FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

なぜ直感のほうが上手くいくのか/ゲルト・ギーゲレンツァー



★★★★

直感の科学

本書は、何かと軽視されがちな「直感」というものを、主に行動経済学の観点から、科学として取り扱ったものです。

不確実な状況下での予測については、結構直感が役に立つ、それも重回帰分析やベイズ定理よりも正解率が高くなるという、ある種驚きの実験結果が数多く紹介されています。

科学的な検証のもとに、直感を論理と同等の地位にまで引き上げたことは価値があると思います。


但し、素人とベテランとの直感の違い、性格や才能による直感の違い、直感の個人差などについてはほとんど触れられていません。

例えばビジネスにおいて、不確実な状況下で直感が効くということがわかったとしても、誰の直感を選べば良いのか、という問題が必ずでてくると思います。

直感も論理と同じように役に立つことがわかっただけでも価値ありなのですが、実際に直感を使う状況下では本書の知見だけでは解決できないことはまだまだありそうです。


また、著者等は環境と心理の両面を取り扱うことを重視して研究しています(これは大事なこと)。ただ、これらを重視するがあまり、個人の内部(性格や能力、経験値など)と直感との関係についても、ほとんど触れられていません。

あと、脳科学や神経科学の最新知見を取り込んでいるわけでもありません(進化心理学は多少入っていますが)。

このあたりが上手く取り込めると、実生活での直感の取り扱い方がより見えてくると思うだけに、少し残念です。


更に、一般的に直感と関連付けられることの多い「ひらめき」についてもほとんど語られていません。

科学やビジネスの世界でのイノベーション、ブレークスルーには知識や論理の積み上げだけでなく、ひらめきが欠かせないと思います。

この辺りを1章でよいので取り込んで欲しかったと思います(評者は「直感」という言葉から「ひらめき」を連想して本書を手に取りましたので)。


ただ、直感を論理と同じ地位にまで科学的に引き上げるだけでも大変だったのだと思いますので、評者のこれらの期待が過大、時期尚早なのでしょう。

本書の知見だけでもかなり価値があると思いますので、読んで損はしないと思います。

世界は感情で動く/ マッテオ・モッテルリーニ



★★★★

人間の本性をわかりやすく解説

前作同様、人間の本性を世の中の出来事と関連付けながらわかりやすく解説しています。また、キーワード解説もついており、本文のストーリーとのバランスもいいと思います。

さらに脳科学・神経科学の発展に歩調を合わせ、この領域の知見を(全てにではないですが)取り込んで解説していますので、より人間の本性を明らかに見せてくれます。

例えば、快と不快は、よく同一直線上の対極に置かれたりしますが、各々の発生元となる脳の領域が異なることがわかると、同一直線上の対極に置くのではなく(別々のものですので)、2軸のマトリクスに置く必要があるということがわかってきます。


心理学の知見によって、これまでの経済学に大幅な見直しを要求しているところは前作と同様ですが、脳科学・神経科学の知見によって、これまでの心理学にも見直しを要求しているところもあります。

心理学をブリッジとして当面活用しながらも、いずれ経済学と脳科学・神経科学が融合する(既に神経経済学という領域が生まれていますが)ことで、より世の中の捉え方が適切に(但し複雑なものにはなるでしょうが)なっていくことでしょう。


但し、これらの本性を踏まえて上手く世の中と渡り合っていくためにどうすればよいか、については、多少の解説はしているものの、本書でも述べられているように決して容易ではない、というのが結論です。

すなわち、常に論理的な分析(確率や統計を活用しながら)をし、またその時々の自分自身の感情を見つめ、本書で述べられている本性が姿を現しているかどうかを確認したうえで、適切な判断をしましょう、というのが解決策なのですが、なかなかできるものではないでしょう。

ただ、認知科学オンリー(感情を取り扱わないということ)の学者・著書とは異なり、これが非常に難しいことだと著者は認識していますので、まだ許容できるものだと思います。


前作「経済は感情で動く」やダニエル・ギルバートの「幸せはいつもちょっと先にある」などを併せて読むと、より人間の本性がわかるようになると思います。何れの著書もわかりやすく解説(但し、決して内容に手を抜いていません)していますので。


経済は感情で動く/ マッテオ・モッテルリーニ



★★★★

行動経済学から神経経済学へ

本書は、近年かなり注目されてきている行動経済学(市場では人が合理的に考え、行動するはずだという経済学のモデルを、心理学等の知見で修正している学問)について、わかりやすく解説しています。

掲載されている様々な知見そのものは、これまで他の行動経済学の書籍等で発表されているものが多いのですが、クイズ、解説、用語説明を上手く組み合わせていますので、非常にわかりやすいものになっています。

行動経済学を更に知りたい方には、以下の書籍がお薦めです。
リチャード・セイラー「セイラー教授の行動経済学入門」
トーマス・ギロビッチ「人間この信じやすきもの」

また、最近の脳科学・神経科学の発展に伴って、この分野は心理学だけでなく脳科学・神経科学との共同研究も進んでいるようであり、それらの知見もかなり盛り込まれています。

行動経済学において提示されている理論を自然科学の知見も使って解説していますので、人が何故そのように考え、行動するのか、についてより納得できるものになっています。


セイラー教授の行動経済学入門/リチャード・セイラー



★★★★

行動経済学分野の貴重な書籍

原著初版が1992年、邦訳初版が1998年と、この分野の発展を考えると古さは否めないと思いますが、
カメレール、カーネマン等のこの分野での著名な学者の訳書が出版されていない状況下では、
貴重な一冊だといえます。

経済学の主要な領域でかつ、日常的に接する領域について、
従来の経済学での捉え方と行動経済学としての捉え方の比較をしながら、
人間の本性や心理を経済学に取り入れることが如何に重要であるかを教えてくれます。
但し、各領域ごとの解説ですので、行動経済学としての理論体系の全体像はあまり見えてきません。

あと、今回の改題新版では原書注や引用文献は一切省かれています。これは減点要因です。
広い層の読者の関心が理由とのことですが、本書を契機に知識を深めようとする読者にとっては迷惑です。
原書注、引用文献を確認しながら読みたい方は、旧書「市場と感情の経済学」を読まれたほうがいいと思います。

行動経済学/友野典男



★★★★

わかりやすい行動経済学入門

従来の経済学は、人間を完全合理的な存在として扱っています。
なぜなら、その方が経済学の分野で物理学のような美しい法則を作りたいからです。
そのために、得体の知れない人という要素を変数から除外しています。

経済は人のためにあり、経済学は人が経済面で幸せになるための学問だと思います。
しかし、従来の経済学は違います。

本書は、近年ようやく経済学で着目されてきた行動経済学についての入門書です。
実際にビジネスをやっている人にとっては当たり前のことが、ようやく学問として取り組まれるようになりました。
今後、より人の特性を組み込んだ経済モデルの研究が促進されることを切に願います。


なお、複雑な環境下で人が合理的に意思決定することは容易でないことは十分に確認されています。
ロバート・アクセルロッド「つきあい方の科学」「対立と協調の科学」をお薦めします。
また、「感情が重要であることは脳科学の分野でも解明されてきています。
アントニオ・ダマシオ「感じる脳」をお薦めします。

行動経済学入門/多田洋介



★★★★

わかりやすい入門書

従来の経済学は、人間を完全合理的なものとして捉えてていましたので、
経済学には全く将来はないと思っていました。

行動経済学は、人間を限定合理的なものとして捉え直していますので、
なじみやすいと思います。
その中でも本書は、結構わかりやすく解説していますので、入門書としては適切です。
今のところ経済学と認知科学との統合レベルですが、最近では脳科学とも少しずつ行き来しているように聞いています。

本書をかわきりにカーネマンやクルーグマン等の本を読まれることをお薦めします。
また複雑系理論が経済学にも入ってきていますので、ブライアン・アーサーもお薦めです。

あと従来の経済学については、
ロバート・ハイルブローナーが主要な経済学者の説を時代背景も踏まえてまとめています。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP