FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

イスラエル人とは何か/ドナ・ローゼンタール



★★★★★

一言では表しようがない多様性と複雑性がある

様々なメディアや書籍や論客達がイスラエルやユダヤ人を論じていますが、
本書を読むと、いずれも一面しか述べていないことがよくわかります。
また、メディアや書籍や論客達が全く論じていないイスラエルやユダヤ人の、
多様性や複雑性が本書ではこれでもかというくらい述べられています。

イスラエルとは○○だ、とかユダヤ人は○○だとか、
一言では表しようがありませんし、一言で表してしまっては失礼だと思いました。

イスラエル ユダヤパワーの源泉/三井美奈



★★

イスラエル・ユダヤ人=悪という先入観で書かれた本

イスラエルやユダヤ人について様々なことを知ることができたのはいいのですが、
本書全般にわたって、イスラエル・ユダヤ人=悪という著者の先入観がにじみ出ています。
これでは彼らの言動の背後にある真の理由や、彼らにあるはずの良い面が全く見えてきません。

本書を読んで、逆に日本も日本の安全保障のために、
少しはイスラエル・ユダヤ人を見倣うべきじゃないかと思わされました。
アメリカでのロビー活動や反日国家への対峙の仕方などです。

また、イスラエル・ユダヤの良いところを知りたい方には以下の本がお勧めです。
驚くほど似ている日本人とユダヤ人

知立国家イスラエル/米山伸郎



★★★

イスラエルの知の事例集

イスラエルでどのような知が生み出されてきたか、その事例が盛りだくさん紹介されています。
ただし、なぜそのように知が数多く生み出されてきたのか、という原因には迫り来れていません。
著者のグローバリスト・リベラリストとしての立ち位置が原因に迫るのを阻んでいるように思えます。
原因に迫るためにはユダヤ民族の宗教・伝統・歴史・文化を深く掘り下げる必要があるはずです。
本書では、これらについて申し訳程度に触れているだけですので、決して原因には迫れません。
本書程度の理解では、日本人とユダヤ人の真の相互理解に基づく協力関係は築けないと思います。
また、原因に迫る方法としては、脳科学・遺伝学などの最新の自然科学によるアプローチも必要でしょう。

イスラエルの知の事例集と割り切って読むのであればお勧めします。
ただし、イスラエル・ユダヤ民族そのものを理解する目的であれば、あまりお勧めできません。

ユダヤ民族の宗教・伝統・歴史・文化を知るためには以下の本がお勧めです。
驚くほど似ている日本人とユダヤ人

驚くほど似ている日本人とユダヤ人/エリ・コーヘン



★★★★★

日本を熟知しているユダヤ人から日本の神髄を教わった気がします

タイトル通り驚くほどよく似ていることがわかりました。
日本人ユダヤ起源説などが出てくるのもわかります。

武士道とは死ぬことと見つけたり、の解釈は少し浅いとは思いましたが、
それ以外についての日本の奥深い解説とユダヤとの共通点については納得のいくものでした。
神道や日本民族については自分なりに学んでいるのですが、
改めて、日本を熟知しているユダヤ人から日本の神髄を教わった気がします。

日本人とユダヤ人、理解しあえそうな民族同士だと思えてきますね。
貴重な本だと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP