FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

韓非子(上下巻)/安能務



★★★★★

老子が理想を描き韓非子が具現化したマネジメント体系論

韓非子は、冷酷無情な法家の書だと勝手に思い込んで、
これまで手に取ることはありませんでした。

しかし、本書を読了すると、
その思い込みが如何に間違っていたかを思い知らされました。

韓非子は、老子が理想を描いたマネジメントのあり方を、
法治国家のあり方として具現化したものであることが、
はっきりと理解することができました。

老子の「道」を「法」で具現化したということです。

まだまだ読み込みが足りませんが、
韓非子が狙いとしていた国家統治はもちろんのこと、
企業・組織のマネジメントにも十分に活かすことができると思います。
むしろ凡百の政治理論・マネジメント理論に関する書籍を読むよりも、
韓非子を熟読した方が遥かに役に立つと言っていいでしょう。

更には、私のコンサル時代の師匠(勝手にそう思っているだけ)であった、
P.F.ドラッカーの主要なエッセンス(イノベーション除く)が、
紀元前に著された韓非子に全て書かれています。
韓非子をコンサル現役時代に読んでいれば、
もっと優れたサービスをクライアントに提供できたのではと、
反省しきりです。

なお、韓非子のイメージを悪く歪め、歴史改竄ともいえることをしたのは、後の儒家です。
韓非子は孔子が語った復古主義を徹底的に批判していたのが理由だと思います。
ただし、その批判は正当なものであり、後の儒家による歴史改竄は逆ギレでしかありません。
時代と環境が変われば当然、統治方法も変えねばならないのに、
単に復古を理想として唱えることは、むしろ弊害の方が多いでしょう。
また孔子が復古の理想とした堯舜殷周の王朝も、
権謀術数で自国を興し、他国を滅ぼしています。

韓非子からみれば、
孔子・儒家は時代に合わない妄想を抱き、
理想とされる国家・君主・宰相などの言動の中から自分たちの都合の良いところだけを抜き出し、
それをさも統治の王道であるかのように拡散し、無能な君主・宰相などをを惑わすことで、
むしろ国家統治を困難にし、民を苦しめている、邪道だということなのでしょう。

あと著者曰く、
巷に出回っている韓非子に関する書籍などは、
後の儒家によって改竄されたもの、それをそのまま受け止めて解説したもの、
がかなり多いとのことです。
比較をしていないのでなんとも言えませんが、その可能性は十分にあるかもしれません。

あと、著者がどのような経歴の方かは存じ上げませんが、
かなり生の政治について精通しているのでは無いか、と思いました。
そうでなければ、本書のような生々しい解説はできないからです。

たまたま、数多くの韓非子本の中から著者版を選んで読みましたが、
最初の韓非子書がこの本でよかったと思います。

今後、韓非子に関する書籍を読み、比較することで、
上記の意見が変わってくるかもしれませんが、
ひとまずは著者の韓非子、それに関連した著者の書籍で学んでいきたいと思います。
守・破・離の守から始めたいと思います。


  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP