FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

逃げる力/百田尚樹



★★★★★

闘う力、逃げる力、決断する力

著者の「戦争と平和」で、
日本人は闘うことに向いていない民族だとの指摘がありました。
ですから余計に、意識して闘う力、逃げる力、いずれかを決断する力を磨く必要があるのではないか、
と本書を読んで思いました。

本書は「逃げる力」ですが、闘う力、決断する力とセットだと思います。
これらが合わさって初めて逃げる力の本領が発揮されるのではないかと思いました。

あと日本人の弱みとしては戦略構築力の無さだと思います。
逃げるためにも上手い逃げ方を考えなければならない場合もあるでしょう。
これについては最近出版された、デレク・ユアン氏著「真説 - 孫子」がオススメです。

大富豪の投資術/マーク・モーガン・フォード



★★★★★

分厚い本ですが、読みやすいです

分厚い本ですが、
章ごとに大切なことがわかり易く書かれており、
読みやすいものになっています。
日本には合わない部分もあるのですが、
そこを読み飛ばしても、役に立つ情報が豊富にあると思います。
着実な投資方法について学びたいのであれば、先ず本書を読んでみる、
というのが良いのではないか、と思います。

ワークシフト/リンダ・グラットン



★★★★★

「既に起こった未来」で、何を如何に選択すべきか

本書は、既に起こった未来を5つの要因と関連する32の現象を綿密な調査であぶり出し、
これらを基に暗い現実の「漫然と迎える未来」と明るい現実「主体的に築く未来」のシナリオを提示し、
明るい現実に進むためには、既存の枠組みに囚われず5要因32現象を踏まえて、
・ゼネラリスト⇒連続スペシャリスト
・孤独な競争⇒協力して起こすイノベーション
・大量消費⇒情熱を傾けられる経験
へとシフトしなければならない、その際にはリスクを覚悟で厳しい選択(何を捨てるか)しなければならない、
と読者に問いただしているものです。


400ページ弱の大著ですが、この分量の本にしては、かなり読みやすい部類に入る思います。
コアとなるメッセージが骨太で、全体にわたってロジカルに構成され、随所にストーリーが挿入されていること、などが読みやすい理由なのだと思います。

また、エピローグでは、「子どもたちへの手紙」「企業経営者への手紙」「政治家への手紙」を挿入しています。
これらの「手紙」は本書のエッセンスが凝縮されていますので、本書を振り返るときに手軽に役に立ちます。


現在働いている方々、これから働こうとする方々、既にリタイアしている方々、どなたにとっても本書は有益な知識を与えてくれると思います。

また、団塊以上の方々が築き上げた(当時は機能した)負の組織構造を創造的破壊し、彼らの呪縛から解き放たれるためにも役立つものだと思います。


ただ、心理学者のエイブラハム・マズローの5段階欲求説を盲目的に信じていることが、少し気になりました。
マズローは、ある欲求の段階が満たされたら自然に上位段階に欲求が移行する、という旨の理論を提示していますが、金・商品・地位・名誉の欲求は自ら断たない限り増幅し続けることは現実世界をみれば明らかです。また世界3大宗教(仏教、キリスト教、イスラム教)が人間の本質としてこれらのことを2500~1500年以上も前に解き明かしています。
つまり、マズローのいう最高段階の自己実現欲求は自然に生まれるのではなく、自らの意思で生みだす必要があるのです。
一方で著者は、「大量消費⇒情熱を傾けられる経験」へのシフトは厳しい選択だとも言っていますので、マズローの欲求段階説の欠点を十分承知したうえで、あえてわかりやすい説明のために使っているのかもしれません。


なお、本書を読んでいて新鮮さと同時に懐かしさも感じました。
何故だろうと思索したところ3つのことが原因であることがわかりました。

一つは、世の中で既に起こり始めていることから未来を推察した上で提言をするというスタイルは、私のマネジメント知識のコアになっているP.F.ドラッカーがよく採用していたためです。また、本書でモチベーションに触れている箇所は既にドラッカーが指摘しています(ですので、レビュータイトルにドラッカー著書のタイトルを拝借させて頂きました)。

もう一つは、本書でも何箇所か登場しますが、スマントラ・ゴシャールの『個を活かす企業』を10年以上前に読んでいたことです。この本は本書でのコアになるメッセージと同等のものを企業経営側から提言した本です。この本を読んでから人事制度改革の提案書や評価制度にこれらの要素を挿入することが何度となくありました。

最後は、本書のシフトの方向性が、スティーブン・R・コヴィーの『7つの習慣』に似ていたためです。この本はベストセラーですから余計な説明は不要だと思いますので、世界中の哲学・思想から共通項を抽出してまとめた本だということだけ述べておきます。

ただ、これらの本を読んでいる方でも、本書のメッセージは十分価値があると思いますので、併せて読まれるとよいでしょう。

媚びない人生/ジョン・キム



★★★★★

自己の内面に目を向けた自己啓発書

安易な成功本や自己啓発本とは異なり、本書は自己の内面に目を向けた自己啓発書です。

簡単に要約すると、
自己の心を自己の意思で強くしていくプロセスが幸せであり、
それができれば他者や世間、常識から解き放たれて自由を得、幸せになる、
というものだと思います。

人の心や内面にフォーカスしていますので、大乗仏教の教えにも近いところがあります。

なお、何が重要であるかは述べられていますが、
それらをどのようにして個別具体的な活動におとしていくかは述べられていません。
ページ数の制約なのか、それらを自ら考えることこそが大事だからなのか、わかりませんが。

また、「どこかで読んだな」「どこかで聞いたな」という箇所が幾つもありました。
ですので、できれば引用若しくは参照文献が掲載されると良いと思います。

それにしても、著者の講義を直接受けられる学生さんが羨ましいと思いました。

勝間さん、努力で幸せになりますか/勝間和代&香山リカ



★★★★

結構楽しめました

ビジネスや科学の分野の書籍については、基本的に日本人の著した書籍はほとんど読みません。
ですので本書は、勝間氏の本については初めて、香山氏の本については3冊目です。

amazonさんでのレビューは低めでしたので、図書館で借りて読んでみました。

両氏の専門分野が異なり持論も異なるため最終合意には至っていないようですが、
香山氏が常々疑問に思っていることを勝間氏に質問し、勝間氏がそれに答え、
それに対して香山氏が納得するまで勝間氏に食い下がる、といった展開プロセスの中から、
いろんな発想を見て取ることができ、収穫も少なくありませんでした。

また、香山氏の素朴かつ重要な質問について、勝間氏が論理的に回答することで、
文章も読みやすく一気読みすることができました。
香山氏の他の書籍(とはいえたった2冊ですが)と比べても、香山氏の主張がより鮮明になっています。
勝間氏が香山氏のポテンシャルを見事に引き出したと言っても過言ではないと思います。

二人が全く異なる角度から、ヒトの幸せについて考え語り合うことは結構重要なことだと思います。
せっかくの二人の対談が、本書で終わってしまうのは勿体無いですので、今後も続けて頂ければと思います。

生きてるだけでなぜ悪い?/中島義道×香山リカ



★★

タイトルに惹かれた方は要注意

哲学者と精神科医が「生きてるだけでなぜ悪い?」というタイトルで対談するということで、読んでみました。
人文科学と自然科学が融合したときにどんな発想が生まれるのだろうか、と期待していました。

結論としては、本書の内容はタイトルとはあまり関係ないといわざるを得ません。
また対談内容も、どこにでもいる凡百の哲学者と精神科医の雑談程度に過ぎません。
読前の期待は完全に裏切られました。

更に、香山氏の発言からは、「この人本当に精神科医なの?」と思わざるを得ないものが飛び出してきます。

一応、各章の最後に結論めいた文章がありますので、それ自体には価値を見出すことができましたが、
それ以外は、よほど時間が余っている人以外にはオススメできません。

本書のタイトルに惹かれる方々は少なくないと思いますが、
このタイトルに惹かれるのであれば、ひろさちや氏の類書を読まれたほうがはるかに価値があると思います。
なお、ひろさちや氏は仏教評論家ですので、仏教(それも大乗仏教)をベースに全てが語られています。
従って、宗教アレルギーのある方にとっては抵抗があるかもしれません。
ただ、宗教色を出来るだけ排除した本(新書に多い)はそれなりにありますので、
そのような本を選んで読まれたらよろしいのではないか、と思います。
オススメの本は提示できませんが、本のタイトルに仏教用語が使われていないものを探ってみてはいかがでしょうか。

脳にいいことだけをやりなさい/マーシー・シャイモフ



★★★

様々な自己啓発本の抜粋・要約

本書は、様々なタイプの自己啓発手法を集めて要約した本です。

私は自己啓発書にはそれほど詳しくないですので、集められた手法がどれほどの人気・効果があるのかはわかりませんが、
実に様々な手法があるものだなということは認識させてもらいました。

ただ、いずれの手法も要約ベースで書かれているため、実践する際には引用元の書籍を読む必要があるのではないでしょうか。

また、様々な手法のうち、脳科学や心理学の知見があるものについては、記述されていますので、これはこれで参考になるでしょう。


脳科学者の茂木健一郎氏が訳しており、表紙も脳科学の本であるかのようにデザインされていますが、
脳科学の知見を駆使した自己啓発書ではなく、また既存の自己啓発手法の脳科学的根拠の解説書でもありません。

プロフェッショナル・アドバイザー/デービッド・マイスター等



★★★

大事なことが書いてあるのだが。。。

クライアントの信頼を勝ち取るためには、クライアントの「理性」に訴えかけるようにコンテンツを考え抜いて提供すること(WHAT)だけでなく、クライアントの感情に訴えかけるようにコミュニケーションを配慮して提供すること(HOW)も大事である、と問いかけている本です。

コンサルタントにとってロジックが命であることは、コンサルタントの誰にとっても自明であるのですが、一方で人間が感情に支配されている生物である、という事実が疎かにされがちな状況下で、本書の提言は非常に重要なものだといえます。


しかし、以下の点で評価をかなり下げざるを得ませんでした。

先ず、考え抜かれたコンテンツを軽視しているかのような主張がかなり見受けられます。著者等は「そんなことはない」と本文中に断りを入れてはいるのですが、コンテンツを考え抜くことの重要さや難しさを十分に理解しているとはいえない表現が多々見受けられます。
著者等のビジネスが、コンテンツメインのコンサルティングファームを相手にしているため、コミュニケーションに特化することを差別化要因にしているのだろうとは思いますが、コンテンツ(理性)とコミュニケーション(感情)は双璧をなすものだと思いますので、それこそ著者等が訴えているクライアントへの配慮に欠けているのでは、と思わされます。

次に、本書で訴えていることをコンサルタント全員が高いレベルで習得すべきであり、また習得できるという、偏った主張がかなり見受けられます。プロセスコンサルティングやODといった、そもそも人の感情の対処に強みを持って勝負するコンサルタントであれば、本書を読まずとも実践していると思いますので、こちらはさておいて、戦略・組織・業務・制度の構築といった人の理性に強みを持って勝負するコンサルタントであれば、本書で提唱している内容についてはそもそもあまり得意では無い人たちが少なくありません(なので、ハード系のコンテンツを売りにするわけですが)。
人の能力の個人差の半分ぐらいは生まれ持った才能で決まりますので、ハード系が得意な人たちが本書で提唱しているものを全て習得することは困難ですし、一方で得意であるロジカルシンキングも限りある時間の中で磨き続けなければなりません。才能と時間という制約の中で人並みにするためにはここまで、といった段階的な習得プロセスがあればまだいいのですが、そのような提示は全くありません。ここもクライアント個々人への配慮に欠けていると思わされます。

更に、コンテンツを考え抜くコンサルティングファーム・コンサルタント向けに書かれている本にしては、本書の内容が構造化されていません。個々のパートではフレーム等を活用して説明して入るのですが、本書全体が論理的に考え抜かれて整理されたとはとても思えません。従って、かなり読みづらいものになっています。上記でコンテンツを軽視しているのではないか、とコメントしましたが、ここまでくるとコンテンツを考え抜いた経験がないのか、考え抜く力に欠けているのか、と思わざるを得ません。

そのうえ、読みづらさに輪をかけているのが翻訳の酷さです。文章として日本語になっていません。訳者は本書を日本に紹介したいという想いで訳書を出版したとのことですが(この意図自体は賛同します)、そうであるならば、また本書で訴えていることに共感しているのであるならば、翻訳にもっと磨きをかけて読者に信頼されるようにすべきだと想います。


といったように、残念なところが多々あり、評価を低くせざるを得ませんでしたが、これらに目をつぶれば、提言としては重要なことが結構提唱されていますし、習得できるのであれば習得したほうがよいものばかりです。フラストレーションをためる覚悟を持って読まれるのであれば、得るものは少なくありません。



選ばれるプロフェッショナル/ジャグディシュ・N・シース等



★★★★★

真のプロフェッショナルを再認識させてくれる本

本書はクライアントを持つプロフェッショナルがどんな存在であるべきか、そうなるためにはどうすべきか、についてトップレベルのプロフェッショナル、及びこれらのプロフェッショナルを活用しているクライアントへのインタビューや、歴史上の人物についての文献などを踏まえて整理されたものです。

優れたプロフェッショナル(原著ではextraordibary advisor)には7つの特質があり(各々は目次を参照してください)、これらをバランスよく磨いてクライアントにサービスを提供しているということです。
これら全ての特質は一朝一夕に習得することは難しく、また実践することで短期的には売上が落ちることもあるとのことです。しかし、これらを磨いていくことで中長期的にはクライアントとの信頼関係を気付くことができ、長きに渡ってクライアントに使ってもらえるようになる、ということです。

また(程度の問題はあるのですが)、このようにしてサービスを提供することを受け付けないクライアントについては、プロフェッショナルの信念を貫いて仕事を断ることも大事であると述べています。専門知識の提供だけでよい、使い倒して捨てればいい、自分たちの意思決定を追認してくれればいい、下請けとして指示通りに進めてくれればよい、などを求めるクライアントとは付き合わないほうがよいことも提言しています。

更に各々の特質について、スキルアップの方法も概要レベルですが記述されており、また参考文献も掲載されていますので、プロフェッショナルとして研鑽を積みたい方々にとっては有益な本だといえます。

なお原著初版は2000年ですが、古さは全く感じられません。むしろこれからの時代によりクライアントから重視される内容なのではないかと思います。


以下、評者がコンサルタントですので、本書を読んだうえでのコンサルティング業界についての感想です。

規模(売上高や人員数の多さ)を売りにしているコンサルティング・ファームは、短期的な売上や利益の獲得を狙いとして、自ら進んでクライアントの下請けベンダーとなり、使い古された汎用的なソリューションや専門知識を使いまわし、価格競争に陥っているように見受けられます。本書の提言では、このようなことを推進しているファームはまともなクライアントから早晩嫌われるか、既に嫌われているとのことです。

またそのようなファームで働くコンサルタントたちも、評価・昇格・報酬といった人事制度によって、クライアントから嫌われるようなプロフェッショナルになるように圧力を受けており、そのようなプロフェッショナルのみが昇進してスタッフを指導していく、そんな負の連鎖がすでに起きているようです。これでは本書で優秀なプロフェッショナルと対比されている雇われ専門家(原著ではexpert for hire)にすらなれません。単なる御用聞きに成り下がってしまいます。

そんなコンサルティング・ファームのコンサルタントで、いまのやり方に疑問を感じておられる方々には是非本書を読んで、真のコンサルティングとはどのようなものか、について認識を新たにして、まともなキャリア形成をして頂ければと思います。

脳が悦ぶと人は必ず成功する/ 佐藤富雄



★★

あくまでも著者の成功体験

著者の成功体験に基づく発想法を紹介しています。但し、あくまでも著者自身の体験記ですので、全ての人に適したものかどうかは、各自試してみないとわかりません。

また、脳科学の知見をちりばめていますが、断片的であり、引用の仕方も一貫性がないので、成功体験に箔をつけるためにちりばめたのだと思います。

更に、文章が上手く整理されていないので、体験談としては楽しめますが、知識として取り込むにはあまり適しているとは思えません。

発想法のメカニズムについて、またそのスキルを学習するのであれば、ナンシー.C.アンドリーセン「天才の脳科学」がお薦めです。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE