FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

スイッチ/チップ・ハース等



★★★★

ヒトを変える際の重要ポイントを整理

本書は、ヒトをて変える(自己・他者・集団)際の重要なポイントを整理して提示しています。

以下の点で類書と比べて価値があるといえます。
・理性(像使い)、感情(像)、環境の全てを取り扱っています
(⇔類書には、これらの何れかのみを重視している傾向や、他を非難しているものもあります)
・気の利いたキーワードを提示して理解を進めさせてくれます
(⇔類書には、難解な専門用語を使ったり、逆にキーワードを提示できないほどまとまりがないものがあります)
・提言したい事項について、該当する学問での研究結果を引用しています(引用文献一覧はありませんが)
(⇔類書には、著者の経験だけで書かれたものや、机上の空論を提示しているものがあります)

但し、著者の提言したいことに沿った研究結果だけを選んで引用している箇所を幾つか見つけましたので、
★1つ減らしました。

組織開発ハンドブック/ピープルフォーカスコンサルティング



★★

表層的・断片的な知識の羅列

組織開発領域のソフトな部分に限って、基本的な用語の意味を調べるにはよい本だと思いますが、これで組織開発を実践するのは結構危険だと思います。

内容については、様々な文献から引用してはいるのですが、ただ単に表層的・断片的に引用しているだけであり、組織開発のプロジェクトを如何にマネジメントするのが効果的・効率的なのか、様々な手法をどのタイミングやどの状況下で如何に活用していくのがよいか、についてはほとんど触れられていません。個別の手法については、引用元の文献や、各々の領域での良書を読んだほうが有益でしょう。

また、組織開発のソフト領域に限定されており、ハードの部分(組織・業務・制度の改革)については全く触れられていません。組織開発に何を含めるかについては様々な議論があるのですが、組織開発が経営課題を解決するために組織に着目した手法であるならば、ソフトだけ、ハードだけという区分は有益ではありません。何れかだけが得意な組織や人の自己満足に過ぎません。

ソフト領域に限定した組織開発を生業としているコンサルティング会社が、自社の営業目的で出版したに過ぎない本だといえます。

組織開発については、デーヴィッド・ナドラーやゲイリー・ハメルの著書を読まれたほうが有益です。

チェンジマネジメント/佐藤文弘



★★★

チェンジマネジメントの丁寧な実務書

チェンジマネジメントの進め方について、ある程度の割り切りをもって、コミュニケーション、トレーニング、サポートの3つに集約し、各々のプロセスを明確に切り出して解説しています。

また、各々の領域について、関連する学術的な知見を取り込んで解説しています(参考文献も掲載されています)ので、更に深く学びたい方には良書だと思います。

更に、各々の領域について、ありがちな事例も添えていますので、実際にチェンジマネジメントを担う方にとっては、共感しやすいものだと思います。

複雑な理論を並べ立てている(実際にチェンジマネジメントは複雑ですので仕方がないのですが)類書や、学術的な裏付けなく著者の経験だけで解説している(これはこれで重要な視点を提供してくれるのですが)類書が多い中、わかりやすく、かつ実践しやすい本書は有益だと思います。

但し、複雑な変革(例えば、企業再生においてM&Aを実施し組織再編とBPRをやりながらリストラもするなど、実際の企業変革でよくあるのですが)においては、本書の内容だけでは済まされません(本書が間違っているというのではなく)ので、あくまでも基本的な実務書として捉えておくことが必要でしょう。

8段階モデルによる企業変革実践マニュアル/ダン・S・コーエン



★★

あくまでもチェックリスト&ツール集

8段階の各々について、
目的・アプローチ・成果・課題・効果測定・改善方法・コミュニケーションという観点で解説をしています。
また必要となる調査のテンプレートもついています。
従って、チェンジマネジメントに精通した人が活動するための手引きとして活用するには良い道具だといえます。

しかし、本書だけを読んでチェンジマネジメントが実践できるわけではありません。
先ず、本書の内容を全て行おうとした場合に、想像を絶する業務量が生じます。
次に、各作業に対して優先順位・及びその判断基準がないので、作業の選択ができません。
更に、事例がないので、実務において生じる様々な事象に対してどう活用すればよいかが不明です。
そのうえ、創造性・感動・情熱といった感情面の言葉を多様しているにも拘らず、それが何かを明示していません。

また全体を通して「感情」が重要であるといいつつ、感情を取り扱うことについてかなり軽く考えていると言わざるを得ません。
推奨文献のほとんどがビジネス書であり、このテーマで知っておくべき社会学、心理学、脳科学等の人間科学については触れられていません。

従って、本書の使い方を間違えると、変革しなかったほうがまし、という結果になる恐れがあります。

本書のテーマについての科学面での参考文献は以下のものがありますので、
本気でチェンジマネジメントを学習されたい方は、先ずこちらを読まれたほうがいいと思います。
エベレット・ロジャーズ「イノベーションの普及」(社会学)
ピーター・センゲ他「フィールドブック 学習する組織」(心理学を駆使したビジネス書)
アントニオ・ダマシオ「感じる脳」(脳科学)

プロセス・コンサルテーション/エドガー・H・シャイン



★★★★★

企業変革への心理学的アプローチ

人間とは何か、集団とは何か、文化とは何か、ということを知り尽くした著者ならではの知見が満載です。
人をして如何に上手く企業変革をしていくかについて、企業変革やチェンジマネジメントの類書とは一線を画しています。

著者の「組織文化とリーダーシップ」「企業文化」を読まれてから本書を読むと、よりメッセージがはっきりしてくるのですが、
企業文化を見極めたうえで、それを直接変えるのではなく、学習というプロセスを新たに取り入れ、
様々な検討を重ねた後で、その成功体験を元に新たな文化を浸透させるという方法を採用しています。

また、学習についても、組織レベル、集団レベル、個人レベル、個人の内側レベルと学習の対象ごとにその処方を提示しています。
学習といえばピーター・センゲのラーニング・オーガニゼーション(最強組織の法則)が有名ですが、
これも著者のフレームに上手く適合します。

またコンサルティングについても、
とにかくソリューションを提供することは、クライアントの自己成長につながらないと否定しつつも、
単に否定するだけではなく、プロセスコンサルテーションとソリューションコンサルテーションを上手くミックスすべきであることも提示しています。

企業変革を考えている方にはお薦めの一冊です。

チェンジエージェントが組織を変える/産業能率大学総合研究所





机上の空論

チェンジマネジメントの経験なく理屈だけで書いたとしか思えない本です。

先ず、チェンジマネジメントが求められる企業変革のフェーズについての大間違いがあります。
本書では、戦略をつくる、オペレーション計画を立てる、仕組みをつくる、人を動かす、という企業変革のプロセスを挙げ、
チェンジマネジメントが4番目で求められると述べていますが、
少なくともオペレーション計画を立てる段階、更には戦略をつくる段階からもチェンジマネジメントは必要です。

次に、各ステップでケーススタディが掲載されていますが、実際の現場ではこんなに綺麗に物事が進むものではありません。

更に、著者らの描きたい理屈が先にあり、著名な学者の理論の都合の良いところだけを歪曲して記述しています。
エベレット・ロジャーズ(イノベーションの普及)もエドガー・シャイン(企業文化)も本書の主旨とは異なる主張をしています。

そのうえ、人を説得する心理テクニックを随所で効果的な手法として提示していますが、
これらが諸刃の剣であることには一切触れられていません。

また、チェンジリーダーであるトップと、チェンジエージェントが理想的なかたちで活躍することを前提としています。


感じるマネジメント/リクルートHCソリューショングループ



★★★

一つの成功事例紹介

かなりコンパクトにまとまっていますので、1時間ぐらいで読めるものになっています。
これからの企業経営を人を中心として行うための、良い情報を提供していると思います。

但し、
本書で出てくる手法については、ほとんどが既出のものですので、
この手の本を初めて読む方以外にはあまり新鮮さはないかもしれません。
一方で参考文献が掲載されていないので、
この手の本を始めて読む方にとっては、この先の学習の道筋が見えないと思います。

また、あまりにもコンパクトであるが故に、
本書で語られているプロジェクトの苦悩の部分が全くといっていいほど見えず、
この方法を採用すればスンナリと成功するのでは、という誤解を生みかねません。

更に、デンソーという、もともと優良な企業であるが故に上手く行った手法だと思える部分も少なくありません。

本書をあくまでも成功事例の一つとして捉えたうえで、変革の参考にするのが良い使い方だと思います。

リーディング・ザ・レボリューション/ゲイリー・ハメル



★★★

冷静な企業変革指南書

使用されている表現は過激ですが、内容は極めて冷静な企業変革の指南書です。

またトップダウンによる変革ではなく、企業内のリーダーに変革を促す書籍だと思います。
(過激な表現はそのためにあえて使っているのではないかと思わされます)

更に、掲載している事例も、結構生々しいものであり、また変革の経緯もしっかりと書かれているので参考になります。
エンロンなど、既に破綻している企業の事例もありますが、事例そのものは価値ある情報だといえます。

他の誰かではなく、自分自身の力で企業を変革したいと考えている人にはお薦めです。

ジョン・コッターの企業変革ノート/ジョン・P・コッター等



★★★

感情の重要性

本書で展開している企業変革のステップそのものは、他の変革手法とそれほど変わりません。
但し、各ステップで記述されている内容は、何れも人の感情の重要性を伝えているものです。

本書で提示されている幾つもの事例については、
本来はもっと様々なイベントとそれに伴う感情のうねりがあったのではないかと推察されることから、
やや簡潔にまとめすぎている傾向があると思われ、せっかくの感情の重要性がスポイルされている印象を受けます。

しかし、人の感情を重視して企業変革を語る書籍が少ないことから、本書はそれだけでも価値があると思います。

ポジティブ・チェンジ/ダイアナ・ホイットニー



★★★★

マズロー心理学の実践版

本書で解説されているAI(アプリシエイティブ・インクワイアリー)の本来的な目標は、
A・H・マズローが「人間性の心理学(初版1954年)」「完全なる経営(初版1965年)」で提唱した、
人の本性を踏まえたうえでの、個人と組織・社会の理想的な姿にあるのだと思われます。

これまで様々な組織改革・意識改革についての書籍が出版されてきましたが、
本書ほど人間の本性を踏まえてポジティブに改革を進めていく方法論はほとんどないと思います。

一方で、同時にAIを実践することの困難さも感じられます。
社内にマズローのいう「自己実現」「至高体験」を経験している人材が必要であること、
対症療法的に現象面の問題を解決することに忙殺されてきた会社には理解されにくいこと、
実践に膨大な時間と労力とコストがかかるため、これらを捻出することが容易でないこと、
特に日本では仕事を楽しむことよりも、苦しむことが美徳とされてきたこと、
などです。

従って、限界を見せているこれまでの組織・人材マネジメントのやり方からどれだけ早く決別できるかが、
AIの成否を左右することになるのだと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE