FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

【図解】ピケティ入門 たった21枚の図で『21世紀の資本』は読める!/高橋洋一



👍👍👍👍👍

元本を読んではいませんが、多分ピケティを理解できたと思います

ピケティの「21世紀の資本」が出版された時に
・本が厚すぎる
・翻訳が山形浩生である(専門書の翻訳クオリティが低いので有名)
・言論人たちが「当たり前のことしか書いていない」と評している
などの理由で読みませんでした

しかし気になってはいましたので
本書を見つけた時には即購入しました

著者が
元本に掲載されている図表から重要な21枚をベースにしていること
これらの図表からピケティの理論をわかりやすく解説していること
から非常にわかりやすい解説書に仕上がっています

元本を読んではいませんが、多分ピケティを理解できたのではないかと思います

明解 経済理論入門/高橋洋一



👍👍👍👍👍

経済理論の基礎を知るための優れた本

著者は「正しい「未来予測」のための武器になる数学アタマのつくり方」という本を出版し
そのなかで経済学・統計・会計を知ることが重要だとしています(本の紹介より)

私自身は会計は知っていますので
著者による経済学と統計のポイントを知りたいと思い
経済学について本書を手に取りました
統計については「図解 統計学超入門」を読みました

本書で取り上げられているのは
確立された経済理論から基礎的かつ重要なものを著者が選択したものです
また著者が選択していますので
自ずと数式がありグラフ化できるものになっています

経済学は特に日本では
理論ではなくイデオロギーに成り下がっていると思います
また著者によれば
日本の経済学者のほとんどは自説を理論化できていない
つまり数学・統計で表すことができていないとのことです

最近ではMMTが何かと取り沙汰されていますが
これは数学・統計による理論化がされていません
それにもかかわらずMMTを推進しようとする経済学者が少なくありません
言論人・政治家も同じ穴の狢とした言いようがありません

確立した経済理論に基づかない経済政策は国民・国家を破滅させるだけです

これまでも、これからも様々な経済理論もどきや経済政策が登場するでしょうが
本書をベースにこれらの是非を見極めていきたいと思います

外交戦 ~日本を取り巻く「地理」と「貿易」と「安全保障」の真実~/高橋洋一



👍👍👍👍👍

ファクト・ファインディングとロジカル・シンキングによる外交政策

他国との関係のあり方について
言論人や政治家をはじめとして
イデオロギー・先入観・感情論に基づく意見・議論が多すぎます
またこのような言論人や政治家などを盲信して
まるで信者のような振る舞いをしている方々も少なくありません

そのような状況下で
ファクト・ファインディングとロジカル・シンキングによる外交政策を提示した
本書は希少価値が高いと言えるでしょう

著者の本はどれもそうなんですが
本の内容を理解すること自体は重要でありながらも
記述内容を丸暗記するためではなく
記述プロセスからファクト・ファインディングとロジカル・シンキングを見出し
それらに基づいて自身を磨くために
書かれていると思います

「バカ」を一撃で倒すニッポンの大正解/高橋洋一



👍👍👍👍👍

ロジカルシンキングの訓練にもってこいの本です

本書のタイトル通り
バカを一撃で倒すために44のテーマについて
よくある論調を著者のロジカルシンキングで瞬殺しています

これ自体役に立ちかつ痛快なのですが
著者のロジカルシンキングを理解し取り込んだり
自身のロジカルシンキングを訓練して高めたり
するために使うことに本来の価値があるのではないかと思いました

本書で取り上げた個別具体的テーマそのものは時代とともに変わっていきますが
本書で学び培ったロジカルシンキングは普遍的なものになります

たまに読み返しながらロジカルシンキングを磨き続けたいと思いました

図解 統計学超入門/高橋洋一



👍👍👍👍👍

統計学がどのようなものかよくわかりました

なにがよくわかったかというと
・統計学をマスターするのは極めて難しいこと
・統計学の前提として数学をマスターする必要があること
・数学には才能が求められ、才能がない人は努力してもマスターできないこと
・数学の才能がない人は無理して数学→統計学を理解しなくてもいいこと
です

数式に拒絶反応を示す私としては
これがわかっただけでも本書は価値ありだと思いました

これまで統計学を学ぼうといろいろトライしてきましたが上手くいきませんでした
本書で無理する必要がないとわかりスッキリしました

なお本書の内容はタイトル通り超入門だと思います
しかしそれでも超入門レベルのことは理解できます
私のような数学の才能がない方にはオススメです

未来年表 人口減少危機論のウソ/高橋洋一



★★★★★

また大きなウソが著者によって暴かれた

著者の本は、
日本国内の岩盤規制によって守られている既得権益が垂れ流す大ウソを、
基本的な数字を駆使して見事に暴いていくものが多いですが、
本書もまた、その目的で書かれています。

本著は巷でさも危機であるかのように騒がれている人口減少問題について、
全く根拠に欠けたデタラメであることを暴いています。

人口減少そのものは事実であり進行中なのですが、
想定範囲内のものであり、かつ長期にわたってゆっくり進行していくものですので、
十分に対処出来ることを適切に証明しています。

人口減少危機論を煽っているのは、
それによって国民ではなく自らの利益や保身を守りたいか、ただのバカのようです。

自己保身and/orバカに騙されないように著者の本を読んで、
自己防衛を続けることが大切だと思います。

財務省を解体せよ!/高橋洋一



★★★★

本書のタイトルにもっとフォーカスしてほしい

ここしばらく世間を騒がせている財務省の様々な不祥事の解説に始まって、
財務省解体論に迫っており、それなりに読み応えはあるものの、
本丸である財務省解体論に割いている割合が少なく、
実現が容易でない財務省解体に向けた戦略やシナリオが描かれておらず、
物足りなさを感じました。

財務省をはじめとした、
中央省庁や中央官僚の影の部分に初めて触れられる方にとっては、
良い入門書だと思いますが、
著者を含めてこの類の本をかなり読み込んでいる方にとっては、
物足りないと思います。

これだけ不祥事を起こして尚、骨太の方針から消費税増税がなくならないのですから、
また他の中央省庁・マスメディア・経済団体・与党政治家の一部も手中に収めているのですから、
財務省解体を正面突破で行うのは極めて困難でしょう。
それならば、孫子の兵法でいう「兵は詭道なり」で搦め手戦略をとる必要があるでしょう。

例えば、
税と社会保険の公正な負担の原則に基づき、
これらの完全徴収という一点の目的達成に向けて「歳入庁」を財務省傘下に設置する。
現国税庁はそのまま「歳入庁」に移行する。
消費税はインボイス方式に変更する。
日本年金機構の徴収業務は「歳入庁」に移管する。
ただし、主税局長・歳入庁長官は歳入庁在籍者のみから内閣府が選任する。

このディールによって、
財務省はポスト2つと引き換えに、日本年金機構の権限を得る。
政府は財務省を温存することで、社会保険料と消費税を完全徴収できる。
このプロセスで、
政府は財務省と国税庁の分断工作を図る。
・国税庁幹部に働きかけトップ2つのポストを与えることで味方につける
・将来の財務省からの「歳入庁」独立の気運を醸成する
政府は厚生労働省の不始末を罰するかたちで日本年金機構の徴収権限を剥奪する。
・まともな数字すら国会に提出できないことによる当然の措置として国民にアピールする
・徴収業務従事者は能力が高ければ「歳入庁」で新規雇用、そうでなければ民間企業同様の対応

当然、もっと高度な戦略があるはずですので、高度な戦略を練って実践してもらいたいものです。

個人的に本書に期待していたのは、高度な財務省解体戦略についての解説でした。
ですが内容は冒頭に記載したようなものでしたので、★一つ減らしました。
もっと減らしても良かったのですが、
財務省の内情についての解説が興味深かったので一つに留めました。

なお、本書に関連してですが、
文部科学省は解体ではなく存在そのものを消滅させるべきでしょう。
百害あって一利なしですので。
あと経済産業省もこれまで通りのことを続けるのであれば消滅ですね。
国策プロジェクトは全くと言っていいほど成功していませんから。
ただ、このように言い始めると残した方が良い省庁があるのか、疑問が出てきますね。

「官僚とマスコミ」は噓ばかり/高橋洋一



★★★★★

亡国官僚と売国メディアにはiが足りない

省益と保身しか頭になく結果として日本を亡国に導く官僚。
捏造と隠蔽による反日プロパガンダに堕した売国メディア。
日本最大の既得権益である、この両者の策謀と情報操作によって国難に瀕する日本。
この国難を利用して日本を破壊しようと活動する左翼野党。
この国難を利用してチャイナに従属しようと活動する媚中与党議員。
(メディアで取り沙汰されているポスト安倍は全て媚中議員というお粗末さ)

これが今の日本の危機です。
本書を読んで、再認識しました。

官僚・メディア・左翼野党・これらの御用学者の言動について、
疑うこと、信じないこと、逆が真なりと考えてみること、
ここから始める必要があるでしょうね。
彼らの言動を鵜呑みにしてはいけない理由が、
本書にはこれでもかというぐらい実例で挙げられています。

要約すると2つのiが欠落していると言えるでしょう。
integrity (誠実さ)とintelligence (知恵)の2つです。

なぜこの国ではおかしな議論がまかり通るのか/高橋洋一



★★★★★

メディアは権力だけは大きいが、自浄能力がないから

メディアは日本最大の岩盤規制に守られた最強の既得権益です。
新規参入がないので競争がもたらすはずの適者生存がありません。
また物言う株主もいませんので外部からのチェックもありません。
従って、組織内に腐敗がはびこり、能力が落ち、無責任になっても、
自浄作用が働かない構造になっています。

そして、メディアからしか情報を得ていない方々が、まだまだ沢山おられますから、
結論ありきで、裏付けのない、深掘りしない、ジャンクデータを垂れ流しても生き残れます。
これがフェイクニュースと言われる、捏造・隠蔽・偏向・印象操作・レッテル張りにつながります。
安倍憎し、左かぶれ、役所メモのコピペ、提携先海外メディア報道のコピペなどです。

一方で権力だけは持っていますので、社会的には大問題になります。

権力は持っていますが、権力に伴うはずの義務を果たそうとはしません。
報道の自由を叫びますが、自由に伴うはずの報道の責任を果たそうとはしません。

というのが、メディアを報道機関として擁護した見方なのですが、
実際は、報道機関などではなく、日本破壊狂暴媚特亜勢力のプロパガンダ機関でしょう。

独裁国家・軍事国家・民族弾圧国家のチャイナと北コリア、そしてその属国に媚びまくり、
場合によっては工作員と思われても仕方のない振る舞いをし、
東京裁判史観とルーズベルト史観で日本国民の洗脳を続けながら、
日本を破壊するためには手段を選ばない、捏造・隠蔽・論理破綻も構わない、
狂暴な言動を延々と繰り返すプロパガンダ機関です。
南京大虐殺捏造・従軍慰安婦強制連行捏造が代表例です。
皇室・天皇蔑視や、靖国神社参拝反対は日本人の精神的支柱の破壊工作活動でしょう。
モリカケ問題の捏造は国会を空転させ憲法9条改正議論を阻止するための工作活動でしょう。
アベノミクス反対や消費税増税賛成は日本経済を弱体化させるための工作活動でしょう。

これらを日本最強の岩盤規制・既得権益に守られて行っています。
おかしな議論がまかり通るのは、これが真の理由だと思います。

情報ソースとしては全く信用できませんので、
国民個人としては、
読まない(観ない)、買わない(払わない)、信じない、の三原則を適用していいと思います。

また国家としては、
最低でも岩盤規制・既得権益を完全に取り払い、
日本と日本人を守り抜くための国家安全保障措置を検討・実践すべきでしょう。

これが日本経済の邪魔をする「七悪人」だ! /高橋洋一



★★★★★

共通点がありますね

読んでみて気づいたのですが、本書の七悪人には共通点がありますね。
・既得権益と岩盤規制に守られていることによる「腐敗」の巣窟
・国益の為に切磋琢磨しない故に大量輩出される「無能」な人材
・権力だけを振りかざして責任を全く取らない「無責任」な体質

加えて、テレビ・新聞・左翼野党の三悪人は、
明らかに反日売国という共通点がありますね。

とにかく、醜い、卑しい、穢らわしい、日本の恥ですね。

因みに政治家には選挙がありますが、
政官業癒着の利権団体、反日売国勢力などの強力な支援が、
それぞれありますよね。

坂本龍馬ではないですが、
もう一度日本を掃除しなければならないようですね。

ただ、この七悪人が邪魔をしなくなったとして、
日本経済が復活するかどうかは未知数だと思われます。

著者の戦後経済史は嘘ばかりによれば、
戦後日本の高度経済成長は1ドル360円という超円安が続いたことでほぼ説明ができるとのことです。
勿論、日本的経営による日本人の知恵と努力の結晶としての製品が世界を席巻したのは確かですが、
超円安があってこそのものであるのも確かです。

グローバル市場経済かつ1ドル110円前後の現在において、
日本経済を牽引していくことができ、かつ世界をリードしていくことのできる新たな産業が必要だと思います。

悪人を挙げ連ねて批判することも大切なのですが、
未来に向けて生産的な議論を重ねていくことも大切なことだと思います。

なお、著者には第二弾として、
これが日本の安全保障の邪魔をする「○悪人」だ!
を出していただきたいと思います。
本書の七悪人とかなり重複しそうですが。。。

追記(20180313)
少し横道に逸れますが、中央省庁酷いですね。政府の足を引っ張っているとしか思えません。
まるで日本破壊工作員による自爆テロみたいですね。
この1年だけでも、文部科学省、厚生労働省、財務省の国賊ぶりは解体&ゼロベースでの再構築に値しますね。
今年は憲法改正で手一杯でしょうから、来年の目玉として行政大改革を大胆に実行して欲しいですね。
勿論、消費税増税は白紙撤回し、必要な規模の財政出動を行い、歳入庁を新設することは必須でしょう。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE