FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

世界一わかりやすい日本憲政史 明治自由民権激闘編/倉山満



★★★★★

日本人は議会制民主主義制度を使いこなせるのか?

第日本帝国憲法が1889年(明治22年)に施行され、
1890年(明治23年)に施行されると、第1回帝国議会が召集されました。

その時点からすでに帝国議会は無茶苦茶です。
買収・裏切り・殺し合いなど、なんでもありです。
元老院がなければ終わっていたでしょう。

更に伊藤博文がいなければ、
このような帝国議会のありさまでは、
日清・日露戦争の勝利はなかったでしょう。

そして日露戦争勝利後には、
ほっとしたのか、平和ボケになってしまい、
ここから日本が凋落への道へと一直線に進んでいきます。

現在の衆議院・参議院でも、
殺し合いはさすがにないでしょうが、
やっていることは大して変わりません。
しかも元老院がありませんので、誰もとめられません。
更に本来、「警告する権利」「激励する権利」「相談を受ける権利」を持っている天皇陛下ですが、
内閣法制局による歪曲解釈とその言いなりになっている政権によって、
これも行使できなくなっています。

議会制民主主義は独裁政治や全体主義よりはましなだけ(官僚独裁も含む)
議会制民主主義は金や利権に弱い
議会制民主主義は衆愚政治に堕しやすい(悪いポピュリズム)
といった特徴を持っています。

日本人はあるべき議会制民主主義制度を使いこなせるのでしょうか?

本書を読んでそんなことを思いました。

ただ思っているだけでは駄目なので、
どうすれば使いこなせるのか考えなければなりません。

そこで、
議会活動での議員の質疑応答・官僚答弁を国民に晒す
(本会議・全委員会をネット配信、アーカイブ保存。バカ議員・官僚にはSNSでの反論に活用など。ニコ動も可)
政党・議員の収支&用途を統一フォーマットでネットに開示する
(Excelでのダウンロード化。反日議員の炙り出し、バカ議員と利権で繋がっている企業の不買運動に活用など)
など、
一応国民が選んだ議員を、国民がチェックするための情報を開示し、
次の選挙での投票行動につなげる判断材料にすることは最低限必要でしょう。
ポピュリズムにはなりますが、
良いポピュリズムに繋がれば元老院の機能を代替できるかもしれません。

バカよさらば - プロパガンダで読み解く日本の真実/倉山満



★★★★★

左下からも右下からも騙され続ける日本人

戦後70年以上も経って、未だにGHQのWGIPに騙され続ける日本人。
そのWGIPで利権を得ている日本人に騙され続ける日本人。
左下の日本人と、それによる反日プロパガンダに騙され続ける日本人。
右下の自称保守安倍信者と、それに騙され続ける日本人。

庶民だけでなく、政治家にもこのような人たちはたくさんいます。

これらの日本人の目を覚ますために本書は書かれたのだと思います。

日露戦争に勝利するまでは、日本はプロパガンダが得意な国でした。

今のままでは騙され続け、日本は世界から見向きもされなくなり、
チャイナに食い荒らされるでしょう。

チャイナ・ダブルコリア以外のアジア諸国からは、
日本がアジアの盟主に復活してほしいという声が高まっています。

また、チャイナを封じ込めるための日米同盟強化に向けても、
日本は真の意味で自主独立したうえで、パワーを持たなければなりません。
プロパガンダもその一つです。
相手に言うことを聞かせるためにも、相手に騙されないためにも。

騙され続けている場合ではありません。
本書を読んで目を覚ましましょう。


反日プロパガンダの近現代史:なぜ日本人は騙されるのか/倉山満



★★★★★

反日プロパガンダを最も行っているのは日本人

最近読んだのですが、発売は2014年の本ですので、
反日プロパガンダについての復習と整理という位置づけになるでしょうか。

倉山4分類でいう、
左下による反日プロパガンダ(国内でも、チャイナ・韓国・国連機関へのご進駐などでも)は酷いものですが、
右下による政権絶対擁護による結果としての反日プロパガンダ(政権と日本は違います)も酷いものです。
そしてこの左下と右下との低レベルの言い争いにより、
左上が漁夫の利を得、本来日本にとって必要な右上の勢力が育つことを妨げています。

昔の日本はプロパガンダに長けていました。
その能力を一刻も早く取り戻し、
反日プロパガンダを駆逐し、
日本としてホワイトプロパガンダを国内・世界に向けて発信するよう力を注ぐことが求められます。

そのためには、
本来の日本とは何か、
日本の歴史の事実はどうだったか、など
についての教養を身につけたうえで、
情報を正しく精査する能力を身につける必要がありますね。

【増補版】理論近現代史学/藤 誠志



★★★★★

ついに一般書籍化されましたね

アパホテルに置いてある
「理論 近現代史学Ⅱ 本当の日本の歴史」がメディアで話題になったころ、
いったい何を批判しているのだろうと素朴に疑問を感じ興味を持ちましたので、
通勤途中に途中下車してアパホテルまで行って購入しました。

ホテルのフロントで購入しましたので、
「反響はいかがですか」と尋ねたら「日本人の方には好評です」との回答を頂きました。

本レビューは、一般書籍化される前のアパホテルでしか購入できなかったバージョンについてのものです。

数年前ならともかく、今では当たり前のことが普通に書いてある本です。
従軍慰安婦や南京大虐殺が捏造であることの指摘、
ルーズベルト大統領の策略にはめられた日米開戦と敗戦、
GHQのWGIPによる日本洗脳の呪縛からの解放、
積極的平和主義とそれに向けた憲法改正の必要性、
歴史戦・情報戦の体たらくへの喝と世界に向けた強力なマーケティングの推進、
などです。

個人的に特に気になったのは、
歴史戦・情報戦の体たらくへの喝と、世界に向けた強力なマーケティングの推進についてでした。
著者は、外務省にはもう頼れないので、マーケティングが得意なユダヤの方々にお願いしたらよいと提言しています。
確かにこれまでの歴史戦・情報戦に対しては日本はほぼ無策・不作為だったと思います。
日本政府・外務省は事実を根拠に正論をしっかりと訴えて、世界の誤解を解かなければならないと思います。
日本の伝統文化では「沈黙は美徳」ですが、グローバルでは「沈黙は異議なし」ですので。

なお、ホテルバージョンでは、日英並記ですので、
日本語が読めない方にも読んで頂き、日本の正しい歴史、正しいあり方を理解して頂けるよう配慮されています。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP