FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

足立無双の逆襲/足立康史



★★★★★

アホばか国会議員を生み出さない制度改正をしないとダメでしょうね

足立さんには、これまで以上に頑張って頂きたいと思いますが、
最終的には、アホばか国会議員を生み出さない制度改正をしないとダメでしょうね。

アホばか国会議員与野党問わず、大別すると以下の3つになると思います。
・反日媚中朝韓利権議員
・既得権益岩盤規制利権議員
・霞ヶ関傀儡利権議員
いずれも国益・国民にとっては百害あって一利なしですね。

このような議員を撲滅する、少なくとも生み出しにくい制度にする必要があるでしょう。

まず、反日媚中朝韓利権議員ですが、以下が効果的ではないでしょうか。
・日本国籍だけを持つ者しか選挙に出られないようにする(立候補時に証明書類提出)
・帰化した人は二世以降からしか選挙に出られないようにする
・国会議員にセキュリティクリアランスを適用する
・スパイ防止法を制定し、国会議員にも厳格に適用する
・外国人・在日外国人個人からの献金を禁止する
・上記違反時は被選挙権を永久剥奪する
なお、これらは国家安全保障上いずれも当然のことであり、人種差別に話をすり替えるべきものではありません。

次に、既得権益岩盤規制利権議員ですが、以下が効果的ではないでしょうか。
・企業・団体およびその構成員(の立場)からの献金を禁止する
・上記違反時は議員資格を剥奪する(国会会期中に発覚した場合でも即時剥奪)

更に、霞ヶ関傀儡利権議員ですが、以下が効果的ではないでしょうか。
・財務省解体
・霞ヶ関の管理職以上の政治任用の拡大
・国会議員と霞ヶ関官僚との会議議事録の必須化と公開必須化(機密保護法と情報公開法とのセットで)

その上で国会での議論の質を高めるために、以下の制度があってもいいと思います。
・衆議院議員選挙(総選挙)では比例代表制をやめる、せめて比例復活を廃止する
・国会内での立法に直接関係ない発言を禁止する
・議員定数をさらに減らして、少数精鋭にする
・国会を欠席したら給料をその分返納する

与野党問わず、アホばか国会議員が少なからずおり、国益を損ねていますので、
早く対策を講じないと日本はどんどんおかしくなっていくと思います。

報道特注(本)/生田 與克・和田 政宗・足立 康史



★★★★★

維新の党のような野党勢力の興隆が日本には必要

本書にあるように、
今の反日売国左翼野党には全く期待しても無駄ですね。
仮に反日売国左翼でないとしても、
自ら法案を出しておいて審議拒否する政党など不要です。

それよりも維新の党のように、
旧来型の自民党のような政官業の利権構造とは対極に位置し、
強力なリーダーの基に志を同じくする自民党議員が集まって勢力を作り、
まともに国益を追求できる野党を誕生させ、
自民党に緊張感を抱かせ、
更には保守二大政党にまで肉薄するようになっていくことが、
日本にとっては幸せでしょう。

永田町アホばか列伝/足立康史



★★★★★

足立さんにしかできないことがある

国会議員の中で足立さんにしかできないことがあります。
無能議員、反日議員、疑惑議員の徹底追及と、
捏造隠蔽を続けるメディアの徹底追及です。
メディアでは足立さんの言葉遣いの酷さだけ切り取って偏向報道するでしょうけれど、
ネットではすべての言動が拡散され追及を求める国民の声が高まります。
日本にとって大切な方ですので、命を狙われるほどの追及は控えていただきたいのですが、
これからも徹底的に追及してください。応援しています。

徹底追及すべき国会議員は野党だけでなく与党にも沢山いますし、
徹底追及すべきメディアや捏造隠蔽記事報道もなくなることはないでしょう。
徹底追及だけでも何期国会議員をされても時間が足りないくらいです。

政策立案能力がないからか、未だにモリカケをやっている野党は日本には不要です。
特に献金を貰って加計問題を捏造して質問し国会を浪費している野党議員は辞めてもらいたいです。

売国議員/カミカゼじゃあのwww



★★★★★

著者・出版社に感謝と敬意。真の愛国と売国を考える契機に!共産主義は日本と日本人の敵!国家安全保障問題として対処しましょう!

共産主義反日売国プロパガンダ機関であるメディアが、
報道しない自由という名の隠蔽によって、
決して国民に知らせようとせず、隠し通そうとしている、
自分たちの同志である共産主義反日売国議員とその国家破壊工作について、
本書の執筆・出版によって日本国民に真実を伝えるという行為に対して、
著者と出版社に感謝と敬意を表したいと思います。

本書には捏造も偏向も隠蔽もありません。検証可能なエビデンスがあります。
南京大虐殺・従軍慰安婦強制連行・モリカケを捏造した、朝日とは違うのだよ、朝日とは!

超要約すると、
反日共産主義独裁国家とその属国の工作員として、
日本をこれらの国の属国・属州にするために、
日本で共産主義破壊活動を行っているということになるでしょうか。

この連中の本質は、共産主義革命を起すことです。
すなわち、国家を破壊し、国民を弾圧し、意に沿わぬ人々を殺害し、独裁体制を確立することです。
共産主義が如何に人類にとって残虐な思想であるかは、旧ソ連・チャイナ・コミンテルンがやってきたことを振り返れば明らかです。
綺麗事をいろいろ挙げ連ねたり、好感の持てる名称を団体名にしたりしていますが、微塵たりとも惑わされてはなりません。
また政党も複数ありますが、根は同じで内ゲバで分かれているに過ぎないと思っておいた方がいいでしょう。
この連中が安倍政権を批判する際の乏しい語彙(独裁・弾圧・戦争、など)をみれば彼らの思考がわかるでしょう。
更に、この連中の稚拙な論理破綻した感情むき出しの発言には軽蔑するしかないのですが、決して侮ってはなりません。
このような発言しかできない連中ほど、すぐに論破されますが、論破されるとすぐに暴力に走りますので危険です。
そのうえ、この連中が喚き立てる「世界中が批判」の「世界」は、反日共産主義独裁国家とその属国だけのことです。
すなわち、世界中に200を超える国家がある中で、この連中の頭の中にあるのはたったの3カ国だけということです。

なお、この連中の正体をより詳しく知りたい方には以下の本がおススメです。
河合栄治郎氏
マルキシズムとは何か
江崎道朗氏
日本は誰と戦ったのか
コミンテルンの謀略と日本の敗戦
コミンテルンとルーズヴェルトの時限爆弾―迫り来る反日包囲網の正体を暴く
小川榮太郎氏
天皇の平和 九条のの平和

ですので、彼らの言動全てが反面教師であり、
この連中と、その背後にいる反日共産主義独裁国家とその属国が批判していることを常に選択することで、
日本は強くなることができるということになります。
反日共産主義独裁国家とその属国への抑止力を高めることができます。

本書が数多くの日本国民の方々に読んでいただけるといいですね。
メディアが隠蔽してきた真実を多くの日本国民が正しく理解して、
それが尊い一票に繋がって選挙で反日売国候補者が落選するに至る、
これが日本に求められる民主主義だと思います。

反日売国野党については、よくわかりましたので、
次は与党の中にいる反日売国議員や霞が関にいる反日売国官僚を炙り出していただきたいと思います。
憲法9条改正反対派とか抑止力予算倍増反対派とか日中議連とか日韓議連とか、
日銀の金融引き締め派とか財務省の増税派とか文科省の東京裁判史観・自虐史観教科書推進派とか。。。

あと司法も反日売国にかなり汚染されていますので、
反日売国判決を出した最高裁判所裁判官を炙り出していただきたいと思います。

立法・行政・司法という国家権力に巣食う反日売国勢力を全て炙り出すシリーズ化を期待したいですね。

直近では、安倍首相を平昌オリンピックに出席させようとしている与党勢力がいますね。
南コリアのふざけた要求を一喝・一蹴している時に、こんなことをするのは明らかに反日売国です。
むしろ国交断絶を見据えた、オリンピックボイコットと制裁準備が正しい日本の在り方ではないでしょうか。
とりあえず「日本国の政府専用機は航空自衛隊が管理しており、貴国は日本国の自衛隊入国を禁止しているので訪問できません」とでも言っておけばいいのではないでしょうか。

更に、己れの欲望追求のみによる近視眼的かつ俗物的な金儲けのために、
反日国家を利する活動を行ない、その活動を有利に進めるために圧力団体に堕した、
日本の企業や経済団体が存在します。
例えば、チャイナの統制経済の罠に掛かって自滅するのは、自業自得なので放っておけばいいのですが、
反日国家を利して潤わせ、結果として日本を危険に晒すことに加担しているのは、
明らかに反日売国行為であり、見過ごすわけにはいきません。
このような日本国内の反日売国企業や経済団体の内幕も炙り出していただきたいと思います。
誤解されたくないので念のためですが、外国人経営者や外国資本の企業のことではありません。
(これはこれでグローバリストというもう一つの敵になり得るのですが)
日本人経営者で国内資本の日本企業や経済団体の中に反日売国がいることを指しています。

また国家レベルだけでなく、
沖縄県知事をはじめとした地方自治体の反日売国勢力も炙り出していただきたいと思います。

日本の敵は日本の中にいます。これらを駆逐して初めて反日国家と対峙することができるでしょう。

そのためには、
破壊活動防止法・テロ等準備罪の強化と運用強化、
スパイ活動防止法・セキュリティクリアランス法の早期制定に加えて、
適用基準のハードルが高すぎて運用できない内乱罪・外患罪の実効化などの法整備が求められます。
現時点において反日売国野党では、日本共産党だけが破壊活動防止法の調査対象団体となっているに過ぎません。
また、国籍法・公職選挙法・政治資金規正法の強化と厳格運用も求められます。
日本国籍以外の国籍を持つ議員や帰化一世の議員は立候補禁止にするとともに、外国からの献金ロンダリングを排除しなければなりません。
これは、この連中の言う差別などでは決してなく、国家安全保障として当たり前のことです。

因みに立憲民主党党首が自分たちは「保守」だと言っています。
◻︎○派党首なのに何故?と、最初は何を言っているのかよくわかりませんでしたが、
東京裁判史観・自虐史観・階級闘争史観・文明大陸半島起源説と、
その象徴であり、日本を滅ぼす元凶であり、国際法違反である、穢れた日本国憲法と、
その元凶となったコミンテルンの思想である共産主義革命を「保守」する、
と解釈すれば納得できます。

真の「保守」とは、
人により優先度・着目点が異なるものの、以下を守ることだと思います。
・縄文時代から日本が培ってきた歴史・伝統・文化
・日本人の和を尊ぶこころ、礼節を重んじるこころ
・これらを反映した憲法(憲法典としての日本国憲法除く)
・日本人の生命と精神的・物質的な豊かさ
・万世一系男系男子の125代続いた天皇・皇室制度と君民共治の国のかたち
・日本の領土・領海・領空とその中にある資源
・世界最古の日本文明と世界最先端の日本の科学技術
・海外に学び取捨選択し良いものを日本化する能力
・日本の国際法遵法精神(WW2で国際法違反をしなかったのは日本だけ)
・日本の潜在的抑止力の強さ(大東亜戦争で日本はアメリカ以外には勝利した)
・これらを貫くための不断の改善
・これらによって育まれた日本人としての誇りと自信、など、など
そして、これらを「保守」するための盤石な抑止力を有し、
国内外の敵を一喝・一蹴することで、日本らしさ・日本国内の平和を維持し、
その上で親日国と同盟を結び(日米英豪印台など)、
世界の平和、とりわけインド・太平洋の平和を「保守」する一端を担うことだと思います。

立憲民主党の言う「保守」と、真の「保守」とは、真逆であり、全く相容れないものです。

反日売国に使われると「保守」という言葉が穢れてしまいますね。禊祓。


続きを読む »

「小池劇場」の真実/有本香



★★★★★

政界から引退してください

都政を混乱させ、後退させたばかりか、
国政でも第2民進党を生み出しただけで国費の浪費にしかなりません。
しかも、公約詐欺になりかねない政党、献金疑惑の代表です。
党の代表は辞めましたが(辞めさせられた?嫌になって辞めた?)、
顧問とかいうよくわからないかたちで未だつながっています。
都民や国民のことを少しでも思う気持ちがあるのであれば、
即刻国政から身を引き、都知事を辞任し、かつ政界から引退してください。

もし、どうしても都知事を続けたいというのであれば、
都の資産と税金を反日国民に対して一切使わない政策を断行するとともに、
反日国家の姉妹友好都市との提携を破棄し断交してください。

追記(20171209)
関連書籍として、あづみんこと安積明子氏が以下の本を出しました。
〝小池〟にはまって、さあ大変! - 「希望の党」の凋落と突然の代表辞任
こちらもお勧めです。

「小池」にはまってさあ大変/安積明子



★★★★★

あづみん。GJ!

国益のためではなく、
報酬と地位のためだけに国会議員になりたいが故に小池さんに群がった民進党議員
「小池にはまって、さあ大変」

国益のためではなく、
総理大臣になることで権力を得たいためだけに民進党議員と手を組んだ小池さん
「小池がはまって、さあ大変」

いずれも国益のためではなく、国民のためでもなく、
自分のためだけに活動しているのが見え見えなので、選挙結果は当然のことでしょう。
候補者にとっての希望の党だったのが、絶望の党になり、場合によっては死亡の党になるでしょう。
むしろ、このような実態にもかかわらず、これだけ議席を確保できたのが不思議なぐらいです。
まだまだオールドメディアの残滓が強いのでしょうね。

希望の党については、
結党時は寛容な改革保守という意味不明な党是を掲げ、踏み絵を踏ませましたが、
惨敗により小池さんは追い出され、もしくは小池さんが見捨てて、第2民進党になりました。
代表の玉木さんの言っていることは意味不明なのですが、間違いなく保守ではないと思います。

一方で踏み絵を踏まされるのが嫌で仕方なく結党した立憲民主党については、
一部で潔いという評価がなされていますが「どこが?」と聞きたくなります。
踏み絵がなければ彼らは希望の党に合流していたのですから。
こちらも民進党出身者で構成されていますので第2民進党ですね。
こちらは□○の枝野さんが代表になったことで、完全に左であることがわかります。
その証拠として、小池さんの「排除」を批判しておきながら、
自分たちは平気で他者を「排除」するというダブルスタンダードを行使しています。

そして取り残された本家民進党ですが、解党へ向けてまっしぐらのようですね。
元々何の役にも立たない党ですので、どうなっても構わないのですが、
ため込んだ政党交付金は国庫に返納してほしいものです。国民の大事な血税ですからね。


一部で小池さんの功績として、民進党を右と左に分裂させたと評価しているよう。
希望の党と立憲民主党のことを指しているのだと思いますが、違うと思います。
単に左の政党が複数に分かれ、代表たちが自分の地位を守り好きにやりたいだけのことでしょう。
内ゲバが好きな人たちですから。
むしろ、小池さんのやり方が立憲民主党を野党第1党にしてしまったとも言えます。
立憲民主党の主要メンバーは日本をダメにした民主党管政権と同じですので、罪は大きいと思います。

希望の党が日本に不可欠な政党として再生するためには以下の方法しかないと思います。
・ナショナリズム&保守の立場から自公連立政権を批判できる政党になる(現在空白地帯)
・日本の国内外の安全保障に最も敏感かつ現実的な政党になる(憲法9条改正、抑止力強化など)
・代表をはじめとして党の要職を保守議員で固める(中山恭子先生を要職に登用など)
・談合政治・官僚政治・政官業癒着・既得権益・岩盤規制を破壊する政党になる(日本維新と連立)
・次の総選挙で左派候補者を公認しない、保守の刺客を対立候補に立てる(本気で踏み絵)
・知的で論理的な政策を立案し議論を展開するために一流の政策顧問に助言を求める
 ・皇室・憲法関連:竹田恒泰氏
 ・外交・安全保障関連:藤井厳喜氏
 ・経済・財政関連:高橋洋一氏
 ・科学・教育関連:武田邦彦氏
 ・メディア関連:小川榮太郎氏
 ・近現代史・憲政史関連:倉山満氏
 ・対共産主義関連:江崎道朗氏 など

これらを本気でやれば、本当にできれば、
自公連立政権の安全保障の生ぬるさや旧態依然とした体制に不満を持つ国民の支持を得ることができるのではないでしょうか。
そうでなければ消滅は避けられないのではないでしょうか。でもまあ無理でしょうね。

追記(20180115)
希望の党が民進党と統一会派を組みましたね。
衆院選のあの騒ぎは何だったんでしょうか。
これで希望の党は終わりですね。ご愁傷様。

追記(20180117)
統一会派結成により、まともな保守系議員が分党しそうですね。
自民党がふらふらしていますので、しっかりした保守系政党を作ってほしいものです。

民進党(笑)/赤尾由美



★★★★★

消滅してください。さようなら

選挙での固定票欲しさに日本共産党と手を組んだ挙句、
日本共産党よりも党として、また議員としての能力が低いために、
日本共産党の走狗・劣化コピーとなり果て、
日本維新の会から破壊活動防止法の調査対象にせよと言われるくらい赤化し、
党内の問題を隠蔽し、一方で倒閣のために問題を捏造し、
崩壊の一途をたどる民進党。

チャイナ・ロシア・北朝鮮・韓国といった反日国家に囲まれ、
何れの国家も反日政策を実行しているという危機的状況下において、
最重要課題である安全保障を一切取り扱わず、
むしろこれら反日国家の日本支部のような振る舞いを見せています。
党名を明清党に変えた方がいいのではないでしょうか。

また、党名も台湾独立を戦っている台湾の本省人を中核とした民進党からパクリ、
本家の民進党の名を汚すことを平気で行っており、
日台の友好関係の発展までも邪魔しています。

本書のタイトルには(笑)とありますが、
笑える状況ではありません。

本レビュー投稿時点では、党首選が行われていますが、
もはや誰がなっても崩壊は止められないでしょう。
森友・加計・日報問題の捏造&倒閣運動を一緒に戦ったマスメディアでさえ、
見放す有様です。

日本の国益を想うのであれば、
党首選をやる前に、
これまでの国会での悪行を全国民に対して謝罪し、
自らの抱える諸問題(公職選挙法違反・贈収賄・政治資金規正法違反など)を全て表に出して司法に委ね、
通名を使用している議員は本名を自ら明かし、
台湾の民進党に公式に謝罪したうえで、
解党し、全員議員辞職することが必要でしょう。

若しくは、
どうせ日本共産党の走狗・劣化コピーなのですから、
他の反日左翼野党議員と一緒に日本共産党に移籍したうえで、
衆院選や参院選で国民の信を問うのもありでしょう。
日本共産党に移籍すれば破壊活動防止法調査対象になりますので、
日本人は安心して日々を送ることができるでしょう。

健全な野党は民主主義において不可欠なのですが、
民進党が健全な野党になるのは無理だと思います。

「小池劇場」が日本を滅ぼす/有本 香



★★★★★

権力大好き。反日パヨク化まっしぐら。何故か写真集まで。

都知事選の主要対立候補があまりにも酷かったので、
パフォーマンスとメディア利用だけで都知事になってしまった人ですね。
しかし実際に都知事になってからは仮想敵を作って自分を引き立てること以外、
何もしていません。
都議会選挙でも仮想敵を作ってメディアを利用するためでしょうか、
都としての重要政策を何も決めず引き伸ばしているようにしか思えません。
挙げ句の果てに、
保守を名乗りながら、
議員の椅子に未練のある民進党離脱者と共産党という
反日パヨク政党と手を組むという、
禁じ手まで臆面もなく使う始末です。
小池ファースト、都民ワーストと揶揄されても仕方ないでしょう。
まるで蓮舫が率いる民進党みたいです。
疑惑捏造、審議妨害、審議拒否などの国会テロを都議会でもやりそうですね。

また、豊洲市場移転を引っ掻き回した挙句、
自ら身動きを取れなくしてしまったのは、
まるで、沖縄米軍基地で「最低でも県外」と叫んだ挙句、
沖縄県民の心情を引っ掻き回し、日米関係まで悪化させてしまった、
民主党鳩山政権みたいです。

パフォーマンスの最たるものが、小池氏自身の写真集の出版です。
小池百合子写真集「 YURiKO KOiKE 1992-2017」
こういったことを都議会議員選挙前にやること自体、どうかしているのではないでしょうか。
あくまで推測ですが、東京都民に対して印象操作するためと、印税を選挙資金に回すためはないでしょうか。

日本の首都でこのようなことをされるのは、日本の恥です。

2020東京オリンピック前に都知事選がありますので、
世界に恥をさらさないよう、次はまともな方を知事にしなければならないと思います。

都民ファーストに投票することは、
民進党や共産党に投票することとそれほど変わらないのではないでしょうか。

また政策パンフレットに東京大改革とありますが、
候補者に、沈む船から逃げ出した共産化した民進党や、共産党関係者が多いですので、
東京で反日共産主義革命でも起こすつもりでしょうか。
もしそうであれば、きわめて危険ではないでしょうか。

しかも保守票で都知事になっておいて、
都議会選挙ではパヨク政党と化した都民ファーストの会の代表とは、
東京都民に対する詐欺以外の何物でもありません。

反日パヨクプロパガンダ機関に堕したマスメディアが持ち上げているということが、
明らかに東京都民、日本人にとって良くない存在・言動であることを証明しています。
このような愚行・蛮行が、もし東京都以外に波及することがあれば、
本書のタイトル通り「日本を滅ぼす」ことになりかねません。

このような手法で選挙に打って出る人を信じて投票してはいけないという、
最強の反面教師であることが唯一の存在価値でしょう。
著者の提言をしっかりと受け止めたいと思います。

東京都民には誠実な人が多いと思いますので、もう風は吹かないでしょう。
私も東京都民ですが、
都民ファーストの会及びここと選挙協力している政党の候補者には絶対に投票しません。

なお、反日パヨクについては、以下の本が参考になります。
石平氏
日本にはびこる「トンデモ左翼」の病理

杉田水脈氏
なぜ私は左翼と戦うのか

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP