購入しましたが、
中身は全く異なり、著者の大乗仏教の知識などを羅列した上で、
著者が考える人生論を展開するに留まっています。
密教ベースの人生論を知りたい方にはオススメできません。
  1. 2016/11/14(月) 19:46:38|
  2. 仏教思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

道元 仏道を生きる/ひろさちや



★★

著者のこだわりが強すぎる

心身脱落というキーワードを中心に解説しているのは、確かにわかりやすいです。
しかし、著者の仏教観や大乗仏教・在家仏教へのこだわりが強すぎて、
真の道元に迫っているかどうか、道元が本当に貫きたかった仏教がどのようなものなのか、
判断のしようがありません。
やはり、正法眼蔵を読むしかないでしょう。

なお、著者の解説が正しいのであれば、
道元は空海と同じく梵我一如を説いているように思えます。
そうなると、仏教の外観を保ちつつ、ウパニシャッドに還っているのではないでしょうか。
  1. 2016/11/13(日) 18:32:42|
  2. 仏教思想
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

バガヴァッド・ギーター/上村勝彦訳



★★★

期待とは違っていました

訳者の「バガヴァッド・ギーターの世界」を先に読んでの感想となります。

梵我一如についての豊富な知識をえることができると思いますが、
上述の解説書が素晴らしかったのか、後に読んだ本書からは有益かつ新たな知見を得ることはできませんでした。

ただ、ブラフマンが宇宙そのものだと思っていましたが、
本書によれば、ブラフマンは宇宙の創造者・支配者という一神教の神という扱いなんですね。
一神教については、全く関心も興味もありませんでしたので、期待とは違っていました。

あと、訳そのものは理解しやすいものとなっていますが、「神の歌」と言われるような旋律は残念ながらありません。
また、文字が小さすぎて読むのに苦労しました。
  1. 2016/07/22(金) 20:41:16|
  2. 東洋思想・哲学
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる