FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

哲学として読む老子 全訳/山田史生



★★★★★

本書でようやく「老子道徳経」の本質が理解できたような気がします。

これまで「老子道徳経」の解説書関連書は何冊か読んでいました。
荘子と合わせて、世俗を離れて隠遁生活を送るような印象を持っていました。

ただ、良質な「孫子」や「韓非子」などの解説書を読み、
これらによる兵法のあり方、法治国家のあり方の源流に
「老子道徳経」が多大な影響を与えていることを知り、
上記印象は間違っているのではないか、と思うに至りました。

で「老子道徳経」の良質な解説書を探しているうちに、本書を知りました。
Amazonではレビューがまだなかったので(2021/2/11時点)、
一抹の不安はありつつも購入しました。

タイトルが「哲学として読む」とありますので、
何やら、こ難しいことで埋め尽くされているかと感じましたが、
読み始めると、一気読みしてしまいました。
ページをめくる手が止まりませんでした。


本書の特徴を挙げると以下のものになると思われます。

最終目標:
・「老子道徳経」における一貫した本質を探り出す
達成手段:
・「老子道徳経」の一言一句に至るまで論理的・批判的に解説する
・他の「老子道徳経」解説本と比較・批判しながら自説を展開する
・著者の思考方法・論理展開がわかるような書き方で、読者にも考えてもらおうとする
※ここでいう「批判的」は批判のための批判ではなく、本質を探り出すための思考方法です
結論:
・自然法則に従ったマネジメント理論
(個人レベル〜国家レベル)
・自然法則の成り立ちに創造主は不要
(創造主を持ち出す解説書が多いようです。西洋かぶれかな?)

本書を読むことで、ようやく「老子道徳経」の本質が理解できたような気がします。
と同時にこれまで読んできた「老子道徳経」の解説書・関連書で抱いてきた印象が間違っていることもわかりました。
さらに、「孫子」や「韓非子」などの源流に「老子道徳経」がある理由もわかりました。
非常にスッキリしました。


なお初歩的な自然科学(物理学など)の知識を学んでいたので、
著者の論理展開についていくことができました。
やはり思想・哲学というものを正しく理解するためには、
自然科学の知見を積極的に取り入れることが重要だと再認識しました。

タイトルの「哲学として読む」の「哲学」が如何なるものかはわかりませんが、
私には「自然科学の知見と論理的思考で老子の本質を捉える」の方がしっくりします。

久しぶりに、思いっきり頭を使いながら読む本に出会うことができました。
この観点でも本書に出会えたことは貴重な体験でした。


欲をいえば、歴史学的考察も欲しいです。
古代王朝崩壊〜春秋戦国時代〜秦始皇帝による統一国家誕生という、
時代の流れ・時代背景、そこでの歴史的トピックなどを踏まえた上での、
「老子道徳経」誕生の必然性・意義・影響などについてです。
歴史学的考察による解説によって、更に理解が深まると思いますので。

もちろん、これは著者の専門外だと思いますので、
この時代に精通した方による解説が欲しい、ということです。


「老子道徳経」について、
・非常に興味のある方
・一貫した本質を探求したい方
・本質についてご自身でも考えたい方
・既出の解説書を読んでもモヤモヤされている方
にはおすすめの本です。

値段は決して安くないですが、
上記の方々にとっては値段以上の価値はあると思います。


老子/金谷治





一通りの解説はあるが、老子の一貫した思想を捉えることは難しい

老子道徳経における、それぞれの文章についての解説がありますので、
それはそれで著者の解釈として参考にはなりますが、
老子道徳経のおける、一環した思想・哲学については本書では理解できません。

また、何かと孔子・論語と比較しているのですが、
少なくとも老子は孔子と対等に比較するような浅薄なものではありません。

更に、老子は春秋戦国時代の諸子百家に多大な影響を与えている思想・哲学の原点ですが、
多大な影響を与えている原点となるぐらいの凄さ・その原因などについての解説はありません。

あと、春秋戦国時代という中国大陸において最も激しい時代に生まれた思想・哲学ですので
少なくとも、時代背景や時代のうねりを踏まえた上、で解説してほしかったと思います。

本書を読む前に「韓非史」「孫子」「荀子」などの
優れた解説書を読んでいましたので、
本書が非常に浅い解説書のように思えてなりません。

なお、評価は著者の解説に対するものであり、老子道徳経へのものではありません。


老子・列子/奥平卓等



★★★★

自然科学の古典

世の中に対する認識はまるで自然科学(天文学、地質学、生物学、物理学など)のようです。
また、人間に対する認識もまるで最近の脳科学・神経科学のようです。
これほど古い時代の哲学が、最近の自然科学と親和性を持っていること自体が驚きです。
ですので、古典にありがちな時代背景の特殊性を超えて、違和感なく読むことができました。

ただ、本書中の「荘子」の解釈が、同シリーズの「荘子」の解釈とかなり異なっていますので、
その分☆一つ減らしました。

物事を考える際のノイズを無くすためには「老子」が、発想を飛躍させるためには「荘子」が役に立つと思います。

老子・荘子/森三樹三郎



★★★★★

これからは荘子の出番か!

中国思想は、本当に百花騒乱ですが、これからは荘子の思想が大事になってくると思います。
複数の次元に対する動的・相対的なものの見方、
想像・創造を常に飛躍させること、
自由に思考をめぐらせること、など、荘子の思想は非常に好きです。

孔子(儒教)は、様式重視(本来そうではありませんでしたが、そうなってしまいました)で堅苦しいし、
老子は世の中を捨てて斜めに世の中をみるので、現実逃避ですし、
韓非子は統治を重視しすぎて自由がないし。

最近の安易なマネジメント本、自己啓発本などよりも、
中国思想を読んだ方が生の人間を扱っているので、役に立つと思います。

なお荘子の思想は、
M・チクセントミハイのフロー理論と一致しています。
詳しくは「フロー体験 喜びの現象学」をご参考ください。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP