FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

知のトップランナー149人の美しいセオリー/ジョン・ブロックマン編



★★★★

盛りだくさん

ここ暫く、脳と生命の科学に関する興味深い新刊本をAmazonさんで色々と探しているのですが、なかなか見つかりません。
ということで、ちょっと視野を広げようかな、何か新しい発見があるかな、と思い本書を手に取りました。

各分野での第一線の科学者による、お気に入りの、深遠で、エレガントで、美しい法則、について紹介しています。
どのような法則が第一線の科学者に気に入られているかを知るという意味では面白い企画だと思います。

個人的には、
生物学以外の学者さんが、自身の領域ではなくダーウィンの進化理論を挙げていること、
更に、他の学者さんがダーウィンの進化論を挙げるだろうという理由で、遠慮して次善の法則を挙げていること、
ダーウィンの進化論の考え方を生物学以外の領域でも応用している学者さんがおられること、
に興味を覚えました。

一方で、個人的な興味で掘り下げてきた脳と生命の科学という分野で挙げられている法則については、
ほとんど知っているものでしたので、なるほどね、とは思いましたが、新鮮さはありませんでした。
ただ、本書に寄稿している科学者の著作ついて、久しぶりに興味を惹かれるものを見つけられたのは良かったです。
(脳科学の本2冊、遺伝学の本1冊)

なお、本書で私が気に入ったのは、心理学者のミハイ・チクセントミハイの以下の言葉です。
「私は社会科学分野におけるエレガントで美しい説明を1つも思いつかない」
自然科学と比べて社会科学は理論の検証が難しい分野なので仕方がないのかもしれませんが、
現在の社会科学のありようを著名な心理学者が自覚されておられるというのは重要なことだと思います。

因みに、各々の科学者によるお気に入りの説明は数ページ以内で要約されていますので、
気になった法則についてより深く理解したい場合には、その領域の入門書なり解説書なりを読まれた方がよいかもしれません。


続きを読む »

ナレッジサイエンス/杉山公造等



★★

知の辞典

知というキーワードに基づいて様々な領域の知を整理した本です。

とりあえず、著者らが獲得している知についての情報を集めてまとめてみたという内容です。
統合理論としてのメタ仮説もありませんし、かといって本書で参照・推薦されている書籍の選定基準もわかりません。
未だ本格的な研究段階には入っていないことが推察されます。

じっくり読み込むというよりは、パラパラと眺めてみるのに適した本だといえます。

知恵の樹/フランシスコ・ヴァレーラ等



★★★★★

二元論を俯瞰し新たな視点を提供

自己と環境を分断することで科学は発展してきました。
しかし分断することで忘れ去られた物の見方がありました。

二元論では「いずれが正しいのか」という論争に終始しますが、
それを超えて互いに相互作用することから初めて生まれるものがある、
という見方を提供します。

西洋思想ではこの観点が忘れ去られて久しいようですが、
これまで培われてきた技術を駆使して新たな視点で物を見るようになってきています。
カオス理論、複雑系理論、ネットワーク理論など非線形科学が盛んになってきています。

東洋思想ではこの観点は当たり前のことであり、何千年も前から中心的な思想でした。
その偉大な思想がありながらも、自然をありのまま受け止めるということから、分析技術は生まれようがありませんでした。

今後は両者の思想が上手く融合し、
全体も部分も、ノードもリンクも重視するような科学が発達することを期待します。

知の挑戦/エドワード・O・ウィルソン



★★★★★

知の統合への挑戦

何かと対立しやすい自然科学と社会科学について、
著者自身の専門分野(社会生物学)を中核としつつも、
様々な科学分野に対する幅広く奥深い知識・洞察を踏まえて、知の統合に挑戦しています。

これほど多くの分野を横断して知の統合に挑戦している学者は僅かしかいないでしょうから、
本書は知の統合に挑戦しているというだけで貴重なものだといえます。
(他には、マレイ・ゲルマン「クォークとジャガー」ぐらいしか知りません)

また、著者が提示している方法が唯一のものではないにせよ、
少なくとも自然科学の知見を踏まえない社会科学が信用に値しないことはわかりますし、
自然科学も社会科学で扱っている領域を説明しきれない限り、未開領域が多く残されていることもわかります。

如何なる分野の科学を推進するにせよ、このような発想を踏まえていくことが、
人に役立つ科学として成り立つための前提条件となるべきなのでしょう。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP