FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

日本国史/田中英道



★★★★

時を超えて受け継がれる日本人の精神を文化・芸術から紐解く

著者の専門分野である文化・芸術を中心として紡がれた国史です。
ですので類書とはかなり内容が異なります。

縄文時代から芽生えた日本人の精神が、
時代を超えても受け継がれていることを示すとともに、
その精神を読者に思い出してもらおうという試みだと言えるでしょう。

日本人は自然とともに生きている
そこから独自の精神が生まれ育まれ紡がれている
その独自の精神は世界に誇れるものである
その精神は西洋の尺度で推し量れるものでは無い
その精神を西洋の尺度に合わせる必要もない
戦後無理やり剥ぎ取られた、その精神を取り戻すことが大切である
その精神を取り戻すことが歴史を未来に引き継ぐことになる

要約するとこのようなことになるのではないか、と思います。

またその精神とは、
まず自然があり人間はその中で生きている
自然の計り知れなさに畏怖しつつも自然をそのまま受け入れる
人間も自然の一部なので自然体で生きていく
といったところでしょうか。



ただ著者の
ユダヤ人埴輪があった!日本史を変える30の新発見
を踏まえてさらに彩りのある国史が描かれていることを期待していたのですが、
国史全体に広げたが故に、逆に間延びしてしまっている印象を持ちました。

また、20世紀以降の記述については、
傑出した文化・芸術が見当たらなかったのか、
よくありがちな保守系言論人の歴史記述を
さらっと触れたレベルにとどまっています。

ここだけは残念なところかもしれません。




ユダヤ人埴輪があった! 日本史を変える30の新発見/田中英道



★★★★★

知的好奇心を掻き立てる本

著者の書籍を何冊か読んでいましたので、
副題の「日本史を変える30の新発見」のうち、
幾つかは既に読んで知っていました。

しかし、本書で初めて知った「新発見」が多くあり、
知的好奇心を掻き立てます。

また、本書を含めて何冊か読んできましたが、
著者のアプローチが少しずつですが、私の中ではっきりしてきました。
著者は縄文時代から現代にまで脈々と受け継がれてきた、
日本人独特の精神性を明らかにしようとしているのではないか、
そして読者にそれを取り戻させようとしているのではないか、と思います。

これは他の言論人による日本関連書籍と異なる点だと思います。
もちろん、政治・経済・外交・軍事・科学技術などの歴史は重要ですが、
文化・芸術・信仰などの歴史とその根源である精神を重ね合わることで、
初めて見えてくるものもあるはずですし、実際にありました。
これが著者の著書に共通する「深み」を生み出しているのではないか、と推察されます。

本書でも「新発見」の数々は、
それ自体が非常に興味深く、「目から鱗」でしたが、
それ以上に、これらの「新発見」の底流にある、
日本人の精神性の「新発見」に心惹かれるものがありました。
きっと、日本人の精神性はDNAに刷り込まれていて、
それが本書など著者の書籍を通じて覚醒されたのかもしれません。


本書を読んで効率的に「新発見」情報を得ようと思いましたが、
本書を読むことで逆に、著者の書籍で読みたいものが増えてしまいました。
今後しばらくは、田中英道ワールドにどっぷり浸かってみたいと思います。

特に「日本国史」は、
本書の「新発見」を網羅した上での日本国の通史だと思いますので、
私の中では最優先の必読書になります。


学校では教えられない歴史講義 満洲事変/倉山満



★★★★★

満州事変はバカな日本人による自滅への一歩

本書を読んで唖然としました。
100%バカな日本人による自滅ではないですか。
そして、このまま大東亜戦争に突入して第日本帝国を滅ぼしてしまうとは。
全く言い訳のしようがないですね。

まともな頃の大日本帝国が存在し続けていたら、
ソ連やチャイナ共産党などほとんど脅威ではなかったでしょうし、
国内の反日左翼勢力などほとんど存在しなかったでしょうし、
アジア、ひいては世界はもっと平和だったでしょう。

憲政の常道が機能していないと、
悪いポピュリズムにより国が滅んでしまうということがよくわかりました。

正論が正論として通らない世の中も、
国を滅ぼしてしまう原因になることがよくわかりました。

今の日本が全く変わらないのは、この反省が全くないからなんでしょうね。
今般の中共肺炎での日本政府の対応を見ていると、よりバカになっているのではないかと思わされます。

東京裁判史観・自虐史観とは全く逆の理由で、反省し、学び、活かし、
日本を日本として復活させなければなりませんね。

世界一わかりやすい日本憲政史 明治自由民権激闘編/倉山満



★★★★★

日本人は議会制民主主義制度を使いこなせるのか?

第日本帝国憲法が1889年(明治22年)に施行され、
1890年(明治23年)に施行されると、第1回帝国議会が召集されました。

その時点からすでに帝国議会は無茶苦茶です。
買収・裏切り・殺し合いなど、なんでもありです。
元老院がなければ終わっていたでしょう。

更に伊藤博文がいなければ、
このような帝国議会のありさまでは、
日清・日露戦争の勝利はなかったでしょう。

そして日露戦争勝利後には、
ほっとしたのか、平和ボケになってしまい、
ここから日本が凋落への道へと一直線に進んでいきます。

現在の衆議院・参議院でも、
殺し合いはさすがにないでしょうが、
やっていることは大して変わりません。
しかも元老院がありませんので、誰もとめられません。
更に本来、「警告する権利」「激励する権利」「相談を受ける権利」を持っている天皇陛下ですが、
内閣法制局による歪曲解釈とその言いなりになっている政権によって、
これも行使できなくなっています。

議会制民主主義は独裁政治や全体主義よりはましなだけ(官僚独裁も含む)
議会制民主主義は金や利権に弱い
議会制民主主義は衆愚政治に堕しやすい(悪いポピュリズム)
といった特徴を持っています。

日本人はあるべき議会制民主主義制度を使いこなせるのでしょうか?

本書を読んでそんなことを思いました。

ただ思っているだけでは駄目なので、
どうすれば使いこなせるのか考えなければなりません。

そこで、
議会活動での議員の質疑応答・官僚答弁を国民に晒す
(本会議・全委員会をネット配信、アーカイブ保存。バカ議員・官僚にはSNSでの反論に活用など。ニコ動も可)
政党・議員の収支&用途を統一フォーマットでネットに開示する
(Excelでのダウンロード化。反日議員の炙り出し、バカ議員と利権で繋がっている企業の不買運動に活用など)
など、
一応国民が選んだ議員を、国民がチェックするための情報を開示し、
次の選挙での投票行動につなげる判断材料にすることは最低限必要でしょう。
ポピュリズムにはなりますが、
良いポピュリズムに繋がれば元老院の機能を代替できるかもしれません。

バカよさらば - プロパガンダで読み解く日本の真実/倉山満



★★★★★

左下からも右下からも騙され続ける日本人

戦後70年以上も経って、未だにGHQのWGIPに騙され続ける日本人。
そのWGIPで利権を得ている日本人に騙され続ける日本人。
左下の日本人と、それによる反日プロパガンダに騙され続ける日本人。
右下の自称保守安倍信者と、それに騙され続ける日本人。

庶民だけでなく、政治家にもこのような人たちはたくさんいます。

これらの日本人の目を覚ますために本書は書かれたのだと思います。

日露戦争に勝利するまでは、日本はプロパガンダが得意な国でした。

今のままでは騙され続け、日本は世界から見向きもされなくなり、
チャイナに食い荒らされるでしょう。

チャイナ・ダブルコリア以外のアジア諸国からは、
日本がアジアの盟主に復活してほしいという声が高まっています。

また、チャイナを封じ込めるための日米同盟強化に向けても、
日本は真の意味で自主独立したうえで、パワーを持たなければなりません。
プロパガンダもその一つです。
相手に言うことを聞かせるためにも、相手に騙されないためにも。

騙され続けている場合ではありません。
本書を読んで目を覚ましましょう。


反日プロパガンダの近現代史:なぜ日本人は騙されるのか/倉山満



★★★★★

反日プロパガンダを最も行っているのは日本人

最近読んだのですが、発売は2014年の本ですので、
反日プロパガンダについての復習と整理という位置づけになるでしょうか。

倉山4分類でいう、
左下による反日プロパガンダ(国内でも、チャイナ・韓国・国連機関へのご進駐などでも)は酷いものですが、
右下による政権絶対擁護による結果としての反日プロパガンダ(政権と日本は違います)も酷いものです。
そしてこの左下と右下との低レベルの言い争いにより、
左上が漁夫の利を得、本来日本にとって必要な右上の勢力が育つことを妨げています。

昔の日本はプロパガンダに長けていました。
その能力を一刻も早く取り戻し、
反日プロパガンダを駆逐し、
日本としてホワイトプロパガンダを国内・世界に向けて発信するよう力を注ぐことが求められます。

そのためには、
本来の日本とは何か、
日本の歴史の事実はどうだったか、など
についての教養を身につけたうえで、
情報を正しく精査する能力を身につける必要がありますね。

日本史上最高の英雄 大久保利通/倉山満



★★★★★

尊王攘夷実現のために生命を懸けた現実主義者

大久保利通については、
著者の他の書籍でも多少語られており、
また著者の『工作員 西郷隆盛』第5章では西郷隆盛とダブル主演となっていましたが、
大久保利通にフォーカスした著作は本書が初めてですので、興味を持って読みました。

『工作員 西郷隆盛』同様、小説(維新関連)よりも
本書(歴史書)の方が面白く読むことができました。

それだけ面白いので、レビューでのネタバレはやめておきます。
是非手にとってお読みください。

本書でのポイントは、
大久保利通が現実主義者であったのに対し、
徳川慶喜が現状主義者であったということです。

現実主義者とは、理想を掲げ、一方で現実を直視しながら、一歩一歩理想を実現していく者。
現状主義者とは、目の前の現実を切り回すことに囚われている者

この違いが非常に重要ではないでしょうか。

今の日本のトップ層(政治でも経済でも)、果たして現実主義者がどれだけいるでしょうか。
現実主義者がトップ層に存在すれば、今の日本はここまで劣化していないと思います。

官僚はそもそも現状主義者でないと務まりません(法律の枠内で職務を全うしているのですから)。
ですので、政治家が現実主義者でないとダメなのですが、政治家が現状主義者に成り下がっています。
だから、今の日本は官僚全体主義国家になっているのではないでしょうか。

今、大久保利通はいません。
ただし、大久保利通に学ぶことはできますし、
大久保利通の1/10000ぐらいの活躍は、一人ひとりの国民にできるかもしれません。

まずは、大久保利通の現実主義に学ぶことから始めたいと思います。

工作員・西郷隆盛/倉山満



★★★★★

ドラマより面白い西郷を中心とした維新前後の歴史

大河ドラマ「西郷どん」よりも面白く読めました。
それだけ裏の西郷隆盛の工作員・革命家としての活動と、
著者の歴史的洞察と文章の構成力が素晴らしいのだと思います。

それだけ面白いので、レビューでのネタバレはやめておきます。
是非手にとってお読みください。

裏で工作員・革命家として活動していながらも、
今なお日本に最も愛された日本人であり続けるというのは、
両面を併せ持ちながらも、一流の証なのでしょうね。

日本占領と「敗戦革命」の危機/江崎道朗



★★★★★

共産主義の破壊的危険性をもっと強く認識し続けるべき

ソ連・コミンテルンの敗戦革命とは、
自由民主国家同士を策謀によって戦争させ、国力を疲弊させたうえで、
疲弊した国民に革命を煽って共産主義化を成し遂げる、
というものです。

WW2において、
これにまんまと乗せられたのが、アメリカのルーズベルト政権であり日本でした。
ヴェノナ文書等により解明が進みつつありますが、
両国政権内部にソ連・コミンテルンの工作員が潜入し、政府を操り、両国を戦争に導きました。
そして、日本が敗戦した後も(というか後からが本番なのでしょうが)、
GHQにもソ連・コミンテルンの工作員が潜入し、日本を物理的にも精神的にも解体していきました。
昭和天皇と、かろうじて生き残った保守自由主義者たちの徹底抗戦がなければ、
日本は共産主義国になっていただろうと著者は述べています。

ただし、これを持って日本の敗戦責任を全てソ連・コミンテルンの責任にしてしまってはいけません。
ソ連・コミンテルンに付け入る隙を与えてしまった責任は日本にあります。
また、アメリカには当時野党だった共和党がいましたので、
共和党と関係構築を深めて起死回生策を打つ可能性もゼロではありません。

ソ連は崩壊しましたが、ロシアはいます。
ソビエト共産党は崩壊しましたが、チャイナ共産党はいます。
ソ連によって作られた北朝鮮は今でもありますし、南朝鮮は北化してきています。
ソ連・コミンテルンの敗戦革命という思想は今でも生き続けています。

日本・日本人は、これらの国々が隣にいることをしっかりと受け止め、
共産主義の破壊的危険性をもっと強く認識し続けるべきだと思います。
安易な金儲けや利権獲得のために、共産主義と手を組むなど愚の骨頂です。

暗黒大陸中国の真実/ラルフ・タウンゼント



★★★★★

まんまとチャイナのプロパガンダに騙され続けるアメリカ

何故、こうも簡単にアメリカ人はチャイナのプロパガンダに騙されやすいのか。
これは今になってなお続いている危険な事実だと思います。

本書は、
80年以上前に、実際にチャイナに何年も滞在しチャイナの実態を知り尽くした著者が、
本当のチャイナとアメリカが信じるチャイナの乖離がどれだけ酷いのか、
それがアメリカにとって、また世界にとってどれだけ危険なことなのか、
を警告しているものです。

当時は、アメリカの布教者がチャイナ人は必ず入信できると信じ、裏切られました。
戦後は、アメリカの政府がチャイナは必ず経済成長で民主化できると信じ、裏切られました。
それでもまだ、アメリカではチャイナを信じ、いわゆるパンダハガーと言われる人たちが少なくありません。
※日本ではもっと酷いですが(工作員やDupesがうようよいそうです)

『チャイナ2049』を著した、マイケル・ピルズベリーにしても、
『米中もし戦わば』を著した、ピーター・ナヴァロにしても、
チャイナの実態認識についてはまだまだ甘いと言わざるを得ません。

アメリカは敵を間違える名人とよく言われます。

本来であれば、
同盟国である日本が、
Strong Japan Policyを有するアメリカ共和党と深く連携し、
チャイナの本質を教え共有して、共にチャイナの驚異に立ち向かうべきですが、
悲しいかな、アメリカ共和党に相当する日本の政党はありません。
※日本の自民党はアメリカの民主党に近いのでは無いかと思っています。

トランプ大統領が在任している間はよいのですが、再選しても4年任期が延びるだけです。
その間に、日本が、日本人がどれだけ目を覚まし、日本を強くし、
アメリカと対等に付き合える関係を築けるかが勝負だと思います。

本書は、チャイナの本質について、アメリカ人に気づいてもらうために著したものですが、
チャイナの本質は80年前も今も変わりませんので、今日本人が目を覚すために読む価値があると思います。

当時のチャイナについては、
フレデリック・ヴィンセント・ウィリアムズ氏著『中国の戦争宣伝の内幕』を併せて読まれると、
より理解が深まると思いますので、おすすめします。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE