FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと/近藤弥生子



★★★★★

初めてオードリー・タン氏に触れる方にとっては良書。ただし

初めてオードリー・タン氏に触れる方にとっては、間違いなく良書です。
様々な角度からのアプローチで彼女の何が素晴らしいのか、に迫ろうとしています。

ただし、日本では既に同様の書籍が3冊出版されています。
この3冊を既読の方にとっては、あまり新しい切り口や情報は得られないと思います。

彼女が関与した仕事に関する資料・ウェブサイトなどの画像が数多く取り入れられています。
しかし、現地語のままですので、短い解説はあるものの、何が凄いのかよくわかりません。
また、モノクロ画像ですので、臨場感も伝わってきません。

本書は日本では4冊目になりますので、もっと工夫が必要だと思います。

なお評価は、初めてオードリー・タン氏に触れる方向けのものです。
既出3冊を読んだ者としては、★3つが上限になります。

本書も含め日本で出版された書籍についてのブックレビューは、
カテゴリー「オードリー・タン」に格納してあります。

オードリー・タン 自由への手紙/クーリエ・ジャポン編集チーム



★★★★★

真の自由と平等がわかります

真の自由と平等とは何か、それをどうすれば実現できるのか、
について真剣に語られている本です。

氏は、フリーダム(自由)をネガティブ・ポジティブの2つに分けています。
①ネガティブ・フリーダムは、個人として何かから自由になること
②ポジティブ・フリーダムは、自分だけでなく他の人も解放し、自由にしてあげること

まずは①を実現した後、②を推進して、自由をお互いにシェアしようとアドバイスしています。

そのうえで様々なことから自由になろうと提言しています。
以下、目次から引用します。

01:不平等から自由になる
02:不安から自由になる
03:年齢から自由になる
04:競走から自由になる
05:国家から自由になる
06:対立から自由になる
07:正しさから自由になる
08:男と女から自由になる
09:ジェンダー概念から自由になる
10:家族から自由になる
11:強制から自由になる
12:ヒエラルキーから自由になる
13:支配から自由になる
14:言葉の壁から自由になる
15:スキルセットから自由になる
16:一枚岩から自由になる
17:お金から自由になる

いわゆる保守と言われる人たちからは猛反発を受けそうな内容です。
でも、それを相手にしていては自由にはなれません。

いわゆるリベラルと言われる人たちからは一見歓迎されそうな内容です。
でも、リベラルの無責任な戯言とは全く次元が異なります。
ポリコレでもありません。

いわゆるリヴァタリアンと言われる人たちからも一見歓迎されそうな内容です。
でも、公(社会)への貢献や、自己責任を謳っていますので、
自由と自分勝手は全く異なります。

このようなイデオロギー・カテゴリーからも
自由になろうと言っているのではないでしょうか。

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」のレビューでも触れましたが、
私にとって数十年ぶりに私の人生観を変えてくれた方の提言ですので、
しっかりと何度も読み込んで、自分自身に染み込ませたいと思います。


Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔/アイリス・チュウ、鄭 仲嵐



★★★★★


オードリーの人生を辿りながら、その凄さに迫っています

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」が、
氏自身が自らの希望・願い・実績などを直接述べているのに対し、
本書は著者らがオードリーへのインタビューなどを基に、
他者によって氏の足跡を辿りながら、人格と実績の凄さを解説しています。

併せて読まれると、より氏の素晴らしさを実感できると思います。
「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」を
先に読んでから本書を読んだ方がいいでしょう。

そうすると、著者の希望・願い・実績がわかったうえで、
それは何故なのか、を理解することができます。

こういう生い立ち、人生を歩んでくると、
このような素晴らしい人物になるんだな、と想像できます。

優れた副読書だと言えるでしょう。

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る/オードリー・タン



★★★★★

数十年ぶりに人生観を変えてくれました。

個人的な話で恐縮ですが、
令和3年は私にとって新たな人生をスタートさせる年です。

以前から気になっていたオードリー・タン氏自筆の著作を知り、
この天才がどのような「デジタルとAIの未来を語るのだろう」と興味津々で手に取りました。
最初はタイトル通り、デジタルとAIの分野における最新技術を知りたくて読み始めたのですが、
期待を良い意味で大きく裏切ってくれました。

もちろん技術的な話がないわけではありませんが、
それはあくまでも補助的なものであり、
本筋は、
個々人が輝きながら、いかによりよい社会を創っていけるか、
よりよい社会を創りながら、いかに個々人が輝くことができるか、
についての著者の考えを披露したものです。

これは著者が自身を「保守的なアナーキスト」と定義していることからくるものです。
いずれの単語も誤解を生みやすいですので、著者自身の定義を引用しておきます。
保守:
・日本語の「保守」より中国語の「持守」に近い
・「持守」には「自分の意思を堅持する、貫く」という意味がある
・私の考える「持守」は、進歩という理由で文化を破壊せず、「伝統文化」を守ること
・自分が守りたい伝統文化を守るために、多くの人を巻き込んで実現したいと思って行動している
・自分が守っていればいい。他の人のことは知らないよ」という傍観者的な態度でいるわけではない
・私が「持守」という言葉を使うのは、攻撃的な意味が含まれていないから
アナーキスト:
・無政府主義とアナーキズムは同じではない。決して政府の存在そのものに反対しているわけではない
・権力に縛られない。政府が脅迫や暴力という方法を用いて人々を命令に従わせる仕組みに反対する
・権力や強制といったものをどのように平和的に転換させればいいか、に関心がある
・皆がお互いを理解し合った新しいイデオロギーに持っていくにはどのようにすればいいか、に関心がある
・古臭い権威主義や上から目線の命令・高圧的な態度には全く興味がない
・命令などの強制力がないことが重要である

何より素晴らしいのは、著者が自身のアイデンティティに基づいて、
実際に行動し、人々を自主的に巻き込み、イノベーションを起こし、成果を出し続けていることです。
そしてあくまでもその手段としてデジタルとAIを上手く利用していることです。

著者自身のアイデンティティがこのようなものであれば大賛成ですし、
著者の活動にも加わりたいと思いますし、
私自身もこのような人物に少しでも近づきたいと思います。

また著者は天才だと言われ、それ故に注目されているようですが、
それよりも、著者の実際の行動・成果の基盤であり、かつこれらに裏付けられた、
極めて高いIntegrity・妥協しない徹底したInclusionなどの、
人間性・人徳に惹かれました。


これまで、
「この人の切り口は凄い」:デレク・ユアン氏(戦略理論家)など
「この人の理論は凄い」:ミルトン・フリードマン氏(政治経済学者)など
「この人の研究は凄い」:アントニオ・ダマシオ氏(脳科学・神経科学者)など
という方々には書籍などを通じて出会ってきました(決して多くはありませんが)。

しかし、
人生観を変えてしまうような人物に書籍を通じて出会うのは数十年ぶりのことです。
経営コンサルタントとして仕事を始め、P.F.ドラッカーに出会って以来のことです。
新たな人生を始める年のはじめに、この本に出会えたことは最高の幸せです。
私にとっての新たな人生への羅針盤になると確信しています。


それにしても、
このような方が政府の要職を勤める、
このような方を政府の要職に招聘する台湾という国は、
素晴らしいですね。


翻って、日本の自称保守・リヴァタリアンの多くは、
束になっても著者には遠く及ばないのではないでしょうか。

日本の自称保守の多くは、
国民一人ひとりのことなどあまり眼中にありませんし、
ポリコレでない真のマイノリティに対して平気で差別する人もいます。
(人権=左翼というステレオタイプに自ら囚われているのでしょうか?)
日本のリヴァタリアンには、
本場アメリカの表面だけなぞって自己中・自分勝手なだけの人もいます。
(自由には自己責任が伴うという当たり前のことが理解できていないのでしょうか?)

更に、いずれも言説だけはご立派な一方で、
自分の世界・蛸壺に閉じこもり、
自身の言説に異を唱える方がいれば、
よりレベルを引き上げるための機会と捉えるのではなく、
自分自身への攻撃と断定して排斥してしまう方々が少なくありません。

そのうえ、
口だけは達者ですが、
実行に移し世の中を変えるという成果を出している方をほとんど見かけません。
自分は言論人だから、学者だから、という言い訳で安全地帯を作っているように見えますが、
世の中を変えられなければ、単なる机上の空論と言われても仕方がないと思います。
本当に世の中を良くしたいのか、変えていきたいのか、疑問です。

挙げ句の果てに、活動を中心としている方々を「右翼」と
ステレオタイプにカテゴライズして見下している有り様です。
一体彼らは何様のつもりなのでしょうかね?

しかも、デジタル・AIの知見はおろか、自然科学の知見すら
学ぶことなく、学ぼうともせずに、
この領域に関連するテーマを平気で語り、
かつ自分の意見が正しいと断言するような、
身の程知らずが少なくありません。
(自分の狭い世界が全てだと思っているのでしょうか?)

現代において、未来を語る際には、また大戦略や政策を構築する際には、
これらの領域の知見を駆使し活かすことが不可欠であるにもかかわらず、
無知の知を自覚していない人が少なくありません。
この体たらくで、幾ら未来を語り、大戦略や政策を構築したとしても、
可能性・選択肢を狭めるだけでなく、間違った解決策を言いふらしかねません。
極めて危険です。

ちなみに、これらはプロフェッショナルの世界では職業倫理の欠如と言われ、
真面目にサービスを提供している仲間・適切なサービスを受けたいクライアントから、
忌み嫌われます。

日本にいる自称保守、自称リヴァタリアンとは、
得も志も実力も成果も比較するのが失礼なぐらい、著者のレベルは高いですね。

日本の様々な言論人・学者の書籍を数多く読んできましたが、
私の中でこの日本の惨状に当てはまらないのは、
藤井厳喜氏・武田邦彦氏、次いで坂東忠信氏・山岡鉄秀氏以外にほとんど知りません。
(私が著書を読んでいないだけで、未だ出会っていない方もいらっしゃるとは思います)

日本の現状がこのような始末ですので、より著者に魅力を感じるのだと思います。


現時点で2冊ほど、著者に関する書籍が出版されていましたので、
読了後すぐに注文しました。

本書と合わせて3冊、じっくり読みながら、
著者への理解を深めていきたいと思います。


  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP