FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

学校では教えられない歴史講義 満洲事変/倉山満



★★★★★

満州事変はバカな日本人による自滅への一歩

本書を読んで唖然としました。
100%バカな日本人による自滅ではないですか。
そして、このまま大東亜戦争に突入して第日本帝国を滅ぼしてしまうとは。
全く言い訳のしようがないですね。

まともな頃の大日本帝国が存在し続けていたら、
ソ連やチャイナ共産党などほとんど脅威ではなかったでしょうし、
国内の反日左翼勢力などほとんど存在しなかったでしょうし、
アジア、ひいては世界はもっと平和だったでしょう。

憲政の常道が機能していないと、
悪いポピュリズムにより国が滅んでしまうということがよくわかりました。

正論が正論として通らない世の中も、
国を滅ぼしてしまう原因になることがよくわかりました。

今の日本が全く変わらないのは、この反省が全くないからなんでしょうね。
今般の中共肺炎での日本政府の対応を見ていると、よりバカになっているのではないかと思わされます。

東京裁判史観・自虐史観とは全く逆の理由で、反省し、学び、活かし、
日本を日本として復活させなければなりませんね。

国民が知らない 上皇の日本史/倉山満



★★★★★

恥ずかしながら知らないことだらけでした

歴史ドラマで登場する上皇のイメージや、
虎ノ門ニュースでの竹田恒泰氏の解説以外、
上皇についての知識・歴史については、恥ずかしながら全く知りませんでした。

本書の内容は、ほぼ知らないことだらけでした。
読んで本当に良かったと思います。

知らないこと自体は自分の責任なのですが、
天皇・皇室についての正しい知識・歴史を学ぶ授業が義務教育にないのはおかしいと思います。
明らかに文部科学省の積極的不作為ではないでしょうか。
こんな省は要りません。現在の学習指導要領も要りません。教科書検定も要りません。

明治天皇の世界史 六人の皇帝たちの十九世紀/倉山満



★★★★★

皇帝を戴く国家の19世紀の比較論

他国との相対比較で、明治天皇時代の日本を論じるというのは興味深い企画ですね。
比較することで各国の特徴や興亡の理由がより明確になるからです。

比較対象は、19世紀に皇帝を戴いていたイギリス・オーストリア・ドイツ・ロシア・チャイナです。

そして、日本とイギリスだけが19世紀を生き抜いたとのことです。

理由は、
オーストリア・ドイツ・ロシアが立憲君主制ではなく、親政であったこと(責任が君主に跳ね返ってくる)
ロシア・チャイナが文明国ではなかったこと(人を殺してはいけないという建前が通じない)
日本・イギリスだけが民主主義であったこと(政府の批判をしても殺されないこと)
ということです。

また、
著者の『天皇がいるから日本は一番幸せな国なのです』で、
世界比較で立憲君主制が最も安心な国を作ることができる
立憲君主制を廃止した国はことごとく不幸になっている
とありました。

ですので、日本・イギリスが立憲君主制を貫いたことも理由となります。

その上で、
明治天皇が賢君であり、「影法師」徳大寺実則侍従長が賢臣であるという、
立憲君主制最高の組み合わせが、明治天皇御崩御まで続いたことが、
明治日本にとっての強みでした。

一方で大東亜戦争ではどうだったか。
昭和天皇は賢君であったが、政権が愚鈍であったために、
第日本帝国は消滅しました。

ただし終戦の決断においては、
鈴木首相による大政奉還により、帝国憲法の規定に従い御聖断を下したことで、
昭和天皇が亡国から日本を救いました。

天皇陛下がいらっしゃらなければ、日本は存在し得ません。
天皇陛下がいらっしゃることで、日本は存在し得ます。

天皇陛下が日本で最も、日本と日本国民を愛していらっしゃることは間違いありません。

しかし今、臣下である政権が愚鈍であることで、日本は最悪な状況です。
賢臣と呼ばれるに相応しい政権・政治家を国民一人ひとりが、十分に吟味して選ぶ必要があると思います。
それが立憲君主制を上手く機能させるための、正しい民主主義制度の使い方ではないでしょうか。

あと愚鈍な政権は、自ら恥を知る能力を持つ必要があります。
そして自ら愚鈍であると自覚し恥じることができたら、
平時であれば内閣総辞職、有事であれば大政奉還すべきではないでしょうか。

検証 検察庁の近現代史/倉山満



★★★★★

絶対視すべきは人間のIntegrity(真摯さ)

本書を読んで、最初に浮かんだのは、
P.F.ドラッカー氏が著書『マネジメント』において、
世の中で初めて組織経営の世界に訴えた上記の言葉です。

『マネジメント』では以下のように続きます。
Integrityを絶対視して、初めてマネジメントの真剣さが示される。
それは人事に表れる。
リーダーシップが発揮されるのは、Integrityによってである。
範となるのも、Integrityによってである。
Integrityは、取ってつけるわけにはいかない。
Integrityはごまかせない。
IntegrityよりもIntelligenceを重視する者は、マネジメントの地位につけてはならない。
Integrityにかける者は組織を破壊する。組織にとって最も重要な資源である人を破壊する。
組織の精神を損なう。成果を損なう。

検察庁が人で構成される組織である以上、
派閥抗争・政治の圧力などいろいろあるでしょうが、
まずは、Integrityの絶対視から始めてもらいたいと思います。

本書そのもののレビューにはなっていませんが、ご了承くださいませ。

検証 財務省の近現代史/倉山満



★★★★★

眼から鱗!

本書を読むまで、財務省(旧大蔵省)、特に主計局は日本の諸悪の根元の一つだと思っていました。
しかし、本書を読んでからは、それはここ40〜50年ぐらいのことで、
それまでは明治政府設立以来、国益のために闘う優秀な官庁だったことがわかりました。

そういえば、高橋洋一氏著『戦後経済は嘘ばかり』でも、
日本の高度成長期の後期において、為替の固定相場制が変動相場制になり、
円高不況になるのを為替介入によって防いだのは当時の大蔵省だったと書いてありました。

それが、今のような硬直的な省益最優先で国民に嘘の情報を信じ込ませるようになったのは、
田中・三木・竹下らの国益を考えない傍若無人な財政政策と強力な圧力に屈したことへの、
危機感からくるものが、敗北感・屈辱感などによって屈折したかたちであらわれているようです。
さらに、日銀法改悪による財政・金融の分離によって縦割り行政が更に硬直化し、
財務省と日銀が互いを敵対視するようになってしまったことも原因のようです。

これでは財務省としては、
いくら政府が国債発行による財政出動を促されても、政府を疑わざるを得ないでしょうし、
日銀との協調が必要な国債発行によるリフレ政策を促されても、政府を疑わざるを得ないでしょう。
となれば、意固地になって財政規律を訴え、財源が足りなくなれば増税を訴えるようになるのも理解できます。
※だからといって全く納得はしていません。
問題は原因をつくった政府・国会にあります。

著者の解決策は本書に書いてありますが、
私なりに補足すると、
日本を本来の意味で自主独立し、繁栄させ、国民を幸福にできる明確な国家大戦略(DIME)を打ち立てる
国家大戦略を命懸けで実現する覚悟のある強い意志を持った政権を樹立し、目標達成に邁進することで長期政権を担う
日銀法を改正し、日銀の独立性はあくまでも戦術レベルであり、戦略・命令系統は政権に従属するようにする
日銀の達成目標に失業率低下、賃金上昇率を加える(インフレターゲットの最終目標はこれなので)。
※高橋洋一氏の提言を参考
日銀の通常のオペレーション方法を自動化(指標変動に基づいて自動的に国債売買を行う。AIでの代替も可)する。
※ミルトン・フリードマン氏や高橋洋一氏の提言に基づく

真に国益を貫く真剣な政権が真摯に政策を実行すれば、
真に国益を考える真剣な財務官僚も真摯に職務を全うするのではないでしょうか。

世界一わかりやすい日本憲政史 明治自由民権激闘編/倉山満



★★★★★

日本人は議会制民主主義制度を使いこなせるのか?

第日本帝国憲法が1889年(明治22年)に施行され、
1890年(明治23年)に施行されると、第1回帝国議会が召集されました。

その時点からすでに帝国議会は無茶苦茶です。
買収・裏切り・殺し合いなど、なんでもありです。
元老院がなければ終わっていたでしょう。

更に伊藤博文がいなければ、
このような帝国議会のありさまでは、
日清・日露戦争の勝利はなかったでしょう。

そして日露戦争勝利後には、
ほっとしたのか、平和ボケになってしまい、
ここから日本が凋落への道へと一直線に進んでいきます。

現在の衆議院・参議院でも、
殺し合いはさすがにないでしょうが、
やっていることは大して変わりません。
しかも元老院がありませんので、誰もとめられません。
更に本来、「警告する権利」「激励する権利」「相談を受ける権利」を持っている天皇陛下ですが、
内閣法制局による歪曲解釈とその言いなりになっている政権によって、
これも行使できなくなっています。

議会制民主主義は独裁政治や全体主義よりはましなだけ(官僚独裁も含む)
議会制民主主義は金や利権に弱い
議会制民主主義は衆愚政治に堕しやすい(悪いポピュリズム)
といった特徴を持っています。

日本人はあるべき議会制民主主義制度を使いこなせるのでしょうか?

本書を読んでそんなことを思いました。

ただ思っているだけでは駄目なので、
どうすれば使いこなせるのか考えなければなりません。

そこで、
議会活動での議員の質疑応答・官僚答弁を国民に晒す
(本会議・全委員会をネット配信、アーカイブ保存。バカ議員・官僚にはSNSでの反論に活用など。ニコ動も可)
政党・議員の収支&用途を統一フォーマットでネットに開示する
(Excelでのダウンロード化。反日議員の炙り出し、バカ議員と利権で繋がっている企業の不買運動に活用など)
など、
一応国民が選んだ議員を、国民がチェックするための情報を開示し、
次の選挙での投票行動につなげる判断材料にすることは最低限必要でしょう。
ポピュリズムにはなりますが、
良いポピュリズムに繋がれば元老院の機能を代替できるかもしれません。

バカよさらば - プロパガンダで読み解く日本の真実/倉山満



★★★★★

左下からも右下からも騙され続ける日本人

戦後70年以上も経って、未だにGHQのWGIPに騙され続ける日本人。
そのWGIPで利権を得ている日本人に騙され続ける日本人。
左下の日本人と、それによる反日プロパガンダに騙され続ける日本人。
右下の自称保守安倍信者と、それに騙され続ける日本人。

庶民だけでなく、政治家にもこのような人たちはたくさんいます。

これらの日本人の目を覚ますために本書は書かれたのだと思います。

日露戦争に勝利するまでは、日本はプロパガンダが得意な国でした。

今のままでは騙され続け、日本は世界から見向きもされなくなり、
チャイナに食い荒らされるでしょう。

チャイナ・ダブルコリア以外のアジア諸国からは、
日本がアジアの盟主に復活してほしいという声が高まっています。

また、チャイナを封じ込めるための日米同盟強化に向けても、
日本は真の意味で自主独立したうえで、パワーを持たなければなりません。
プロパガンダもその一つです。
相手に言うことを聞かせるためにも、相手に騙されないためにも。

騙され続けている場合ではありません。
本書を読んで目を覚ましましょう。


反日プロパガンダの近現代史:なぜ日本人は騙されるのか/倉山満



★★★★★

反日プロパガンダを最も行っているのは日本人

最近読んだのですが、発売は2014年の本ですので、
反日プロパガンダについての復習と整理という位置づけになるでしょうか。

倉山4分類でいう、
左下による反日プロパガンダ(国内でも、チャイナ・韓国・国連機関へのご進駐などでも)は酷いものですが、
右下による政権絶対擁護による結果としての反日プロパガンダ(政権と日本は違います)も酷いものです。
そしてこの左下と右下との低レベルの言い争いにより、
左上が漁夫の利を得、本来日本にとって必要な右上の勢力が育つことを妨げています。

昔の日本はプロパガンダに長けていました。
その能力を一刻も早く取り戻し、
反日プロパガンダを駆逐し、
日本としてホワイトプロパガンダを国内・世界に向けて発信するよう力を注ぐことが求められます。

そのためには、
本来の日本とは何か、
日本の歴史の事実はどうだったか、など
についての教養を身につけたうえで、
情報を正しく精査する能力を身につける必要がありますね。

誰も教えてくれない 真実の世界史講義 中世編/倉山満



★★★★★

中世の世界史の舞台はユーラシア、主役はモンゴル・イスラム

教科書では、中世の世界史はチャイナとヨーロッパですが、
これはただ単に世界史教科書を執筆・編纂している方々の専門がそうである、
というだけの理由であり、事実がそうである、ということでは全くありません。

中世の世界史の舞台はユーラシア、主役はモンゴル・イスラムです。

日本は、賢明にも殺し合いの続くユーラシアからさっさと離れましたので、
ユーラシア側から手を出してこない限り世界史には登場しません。

チャイナは列強に囲まれ、多民族の侵略を含めた易姓革命を繰り返し、
プロパガンダとは逆に中華とは全く言い難い状況がずっと続きます。
宮脇淳子氏によれば、
チャイナが「中華」を言い出すときは自分達が弱体化したときだそうです。

ヨーロッパでは、十字軍を代表とした宗教の名の下の殺戮が繰り返され、
イスラムが保存していたギリシャ・ローマ時代の遺産がなければ、
ルネッサンスを迎えることなど到底無理でした。

チャイナもヨーロッパも
自分たちの都合の良いように歴史をプロパガンダしますし、
それにかぶれた日本の歴史学者が教科書を作ります。
それに騙されないようにしなければなりませんね。

世界一わかりやすい地政学の本/倉山満



★★★★★

地政学は必須科目ですね

本書も含めて地政学の本は何冊か読んだのですが、
いずれも地政学の重要性について痛感させられました。

本書では世界の近現代史を地政学を通して分析しています。
地政学を通して近現代史を紐解くと各国の構図がよく見えてきます。

地政学を重視した国は勝利し、地政学を無視した国は負けています。
明治の大日本帝国も日露戦争勝利までは地政学を重視していました。
しかしその後、浮かれたのか、ほっとしたのか、地政学を重視しなくなり、
どんどんおかしくなっていって最後は大東亜戦争の敗戦・敗戦後の占領統治です。

サイバー戦や宇宙戦の時代に入ってきてはいますが、
地政学的な視点は今でも非常に有益なものだといえるでしょう。
また各国の動きについて、点でみるのでは無く、
線、さらには面でみるためにも地政学は必要なツールだといえるでしょう。

地政学は分析するためのツールであり、想像するためのツールでもあると思います。
少なくとも高校ぐらいで社会科の必須科目にすべきだと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE