FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

国のために死ねるか/伊藤祐靖



★★★★★

死とリアルに向き合うことの大切さ

死とリアルに向き合うことで、色々と考えさせてくれる本でした。
死と向き合っていない自衛隊が日本と日本人を本当に守り抜くことができるのか?
一方で自衛隊に死を伴う命令を下す程、日本は愛するに足る国家なのか?
政治家や官僚は現場自衛官と同じくらいの緊張感を持って国益のために働いているのか?
などなど

右や左の薄っぺらい言動が一瞬で吹き飛ばされるような、本質に迫ってくる内容でした。

日本の軍事力/中村秀樹



★★★★★

日本国民が自衛隊を守ることで、 はじめて自衛隊が国民を守ることができるようになるのではないでしょうか。

本書を読んで現在の自衛隊の実態に愕然としました。
憲法9条を始めとした各種法律による制約でで、
まともな軍隊としての自衛活動ができないことは知っていましたし、
現在の陸海空自衛隊の編成が日本と日本人を守るためではなく、
在日米軍を守るためのものであることも知っていました。

しかし、
防衛省では、
シビリアンコントロールの名の下に現場に出ない文官がいばり散らしていること、
防衛大でクラウゼウィッツも孫氏も教えていないこと、
防衛大に左翼勢力が存在すること、
大東亜戦争を含めた戦史の研究や教訓を踏まえた学習がなされていないこと、
また自衛隊そのものも、
お役所体質になっていること、
平和ボケしていること、
東京裁判史観から脱却していないこと、など
有事の際に自国を守ることなどできそうもないことが
国家安全保障上、暴露して大丈夫かというぐらい、
本書で露わにされています。

多分、自衛隊を軍隊ではない、
とする政治側の無理筋の解釈が続いたことが根本原因ではないかと思います。

自衛隊を軍隊として明確に定義した上で、
名は体を表すと言いますので、名称も国防軍と改名し、
軍法・軍事法廷もしっかりと整備し、
自衛官も叙勲の対象とし(今は対象外)、
本書で挙げられている自衛隊改造計画を積極的に検討するなどし、
これに必要な法整備を行うことが待った無しだと思われます。

大事なことは、
国防に必要なことを実行するのは政府、
国防に必要なことを決定するのは国会、
民主主義国家である日本で国会議員を選挙で選ぶのは国民。
ですので、
自衛隊に日本と日本人を守る力を与え、
実際に守り抜いてもらいたいのであれば、
国民一人ひとりがその意思を選挙で表すことが必要になります。

そのためには、
自衛隊に日本と日本人を守らせたくない勢力による、
反日プロパガンダ・反日工作を見抜き、惑わされないようになることが肝要でしょう。
反日売国野党・メディア・学術界・教育界・法曹界・労働組合・市民団体など、
反日プロパガンダ・反日工作を仕掛けている勢力は少なくありません。
モリカケ問題追及などその典型例でしょう。

日本国民が自衛隊を守ることで、
はじめて自衛隊が国民を守ることができるようになるのではないでしょうか。

軍事のリアル/冨澤 暉



★★

元陸幕長がこの程度で日本は大丈夫なのか?

集団安全保障と集団的自衛権の違いについては、勉強になりました。

ただ、それいがいについては得るものはありませんでした。
あくまでも陸上自衛隊至上主義的な考え方が貫かれており、
現在のあるべき陸海空&宇宙・サイバーの体制については何の知見も得られませんでした。
また、孫氏の兵法も「敵を知り己を知れば百戦して危うからず」以外は知らないようで、
この程度の知識で陸幕長が務まったことにある種の怖さを感じざるを得ません。

自衛隊は現場の士気・能力は高いといわれていますが、
指揮官がこの程度では、先が思いやられます。
現在はもっとまともな幕僚長が着任されていることを祈るばかりです。

国家の本音/田母神俊雄



★★★★★

田母神氏は愛国精神を持った国士だとわかりました。

日本の源流・伝統、大東亜戦争の真実、東京裁判史観・自虐史観という洗脳、最近の国際情勢など、
ここ数ヶ月、学校では教えられていない日本の真の姿を知りたくて様々な方の本を読んできました。
一通り読み終えたのですが、実際に最前線で日本と日本人を守ってくださっている自衛隊の方の本を読んでいないことに気づきました。
そこで誰の本を読もうかと考えているうちに、制服組トップを担い、かつ世間では右翼と言われている田母神氏の本を読んでみようと思い当たりました。
制服組トップであった方であれば、日本の安全保障の真の姿をご存知だろうし、
また右翼と言われているからには、極端であっても主張に筋が通っているはずだ、との推測からです。

そして実際に本書を読んで見ました。
感想としては、一つのことを除いて推察通りの内容でした。
外れた一つというのは、著者は所謂右翼などではなく、
日本と日本人を本気で守ろうとしている愛国精神を持った国士だということです。

本書での主張は愛国者として首尾一貫したものであり、
かつ制服組トップ経験者としての冷静な判断能力に基づくものでした。
本書での主張についてはほとんど納得できるものでした。

ただし、談合・天下り・年功序列の推奨は納得できません。
弱いものを助けることは必須ですが、怠惰なものを助けるべきではありません。
怠惰なものを助けてしまうと、日本全体の品質がさがりますので。

また、小泉構造改革における郵政民営化の全面反対も納得できません。
アメリカからの圧力がかかったからというのが理由のようですが、
それを持って全面的に反対するのはどうかと思います。
郵政民営化には功罪いろいろあると思いますが、
財政投融資の排除、サービスレベルの向上等国民にとってのメリットは確実に存在しますので。

著者と比べると、日本の政治家は日本と日本人を守り抜くという覚悟と決断力がまだまだ足りないですね。
大東亜戦争の敗因の一つに難局を冷静に分析し的確な指示をだせるリーダーが不在だったというものがありますが、
現在の日本も同じような状況に陥っているのではないでしょうか。
安倍首相はこれまでのリーダーよりはましですが、いろんな勢力・制約を突破できるには至っていません。
反日左翼政党だけでなく、政権与党内にも媚中媚韓勢力・己の利権・保身だけを考える勢力など少なくありません。
著者が主張しているように、愛国精神の強い勢力が安倍首相を応援する必要があると思います。

本書に出逢うことができて良かったです。
メディアが垂れ流してきた著者へのレッテル貼りの洗脳からも離脱できました。

国土と安全は経済で買える/上念 司



★★★

戦略と戦略的思考の脆弱な日本と日本人への警鐘

タイトルと内容はともかくとして、
本書は、戦略と戦略的思考の脆弱な日本と日本人への警鐘の本です。

大東亜戦争から現在に至るまで、
上に立つ人材に戦略と戦略的思考がなく、
それを補うために下にいる人材に精神論での活動を強要する、
という状況が続いています。

大東亜戦争の上に立つ人材の愚かさについては、
小林榮太郎氏の「一気に読める「戦争」の昭和史」で詳しく述べられています。

また、企業における上に立つ人材の愚かさについては、
最近の日本企業の体たらくをみれば、明らかでしょう。
また、企業として最も大事な戦略策定をコンサルティング会社に丸投げしているとことで、
既に終わっていると思います。

更に、政治においては、
第二次安倍内閣は
リベラル野党のくだらない反対・反日活動や、自民党内の隠れリベラルや利権集団の抵抗にあいながらも、
よくやっていると思いますが、
それまでは日本や日本人の利益ではなく、政治家自らの利権のための政治活動が目立ち、
戦略や戦略的思考などほとんど見聞きしたことすらありませんでした。

このような状況下で、
本書のように日本の安全保障と絡めて戦略・戦略的思考の脆弱性に警鐘を鳴らすことは、
重要なことだと思います。

ただし、当の著者に高度な戦略的思考があるのかどうかは保留にしたいと思います。
なぜなら、
まず、著者の挙げたロシア、インド、トルコ、ベトナムと組むということは著者でなくても思いつきます。
それ以前に日本と同盟を組むべき国は如何なる基準で選ぶのか、を明確にすることが求められます。
また、経済面だけで繋がった国とは日本の経済が少しでも相対的に弱くなれば、関係は最悪逆転します。
志那と半島が良い例だと思います。
更に、相手の国が価値観を共有し、かつ相手の国から日本と対等に組みたいと思われなければなりません。
そうでなければ、いくら戦略が良くても絵に描いた餅です。
そのうえ、戦略は実行されて初めて意味を持ちます。
戦略を実行するための能力、例えば国家間のタフな交渉力は果たして今の日本に本当にあるのでしょうか。
そして、味方を増やす戦略だけでなく敵と対峙する戦略も必要です。
少なくとも本書では、今すでに起きている危機に対する対処法は書かれていません。
最後に、海外を見渡すだけでなく、国内も見渡したうえでの戦略が求められます。
海外の国々と同盟を結ぶだけでは国内での安全保障問題は解決されません。
このあたりがはっきりしないので、★を減らしました。

なお、本書の関連でいえば、
麻生太郎氏の「自由と繁栄の弧」も参考になると思います。

また、地政学的な観点から更に深堀したい方には、
藤井厳喜氏「最強兵器としての地政学」がお勧めです。
というより本書よりもかなり論理的かつ実効的だと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP