FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

Management/Peter F. Drucker



★★★★★

やはり原著を読むべきですね。

邦訳本は持っていて読み込んでいたのですが、
仕事の関係で原著のkindle版が必要となり購入しました。
必要な箇所だけ検索してかいつまんで読んでいるのですが、
邦訳とはニュアンスが異なることに驚きました。
やはり原著を読むべきですね。
ドラッカーの邦訳本は「マネジメントフロンティア」以降出版されたものは全て持っているのですが、
今後は必要に応じて原著に切り替えていきたいと思います。

P.F.ドラッカー 完全ブックガイド/上田 惇生



★★★★★

ドラッカーファンには欠かせない

本書は、ドラッカーの全著作(+ドラッカー関連書籍)を年代順に並べ、
各書籍の趣旨・目次に加え簡潔な解説をしています。
膨大なドラッカーの著書を一冊の本で整理できるので、とても便利なものだといえます。

また、単に書籍が並べられているだけでなく、書籍間の関係などにも触れられており、
知っているつもりでも知らないことを知ることができたりしました。

本書を眺めると、
私個人は、ドラッカー存命中に、自身で書かれ、邦訳されている本の中で2冊以外は全て持っていました。
(その2冊はダイエー中内氏との往復書簡です。ダイエーも中内氏も好きになれないので買っていません)

また、冒頭の糸井重里さんとの著者との対談も、ドラッカーを知るためには良いものだと思います。


なお、ドラッカー存命中も死後も、ドラッカーに関連した書籍(ドラッカー著ではない)が氾濫しています。
ただ、これらは各著者が捉える「マイ・ドラッカー」で、ドラッカーそのままのピュアなものではありません。
私も何冊か読みましたが、ドラッカー著書そのものとは異なる解釈があったりもしました。

ドラッカーを理解しきった後であれば、これらの著作を手に取るのもいいのでしょうけれど、
理解しきらないうちに読んでしまうと、ドラッカーを正しく理解することができなくなる恐れがあります。

ですので、本書を読んで、ドラッカー自身の著作を知り、読んでいくのが良いと思います。

ドラッカー20世紀を生きて(2005)/P.F.ドラッカー



★★★★★

ドラッカー史

本書は、日経新聞で掲載された「私の履歴書」を本にしたものです。
「私の履歴書」は全て切り抜いて保存していたのですが、本になったことで買ってしまいました。
本書を読みながら、その時々の著作を併せて眺めると、
より各著作でドラッカーが何を訴えたかったのかをより理解することができました。

あと、ドラッカーの年表、著作一覧が付いていたのは嬉しかったです。
ドラッカーファンとして、未購入の本があるかどうかを調べるのに役に立ちました。

2010/2/26追記:
日本経済新聞社から出版されている『知の巨人ドラッカー自伝』は、
『ドラッカー20世紀を生きて』をそのまま文庫本にしたものです。
amazon等の著作解説には書いてありませんので、別の本だと誤解しないようにしてください。
(私は誤解してこの文庫本を購入してしまいました)

全く同じ本をタイトルだけ変えて、その説明もせずに売ろうとする、
この出版社の読者・顧客に対する姿勢が疑われます。


プロフェッショナルの原点/P.F.ドラッカー



★★★

『経営者の条件』の劣化版

本書は、ドラッカーの『経営者の条件』から主要な部分を抜粋したものを基本として、他のドラッカーの著作から関連する文節を抜き出して構成されたものです。

ドラッカーのこの手の要約本にありがちなのですが、抜粋元の著作全文を通して読むことではじめて理解できるメッセージの多くが捨てられてしまっています。

勿論ドラッカーの文章ですので、それぞれが珠玉のものであることは確かなのですが(ですので★3つです)、ドラッカーを本気で理解したい方にはお薦めできるものではありません。『経営者の条件』を何度も読み返した方が得るものは大きいと思います。

なお、原著と邦訳版では構成を大きく変えているようですので、原著ではもっと評価が高くなるのかもしれません。
(本レビューは邦訳版に基づきます)

イノベーションと企業家精神(1985)/P.F.ドラッカー



★★★★★

今なお最も体系的なイノベーション実践書

イノベーションについては様々な方が様々な観点を書籍で著していますが、それらのうち主要なものは全て本書で述べられています。

イノベーションといえば、クレイトン・クリステンセンの『イノベーションのジレンマ』が最近では有名ですが、本書は原著初版が1985年であるにもかかわらず、既にその骨格が示されています。
また、競争優位を構築するという観点からはW・チャン・キム等の『ブルーオーシャン戦略』が有名ですが、こちらも既に示されています。

主要なイノベーション理論の大元が本書であるといえるぐらいに、本書では様々な角度からイノベーションを掘り下げています。

また、単に様々な観点からイノベーションを論じているだけではなく、イノベーションとは何か、イノベーションの源泉は何か、イノベーションを如何にマネジメントすべきか、を体系的に解説しています。
それも一握りの天才が行うものとしてではなく、普通の人々が努力すればできるものとして作られています。
まさにイノベーション・マネジメントを創りだしたといえるでしょう。

更に、他のイノベーション手法が、まるでそれだけで上手くイノベーションできるように論じているのに対して、本書では、各々のイノベーション手法が成功するための前提条件や制約・限界を提示しており、市場・顧客・自社の状況に応じてイノベーション手法を使い分けるべきとしています。
個々のイノベーション手法の活用を検討する際に本書は有益な視点を与えてくれるものとなっています。

特筆すべきは、類書が企業内部からイノベーションを捉えているのに対して、本書では企業外部(社会・市場)からイノベーションを捉えていることです。
イノベーションが新たな顧客・需要を創造することである以上、企業外部から捉えるのは当然のようにも思えます。
しかしイノベーションというとアイデア・イマジネーション・クリエイティビティという用語が思いつきやすいように、企業内部や個人の頭の中からスタートする解説の方が数多く見受けられます。
勿論、これらは大事なことなのですが、イノベーションの目的は何か、という観点からスタートしている本書の価値は極めて大きいのだと思います。

イノベーションに関する様々な書籍を読みあさった後に本書を読み返したことで、本書の価値の高さを再認識することができました。

(2009/12/20再読によりレビュー内容更新)

ポスト資本主義社会(1993)/P.F.ドラッカー



★★★★★

日本の長期低迷の原因が見えてくる

ドラッカーは1993年に本書にて、これから到来するであろうポスト資本主義=知識とそれを生み出し扱う人間を中心とした世界について提言しています。

知識を知識に適用し、これによって知識の生産性を高め、知識労働者やサービス労働者の生産性向上を、製造や物流の労働についてなされてきたレベルで向上させることが重要であると説いています。
特にサービス労働者の仕事を、生産性を高めるために、更には従事する人々が誇りがあり、学習し続けられ、昇進していくことができるように、これらを本業とすることのできる企業を作り、これらを本業としない企業から分離する(現在のBPOやSSCなど)ようにしていくことが重要であるとしています。
このような観点から日本企業を見ると、まだまだ中途半端であることは間違いないでしょう。BPOやSSCは取り組まれてきてはいますが、あくまでも業績悪化を軽減するための後追いの施策であり、かつコストダウンの目的でしか行われていません。

また、マクロの経済学においても、一部を除いて相変わらず「完全競争」「完全合理性」「静的均衡」という実際の市場ではありえない前提を置き、かつ「土地」「資本」「労働」といったこれまた実際の市場では二義的な要素でモデルを作っていることを指摘し、知識・人間を、また知識の生産性を中心に置いていないため、ここからまともな施策を撃つことはできないと批判しています。
このような観点から日本の経済学の世界を見ると、相も変わらず過去の著名な経済学者の学説をなぞったりしている学者が多すぎます。新たな観点でマクロ経済モデルを構築するような学者は見受けられません。また、ノーベル賞を受賞するような学者は出てきていません。

更に、知識の源泉である学校教育においても、知識の「記憶」と「反射」を繰り返しているだけの教育内容であることを指摘し、知識を学ぶこと、教えること、使うことを教えなければならないと批判しています。
このような観点から日本の学校教育を見ると、ドラッカーの指摘・批判がそのまま当てはまります。ゆとり教育をどうするか、という低次元の議論に終始しているようでは、何も生まれてはこないでしょう。

本書を読むことで、日本がバブル崩壊以降(もっと言えば高度経済成長終了後)、かなりの期間にわたって低迷している理由が見えてきます(勿論他にも理由はあるのでしょうけれど)。


(2009/12/13再読によりレビュー内容更新)

マネジメントー課題・責任・実践(1973)/P.F.ドラッカー




★★★★★

最高のマネジメント実践指南書

原著初版が1974年であり、それから30年以上経ってますが、今でも最高のマネジメント実践指南書であり続けています。

本書の価値や内容は、様々な方々が様々なところで述べられていますので、ここでは本書の使い方について触れたいと思います。


マネジメントの必要条件をこれほど多角的かつ体系的に解説している書籍は、知っている限り他にはありません。

本書の前にも後にも様々なマネジメント書籍が大量に出版されいますが、ほとんどの書籍は、本書で提示されていることの一部を論じているに過ぎないと思います(一章分であったり、一段落分であったり、一用語分であったり)。

また、ヒトのマネジメント関連で近年話題になっている手法も既に本書で、その概念、マネジメントにおける位置づけ、重要性、活用方法などが提示されています(サーバント・リーシップ、コーチング、ラーニング・オーガニゼーション、チェンジ・マネジメントなど)。

経営手法が毎年数多く生み出されています。何れも役に立つものだとは思いますが、残念ながらそれらのほとんどは、マネジメント全体における位置づけや効用と限界を適切に定義していません。せっかくの手法もマネジメントに携わる方々をかえって混乱させているようにしか思えないことも多々見受けられます。

本書をじっくり読んで理解することで、これらの数多くの経営手法をマネジメント全体という文脈のなかで理解し、取捨選択し、応用して活用していくことができると思います。


また、本書で提示されているマネジメントの実践方法は、数多くの学術分野での知見を上手く取り込みつつ整合させて組み立てられています。

特筆すべきは、ヒトに関する科学、特に執筆当時ではほとんど研究が進んでなかった自然科学系の科学(脳科学・神経科学・遺伝学など)の知見が、著者の洞察から得られた仮説としてふんだんに盛りこまれていることです。

自然科学系のヒトの科学についてそれなりに書籍を読んできましたが、これらの仮説はほとんど違和感を覚えないものとなっています。

ヒトのマネジメントについても、本書をじっくり読んで理解することで、ヒトに関する科学の最新知見を踏まえた実践ができると思います。


更に、本書は読み手にかなりの知識と経験を求めます。ただ読み流すだけならともかく、深い理解を得るためには、何故?を問いかけながら読み進めていく必要がありますので、本書の内容を読み手の知識・経験に照らし合わせていくことが求められます。

ただ、最初から本書の広く深い体系的な知識・経験を持ち合わせている人はいませんので、本書を定期的に何度も読み直すことで、読み手自身が己のマネジメントに対する知識・経験がどれほど身についたのか、を確認するような使い方をするのも有益だと思います。

実際に、読み返す度に、同じ文章でも以前読んだ時とは異なった知見を得たり、新たな発見を得たりすることができました。「こんなこともわからなかったのか」という発見・反省とともに、「これがわかるようになったのか」という自信にもつながります(全てを完璧に理解できたとはとても思えませんが、それでも読み返す度に、理解できていることが増えるのは学習の楽しみにつながっています)。


このような使い方ができるマネジメント書籍は他には見当たりません。軽めのビジネス書を何十冊読むよりも、本書を何度も読んだ方が遥かに価値があると思います。


なお、現在本書は私の知る範囲は3種類の翻訳があります。個人的にはドラッカー本は上田訳が最も分かりやすいと思います(単に上田訳に慣れているせいだと思いますが)。興味と時間とお金のある方は読み比べてみるのもよいかもしれません。

また、本書には抄訳版、エッセンシャル版が出版されていますが、これらはあくまでも要約・抜粋ですので、しっかりと理解したい方には本書をお薦めします。


(2009/10/26再読によるレビュー更新)

ポケット図解 ピーター・ドラッカーの「マネジメント論」がわかる本/中野明



★★★

あくまでもドラッカーを知るための入門書

ドラッカーの「現代の経営」「マネジメント」という経営書の大著を、
易しく解説しており、また図解もすっきりとわかり易く提示しています。

ドラッカー入門者にとってはお薦めの本です。

なお、本書を読まれてドラッカーに興味を持った方には、原典を読まれることをお薦めします。

要約書ではどうしても大事なメッセージが薄く少なくなってしまいますし、
要約されたものだけで実践するとあまり上手くいかないこともあります。

原典では、文脈から初めてわかることも多々ありますし、
原典を何度も何度も読み返すことで初めてわかることも多々あります。

P.F.ドラッカー 理想企業を求めて/エリザベス・ハース・イーダスハイム



★★★★★

ドラッカーの遺産

ドラッカーの中核的なメッセージを、最新の事例を添えて解説している本です。
また、ドラッカーへのインタビュー内容も盛り込まれており、数々の著書を補うこともできます。

更に、ドラッカーのメッセージがどれだけ多くの企業、経営者に受け継がれているかがわかります。
ドラッカーの遺産は、ドラッカーのメッセージを真剣に経営に生かしているこれらの人たちそのものなのでしょう。

ドラッカーの著書を既に読まれている方には、今の世界をドラッカーはどう見ているのだろうか、ということを知ることができるでしょうし、
ドラッカーを読まれていない方には、ドラッカーの入門書としても十分に活用できる内容だといえます。

ドラッカーの遺言/P.Fドラッカー



★★★★★

内容は5つ星。企画は。。。

ドラッカーへのインタビュー録ですので、文字数に比べて内容は非常に濃いです。
初めてドラッカー関連本を読まれる方は、入りやすいと思います。

しかし、ドラッカー人気にあやかるこの手の企画は余り好きではありません。
なぜなら、この程度の内容で理解できるほどドラッカーは浅くないからです。

何故彼がマネジメントをこれだけ重視しているのか、
何故企業の社会的責任をこれだけ重視しているのか、
何故個々の人材に強みを活かせと何度も繰り返し語っているのか、
これらだけをみてもドラッカーをかなり読み込まないと理解できません。

できるだけドラッカー自身の著作で、かつ要約でないものを
読まれることをお薦めします。

1つだけ選べといわれたら、間違いなく「マネジメント」です。
1400ページを越える大著ですが、絶対に損はしません。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE