FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

江戸の備忘録/磯田道史



★★★★★

知られざる江戸雑学

気軽に江戸雑学を楽しめる本です。
中には、全く知らなかった事実もあったりして、
歴史教科書や学校の歴史教育ってなんだろう、と思うこと多々ありです。

徳川がつくった先進国日本/磯田道史



★★★★★

先進国日本への道を簡潔に解説

とにかく簡潔で分かりやすいですね。
しかも説得力に満ちています。
江戸時代があってこその現在の日本、よく分かりました。
と同時に何か大きな問題が起きた時には、
江戸時代に立戻らなければなりませんね。

ただ、あまりにも国内が平和になってしまったが故に、
国防が疎かになってしまったことは繰り返さないようにすべきですね。

日本人の叡智/磯田道史



★★★★★

本当に日本の叡智ですね

メディアに登場するような薄っぺらい識者の浅はかな言葉ではなく、
イデオロギーに染まった活動家のステレオタイプの言葉でもなく、
激動の時代を生き抜いた方々の言葉は重みがありますね。

挙げられている中では存じ上げない方々の方が圧倒的に多かったのですが、
それだけ日本には数多くの叡智を持たれた方々がおられたということで、
改めて日本の凄さを認識させられました。
と同時にこのような名言が出てくるということは、
それだけ日本の弱みもあるということなのでしょう。
そこは誇ると同時に虚心坦懐になるべきなのでしょうね。

今の時代でも活かすべき言葉も数多くありますし、
今の時代だからこそ、活かさなければならない言葉も数多くあると思いました。

はじめに、で十分の一も紹介できていないと書かれていましたので、
ぜひ続編を期待したいと思います。

あと、余談ですが朝日新聞の連載だったのですよね。
朝日新聞はこの連載を通じて自社の新聞の在り方についてどう思ったのでしょう。
南京大虐殺および従軍慰安具強制連行の捏造記事掲載、あとモリカケ報道は、
本書の内容に完全に反していると思うのですが。。。

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!第二巻/小野木善行



★★★★

日本人のDNAに刻み込まれた精神性

和・結い・対等・役割分担など本書で紹介されているものは、
縄文の時代から受け継がれ日本人のDNAに刻み込まれた精神性なのでしょうね。
ただ、これらの良さを強調したい余り、
談合がまるで良いことであるような、おかしな説明がされていたりします。
江戸時代までの文化面の解説が良かっただけに、残念です。

日本人の精神性が凝縮されたものとしてはやはり神道でしょうから、
神道について一通り学んでおくとよいかもしれません。以下がお勧めです。
山村明義氏
日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか
本当はすごい神道
神道と日本人 魂とこころの源を探して

どうもお年を召した保守系言論人の中には
戦前が全て良くて戦後がすべて悪いかのような短絡的な発想を持っておられる方が少なくないようです。
その発想だけでは、これからの国際情勢の中で日本が強く生き残っていくことはできないと思います。
勿論、東京裁判史観・自虐史観・階級闘争史観などは論外なのですが。

ねずさんの昔も今もすごいぞ日本人!/小名木善行



★★★★

アカデミズムが発信する歴史が如何に歪んでいるかがよくわかりました。

日本文明大陸半島起源説、東京裁判史観・自虐史観、階級闘争史観など、
日本の歴史・伝統・文化が反日売国左翼勢力によってかなり歪められていることは、
数多くの書籍を読んで理解し、これらの洗脳から脱却したつもりでいましたが、
本書を読んで、まだ歪んだ史観が私の中に残っていたことがよくわかりました。
菅原道真が何故遣唐使を廃止したのか、豊臣秀吉が何故朝鮮遠征を行ったのか、など、
現代におけるグローバリストや周辺諸国に対する安全保障の観点からみて、歴史から学ぶことの大切さを再認識しました。

ただし、著者のいう「歴史から学ぶ」というのは、
著者が本書で解説している、日本がすごい、ということからだけではなく、
日本がだめだ、ということからもまなばなければならないと思います。
すごいこと、だめなこと、両方から学ばなければ、真に優れた未来を築くことはできないと思います。
日本は大東亜戦争でアジア諸国・民族を欧米列強から解放したのは確かですが、
無能なエリートによる戦略なき戦争に突入し、数多くの尊い日本人の命を犠牲にしたのも確かです。
日本人が天皇の民(皇民・公民)であるというのであれば、その生命を守る責任を担うべきリーダーの罪は重いと言わざるを得ません。
この点を日本人自らが真正面から受け止め、自ら無責任なリーダーを裁き、乗り越えることで、初めて歴史から学ぶことになると思います。
この観点が欠落していますので、★1つ減らしました。

日本人だけがなぜ日本の凄さに気づかないのか/ケント・ギルバート 石平



★★★★★

日本人はもっと自信と誇りを持ってよいと思います。

コミンテルンに洗脳されたアメリカのF.ルーズベルトから送り込まれたGHQのWGIPによって、
日本は東京裁判史観・自虐史観と占領条項である日本国憲法を押し付けられ、
日本の歴史・伝統・文化のすばらしさ、国際法を守り抜いた日本のモラルの高さ、西洋列強と対等に渡り合える力強さなどを、
物理的かつ精神的に奪われて、戦後70余年を半占領下で過ごしてきました。

旧ソ連が主導するコミンテルンに目を付けられ、
またアジア侵略を目論みつつもコミンテルンの走狗と化したアメリカに目を付けられたから、
徹底的に叩きのめされたのは、日本が凄すぎたからです。
実際に、チャイナやダブルコリア以外のアジア諸国からは解放・独立を支援したことで、今なお慕われています。
アジアのリーダーになってほしいと思われています。

チャイナ共産党やダブルコリアの下請機関としか思えない、左翼政党・メディア・学術界・教育界・活動家らによって、
日本を貶める情報があふれかえっていますが、これらを無視した先に、本当の日本の姿が見えてきます。

本書のような本当の日本の姿を教えてくれる本が数多く出版されていますし、
ネットを観れば、上記左翼勢力が発信する情報が如何に偏向・捏造されたものかがよくわかります。

日本人はもっと自信と誇りを持ってよいと思います。

「あの国」はなぜ、日本が好きなのか



★★★★★

世界中の親日国との共存共栄のための一冊

とにかく記載されている親日国の数が多いです。60か国ぐらいあります。
その分、各親日国がなぜ親日国になったのか、についての記述は基本的な部分に留まっています。

中には???な理由もありますし、一面的な記載もありますが、
様々な理由によって、これだけの国が親日国であること、
我々日本人の先人たちがこれらの関係を築いてこられたことに、
感謝と誇りを持つ必要があると思います。
また、これらの関係をさらに発展させていかなければならないと思わされました。

本書に記載されている60余りの一つ一つの国に対して、
価値観と目標を共有でき、互いに率直に話し合い、共に前に進んでいく、
というような関係をどのくらい築くことができるかを冷静に見極めたうえで、
互いに強い信頼関係を築くことのできる親日国を中核にして、
親日国をさらに増やしていくこと、それをネットワーク化していくことが、
世界の繁栄にとって必要だと思われます。
モノ・カネの関係も必要だとは思いますが、もっとも重要なのはヒト(価値観・信頼関係)です。

また、本書で取り上げられた親日国の中には、
国境を介して互いに争っている国々もあります。
日本はそれらの国が親日国であるということを最大限に活用して、
これらの争いを平和的に解決することも求められているのではないでしょうか。

これが、日本の外交・安全保障の一形態にまで昇華される必要があると思います。

あと、GHQのWGIPで自虐史観を植えつけられ、まだその呪縛から抜け出せない方や、
チャイナや半島からの情報だけしかインプットしていない方は、
本書を一読されることをお勧めします。

また、本書のような内容を社会科の教科書に載せるべきだと思います。

日本文明とは何か/山折哲雄



★★★

断続的な日本史

日本の文化が2000年変わらずに続いているわけではなく、
いくつかの断続を経ながら時代に合わせて変化していることがわかります。

ただ、これからの国際社会のなかでは、
本書の内容を踏まえつつも時代に上手く適合していく必要はあるでしょう。
過去を懐かしむだけでは未来を築くことはできません。

日本の200年/アンドルー・ゴードン



★★★★★

質の高い日本の近・現代史の分析

本書には以下の特徴があります。
・歴史の連続性を便宜的な時代区分(○○時代)を超えて見出している
・日本と世界との関わりの中で歴史が作られてきたことも見出している
・政治・経済・社会・文化を幅広く取り込み、かつそれらの相互作用も見出している
・ステレオタイプを極力排し、日本国内での価値観・意見の多様性を見出している
・解釈が分かれる事象、追跡できない事象についてはその旨を明示している
・日本を特殊視するという前提を排除して歴史を検証している

これらのことから、日本の近代・現代史を冷静に振り返ることができる内容になっています。

著者解説(wiki):アンドルー・ゴードン

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP