FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

孫子の盲点 ~信玄はなぜ敗れたか?/海上知明



★★★★

孫子兵法に基づく信玄分析

武田信玄が孫子兵法を活用していたことは「風林火山」の旗印などからも、
また、様々な小説やドラマにおいても孫子兵法が触れられていることからも、
知らない人の方が少ないでしょう。

しかし、人文科学系学者・学界において、
武田信玄が孫子兵法をどのように活用していたのか、
についてほとんど研究されていないというのは驚愕でした。

日本の歴史において最も孫子兵法を知り尽くし活用していた
武田信玄の孫子兵法の活用方法が研究されていないことが、
日本の戦略構築の弱さの一因であることは疑いようがないでしょう。

本書では多分、日本で初めて武田信玄が孫子兵法を如何に活用したのか、
戦史を紐解きつつ、孫子兵法のエッセンスや内容を当てはめながら解説した本だと思います。

読んでいくうちに、武田信玄が見事に孫子兵法を使いこなしていることがよくわかりました。
また、武田信玄が負けた時には孫子兵法から外れた戦法を使っていたこともわかりました。


そのうえで、織田信長と武田信玄との天下取りにおける比較が興味深いものでした。
ここで孫子兵法の弱点が露わになります。春秋戦国時代のチャイナの時代背景から来るものかもしれません。
それは、時間(スピード)という概念の欠如だと著者は論じています。

たしかに「兵は拙速を聞くも、いまだ巧の久しきをみざるなり」など、短期戦を重視はしていますが、
主目的は生き残ることです。
武田信玄は上洛においても孫子兵法を使い続けました。
そして上洛前に病没してしまいました。

これに対して織田信長は、「君主論」的人物、マキャベリストだと著者は論じています。
「君主論」の主目的は、ルネッサンス時代に群雄割拠するイタリア半島を統一することです。
そして、統一するためにはスピードを重視する革命家でなければなりません。
織田信長は絶えず「敦盛」(人間50年)をうたい、自らの寿命を意識し、自らに急ぐことを言い聞かせていました。

これが、天下取りにおける、武田信玄と織田信長の差につながっていくとのことです。
ただし、織田信長も孫子兵法を軽んじていたために、
明智光秀の謀反にあい本能寺の変で殺害されてしまったとのことです。

ただ、「君主論」を読みましたが、
スピード重視・革命家を彷彿とさせる記述は見受けられませんでした。
著者の解釈なのでしょうか?

また、孫子兵法の「時間(スピード)という概念の欠如」も疑問です。
孫子兵法の解説書で最も参考にしている、
デレク・ユアン著「真説-孫子」を何度も読んでいますが、
孫子兵法でこのような解釈はできそうにありませんでした。

孫子兵法が原因ではなく、単に武田信玄の慎重な性格に起因するものだったのではないでしょうか。
よって、その分評価を下げました。

とはいえ本書は、武田信玄に孫子兵法を適用して分析した珍しいものでしたので、
非常に興味深く読むことができました。

日本の存亡は「孫子」にあり/太田文雄



★★★★

対チャイナ防衛を考える上での必読書

チャイナが日本に対して超限戦を仕掛けていることは明白です。
そしてその超限戦のベースになっているのが孫子の兵法と言われています。
従ってチャイナが如何にして日本を攻めようとしているか、
そして日本はそれに如何に対峙すべきか、
を考える際には少なくとも孫子の兵法を学ばなければならないと思われます。

本書は、実際に日本の国防に携わってきた方による、
孫子の兵法の解説、およびチャイナの戦略、そして日本の対抗戦略に関するものです。

特徴としては、孫子の兵法について
大東亜戦争などの実際の戦争を例示しながら、各項目を解説している点が挙げられます。
この解説を読むことで大東亜戦争が如何に戦略なき戦争であったかがよくわかります。

また孫子の兵法について著者なりの解釈がなされているところもあり、
孫子の兵法をより深く理解する上での参考になると思います。

本書のように、現代の実際の国防に当てはめて孫子の兵法を解説している本は珍しいですので、
それだけでも価値はあると思います。
他には、孫子の兵法ではありませんが、上田篤盛氏の以下の本ぐらいでしょうか。
中国戦略悪の教科書 (『兵法三十六計』で読み解く対日工作)

なお、本書でもそれなりに孫子の兵法そのものを学ぶことはできますが、
現在出版されている本の中で最も本質的に孫子の兵法を解説しているものは、
デレク・ユアン氏の以下のものだと思います。
真説 - 孫子

ただし、国防に携わってきた方にしては極めて残念な記述もあります。
九地篇第十一において、
「散地」(自国の領土)の解説で「我が領土を戦場とせざるを得ない日本の国防上の最重要事」とあります。
この記述は日本が島国であるという固定観念に縛られており、海洋国家だという認識に至っていないことを意味します。
本土決戦になってしまう状況に陥った段階で日本は既に敗北しています。
海洋国家だという認識のもとで国境防衛を考えるべきではないでしょうか。

また「争地」として、沖縄を挙げていますが、沖縄は日本固有の領土、すなわち「散地」です。
国防に携わってきた方が、本気で沖縄をこのようにみているとするならば、許すことはできません。
これも日本を海洋国家ではなく島国だという固定観念に縛られているから、
沖縄を地続きではない離島だと認識してしまっているのでしょう。

日本を広大な海洋国家と捉えるか(事実)、小さな島国と捉えるか(間違った固定観念)で、
国防のあり方が全く異なってきます。

更に孫子の兵法の言葉に引きずられているのか、
陸上のみが語られ、空・海上・海中への発想の拡大や戦略の応用には全く触れられていません。
孫子の兵法を現代に応用する上では致命的な欠落だと言わざるを得ません。

実際に国防に携わってきた方の本ですので、厳しいかもしれませんが評価を少し下げました。

孫子とクラウゼヴィッツ/マイケル・I・ハンデル



★★★★

戦争論の二大古典の比較による共通点・相違点の抽出

アメリカがベトナム戦争の敗戦を反省し、より賢く戦争に勝つために古典に学ぶという観点で研究された成果がこの本です。
古典が書かれた時期と近現代とは技術的な面では全く異なりますが、それ以外の面(人間・政治など)は全く変わらず、
この二大古典から学べることが多いとのことで研究がなされたとのことです。
内容としては、目次の項目に沿って孫子と戦争論の主要項目を比較し共通点と相違点、また重点の置き方を比較検討する、というものです。
より賢く戦争をすることを前提として研究された成果ですので、巷の評論家や学者の研究とは重みが違うと思われます。

孫子も戦争論も読んだことがありますが、
二大古典を比較したことはなく、比較研究された書籍も読んだことがありませんでしたので、結構興味深く読むことができました。

まだ一読しただけですが、何度も読み返すことでより理解が深まっていくのだと思います。
常に手元に置いておきたい本ですね。

本書をよんで感じたことを以下に挙げておきます。
・失敗したらしっかりと反省して様々なものから学び、教訓を得るというアメリカの底力を感じました。
 いまだに大東亜戦争敗戦の原因すらしっかりと究明していない日本とは、こういったところで国の力の違いを感じます。
・チャイナ共産党は設立以降現在進行形で孫子の兵法を最大限活用して超限戦を世界中で繰り広げているのではないかと思わされました。
 特に日本において反日売国左翼の政党・メディア・学界・法曹界・教育界・NPOなどの裏にはチャイナ共産党がいるような気がします。
 それだけでなく、親中媚中与党議員にも浸透しているような気がします。
 孫子の定義によればチャイナ共産党とはずっと戦争状態にあるといっても過言ではないと思われます。
 日本もその意識でチャイナ共産党と対峙する必要があるのではないでしょうか。

追記(20180619)
孫子の兵法について以下の本を読みました。
デレク・ユアン氏著:真説 - 孫子
この本を読んで、自身の孫子の兵法についての理解が如何に浅いものであるか、痛感しました。
孫子の兵法を学ばれる方は、先ずこの本を読まれることをオススメします。

追記(20180630)
上記の「真説ー孫子」や本書の関連書を読んで、
孫子の兵法とクラウゼヴィッツの戦争論の相違点がわかってきました。
戦闘そのものにおいては、上記レビューの通りではありますが、
そもそも両書は書かれている内容の次元が異なります。

孫子の兵法が現在で言うところの国家安全保障戦略全体を著しているのに対して、
クラウゼヴィッツの戦争論は戦争遂行が決まった後の戦争実行戦略に限定して著している、ということです。
この違いが最も大きく出てくるのが、戦争終結後です。
孫子の兵法では平和の構築に繋がりますが、クラウゼヴィッツの戦争論は決して平和の構築には繋がりません。
この大きな差を理解した上で両書を比較しないと、木を見て森を見ず、になってしまいます。
参考文献:
カール・フォン・クラウゼヴィッツ著「戦争論
ベアトリス・ホイザー著「クラウゼヴィッツの「正しい読み方」
B・H・リデルハート著「戦略論 間接的アプローチ

「孫子」を読む/ 武岡淳彦



★★★★★

孫子の「兵法」を現代環境にてらして解説!

孫子の「兵法」については、様々な書籍を読みましたが、
本書が最も分かりやすく、かつ解説内容も濃かったです。

なんと、現代環境を前提として置き、そのなかで勝ち残るための手法として
兵法の解説をしています。
兵法に出てくる言葉を、
現在のマネジメント用語・手法と比較したりする箇所もありますので、
ビジネス書としても有益です。

兵法が書かれた時代と現代とでは当然状況が異なります。
兵法を読んだだけではピンとこないこともありえますが、
本書はそれを補ってくれます。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP