FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

生存する脳/アントニオ・R・ダマシオ



★★★★★

意思決定(推論・決断)における情動と感情の役割

西洋では、デカルトの二元論に基づく人間の探究の歴史が相当長いようで、心理学や脳科学においても、理性だけ、知能だけ、大脳皮質だけ、というように、有機体である人間のなかで「思考」に関係のある部分だけを無理矢理切り分けて研究することが主流のようです。

東洋では、老荘思想を受け入れてきた長い歴史がありますが、学術の世界やビジネスの世界では西洋からの思考方法・実践方法を取り入れてきたことから、やはり人間という有機体を切り刻んで研究・実践することが目立ちます。

このような状況のなかで、本書は、脳は人間という有機体を生存させるために進化・適応してきていること、脳は身体がなければ、身体からの反応がなければ機能しないこと、を様々な研究結果や著者の仮説を踏まえて解説しています。

理論の中核は「ソマティック・マーカー仮説」で、概略としては、外部環境の変化の知覚(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚)⇒内部環境(身体)の状態の変化(これが「情動」)⇒状態の変化の知覚(これが「感情」)⇒推論&意思決定(これが「理性」)⇒行動、という有機体全体にわたるループによって人間は生きている、というものです。
これによって、理性を働かせるためには情動や感情が必要不可欠であることがわかり、純粋理性というものは存在しないことがわかります。
また、このことから人間の理性だけを無理矢理切り出して研究している心理学・脳科学の理論は、全体を表していないことになります。
更に、このことから合理的人間を前提に置くことで理論化している全ての経済学は、根本から再構築しなければならないことになります。

また、心とは脳と身体との相互作用から生まれる様々なボディ・マップのバランスから生まれるとしており、心についてホムンクルス誤謬に陥らずに適切な理論を提示しています。


本書は、人間そのものを正しく理解するための中核的な位置づけになるものだと思います。
人間に関する様々なレベル・エリアの研究や主張がこれまでも、これからも数多く生み出されるのでしょうけれど、本書はそれらの是非を検証するうえで非常に役立つものだといえます。


あと、本書の中核ではありませんが、著者の研究過程で知能について触れられています。
個人的・社会的なものを扱う脳領域(前頭前・腹内側部)と、数学・物理・論理といったものを扱う脳領域(前頭前・背外側部)が異なるということです。これは、ハワード・ガードナーやダニエル・ゴールマンが提唱している多重知能(人間の知能はIQだけではない)、EQ(Emotional Intelligence)、SQ(Social Intelligence)が最高レベルの脳科学者によって立証されたということです。


ただ、残念なのは参考文献が英語表記のままであることです。邦訳された専門書のなかでまともなものは参考文献が掲載されており、かつ邦訳されているものは日本語表記になっています。出版社・訳者どちらの意図で手抜きをしたのかはわかりませんが、読者の方を向いて仕事をしてほしいものです。

(2009/5/26再読によりレビュー内容更新)

感じる脳/アントニオ・R・ダマシオ



★★★★★

感情についての哲学と脳科学の融合

本書は、著者の研究テーマである人間の脳・身体・心の解明についての一般読者向けの書籍『生存する脳』『無意識の脳 自己意識の脳』に続く3作目という位置づけです。

本書においては、既著で解き明かされた、意思決定における情動と感情の役割(生存する脳)、自己の構築における情動と感情の役割(無意識の脳 自己意識の脳)での知見をベースとして、感情そのものに切り込んでいます。

解説の仕方として、戦略的に人間の情動・感情を分離して取り扱い、情動と感情についての解説を行ったうえで(ここまでは前著の知見がベースになっています)、それらを本来のかたちに統合し(人間の身体の中では統合されているので)一つの系として感情とは何か、何の役に立つのか、それがどのように進化してきたのか、生得的なものと後天的なものは何か、といった観点で解説しています。

そのうえで、まだまだ未解明なところは多いと断りつつも、人間の心について、これまで得られた科学的な知見をもとに仮説を組み立てています。

また、原著タイトルである「スピノザ」については、著者のこれまでの研究結果から、最新脳科学の知見に概ね整合する哲学者としてスピノザを取り上げ、スピノザの提唱した哲学や、その背景としてのスピノザの生きた時代・生き方を織り交ぜながら、感情そのものについて解説しています。
最近の脳ブームに便乗した本の中には、自説に都合のよい脳科学・神経科学の知見だけを取り込んでいるものが少なくありませんが(特に社会科学系の学者に多いです)、本書はそれとは一線を画しています。
確かに著者はスピノザの哲学に触発されてはいますが、自身を含めて行われた研究によって得られた最新の知見をもとに体系化された情動・感情についての理論をまず明確に提示し、それに見合う哲学を探したらたまたまスピノザだった、というものです。

更に、これらの脳科学・神経科学の知見とスピノザの哲学を踏まえて、これから人間が幸福に生きるためのアドバイスを試みています。
スピノザの哲学そのものを読んだことはないのですが、著者の解説からは、老荘思想・禅に似たものだと推察されます。

あと、情動・感情と、それらを司る脳部位を階層化・体系化して解説していることから、日常的によく使われる心理用語(欲求・欲望・動機・意識・無意識など)が結果として上手く整理されています。
心理学用語辞典などでは、わかったようでわからない定義がされていたりしますが、本書によってこれらの用語が脳科学・神経科学の知見と組み合わさったかたちで上手く定義されています。


なお、前著2作ともそうでしたか、本書も翻訳がいい加減です。参考文献の紹介は無く、原著者注で表わされている引用文献について邦訳出版されているものでも日本語名が表記されていません。一方で、あまり意味があるとは思えない訳者まえがきがあったりします。
本著から出版社がダイヤモンド社に変わりましたが、邦訳のいい加減さは変わっていません。本体の内容が素晴らしいので★5つにしていますが、出版社・訳者には辟易しています。

(2009/6/23再読によるレビュー更新)

無意識の脳 自己意識の脳/アントニオ・R・ダマシオ



★★★★★

意識(自己の構築)における情動と感情の役割

著者の前著「生存する脳」で明らかにされた脳と身体の関係をベースにし、かつ前著で明らかにしきれなかった意識について解明しています。

意識を無意識・中核意識・延長意識の3要素に分割し、かつこれらの上下関係・相互作用のあり方を明確にし、これらを担う脳と身体の箇所を特定しています。

無意識は、脳幹核・視床下部・前脳基底部・体性感覚皮質の一部である島・S1・S2の相互作用として、
中核意識は、無意識を担う領域と、帯状回・視床・上丘の相互作用として、
延長意識は、無意識・中核意識を担う領域と、大脳皮質の相互作用として、生まれるとしています。

そして、これらの相互作用がニューラル・パターン、血液、化学物質の変化といった複数のルートを介して、相互作用が図られているとして、ホムンクルス誤謬を回避しています。

また、意識は進化適応の産物であるとして、無意識⇒中核意識⇒延長意識の順に、下位レベルの機能を効率的に活用できるように生まれてきたとしています。人間が持つ延長意識は、感情を感じることによって遺伝子による生得的な反応を超えて、環境に適応できるように進化したのだとしています。


更に、この構造のもとで、延長意識を中心に理論を展開しているダニエル・デネット「多重草稿理論」などの理論との整合が図られています。


そのうえで、心のメカニズムは脳科学によって解明できるとして、本書を契機にして更なる科学的な究明を促しています。本書では検証可能な形で理論構築をしていますので、研究によって本書の内容が更に裏付けられるか、修正を受けるか、といったまっとうな進められかたがなされるでしょう。このあたりが、自然科学の強みといえるでしょう。

一方で、どれだけ脳科学が発展したとしても、個人の主観的な心の状態は決して解明できないとしています。基本的なメカニズムとそれによって生み出される個々人の心を明確に分けています。

これらの解説によって、従来の心と脳に関する唯物論と二元論の対立は、このあたりの適切な区分なしに不毛な論争をしあっているのだと警鐘を鳴らしています。


前著「生存する脳」の延長線上の理論であること、前著と比べて脳科学の専門用語を多様していることから、本書を読むには前著を事前に読んでおくことをお勧めします。


なお、本書では参考文献は掲載されていません。著者は科学者ですので参考文献を割愛することは考えにくいです。したがって、邦訳段階で削除されたのだと思います。前著では参考文献を邦訳せず、本書では参考文献そのものを削除しています。この編集・出版姿勢は許容できるものではありません。出版社・訳者には猛省して頂きたいと思います。ただ、このような欠陥を相殺して余りある内容の良さですので、評価は下げていません。


(2009/6/5再読によりレビュー更新)

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP