FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2021/07 | 08
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

世界が称賛する 日本人が知らない日本/伊勢雅臣



★★★★★

日本人の「根っこ」を凝縮して紹介・解説

先に「世界が称賛する 日本人が知らない日本2」を読んで、
和の心がどれだけ素晴らしいかを実感できましたので、
先に出版されたこちらの本も読んでみました。

日本の良き伝統・文化については、これまでも様々な本で学んできましたが、
本書は、これまでの学びを連結させ、昇華させるとともに、
更にこれまでの学びでも知らなかったことがまだまだあることを教えてくれました。

日本の良き伝統・文化を学ぶ際には、
まず本書と続書を読んでおけば、より効率的かつ体系的に学べたのではないか、
と思った次第です。
思想が一貫していますし、それに沿った文献の大事な部分の引用も豊富ですので。

まあ、著者の想いがこめられた本ですので、取捨選択は必ずあるとは思います。
ただ、そのことをもって本書を批判するのは如何なものかと思います。
現代の日本人が忘れてしまった「根っこ」をしっかりと覚醒させようという試みですので、
もし「足りないな」「おかしいな」と思えば、更に他の書籍から学べば良いと思います。


世界が称賛する日本人が知らない日本2/伊勢雅臣



★★★★★

縄文時代から脈々と受け継がれてきた「和の精神」史

不思議な本でした。
読んでいる間中、心が暖かくなっていました。
きっと、本書の内容と私の心・身体・さらにはDNAが呼応し、共感したのでしょう。

そのうえで、理屈として内容を語るとすれば、
重要な時代での「和の精神」について、
しっかりと「根っこ」が見出せるよう、
参考文献を明らかにして大事な文章を引用しながら解説されています。
それゆえ、本書をコアにして、
更に様々な時代・分野における「和の精神」を探究できるという価値ある本です。

著者の書籍は初めて読みましたが、すっかり気に入ってしまいました。
他の書籍も読んでみようと思います。
また気になった参考文献にも当たってみようと思います。


天孫降臨とは何だったのか/田中英道



★★★★

真実の追求には多面的な視点・知見が必須であることを裏付けている

本書は、著者による記紀神話と縄文文明との統合による、
記紀神話=歴史を明らかにした一連の著作のうちの1冊です。
私が読んだ著者の書籍で上記に関連するものは以下の通りです。

日本国史の源流
「国譲り神話」の真実
日本の起源は日高見国にあった

著者の主張に興味を持ち、より深く理解しようと思い、
本書に加えて上記3冊(計4冊)読むことになりました。

まず残念なことから。
書籍間での記述の重複が多すぎます。
最初のうちは再確認のためにもよかったのですが、
これだけ重複が多いと時間とお金の無駄になります。
上記4冊を統合すればページ数は少なくとも半分程度に圧縮できると思います。

どのような理由で同じテーマの書籍を分割して出版・販売したのかわかりませんが、
私にとってはネガティブな印象しか受けません。
よって評価は少し下げました。

次に良いところ。
やはり新たな発見・仮説構築など真実の追求に際しては、
多面的な視点・知見が必須であることが再確認できたことです。

本書&同じテーマの上記書籍でわかったことは、
著者の主張を適切なものとして世に出すためには、
考古学・歴史学・神話学・文化人類学などの人文・社会科学もさることながら、
遺伝学・分子生物学・物理学などの自然科学の最新知見や、
それらに基づいた各種分析技術・手法を駆使して得られた事実といった、
様々な学問を横断的に駆使して統合することが必要でした。

このどれが欠けても著者の主張は成立し得なかったはずです。

様々な学問分野で真摯に専門分野を追求しようとすれば、
必然的に専門範囲が狭まっていき、総合性が失われていきます。

一方で、
論外・言語道断なことではあるのですが、
学問の世界ではイデオロギーありきでの研究がなされるという、
もはや学問とは言えない有様も跋扈しています。

ですので、
学問の世界で真実を探求する方々も、
市井の世界で学問から発信されたものを取り込む方々も、
専門分野だけではなく、
イデオロギーを排し、学問横断的な知見を獲得しておくことが必須となります。

本書+αで著者が主張している説については、
著者がパイオニアですので、
今後様々な視点から検証・探求がなされていくと思いますし、
そのこと自体は大歓迎です。

ただし、
特定の専門分野への固執、イデオロギーありき、などに基づく批判は、
真実の探求に対して保身のための批判にしかなり得ません。
決して探求の発展にはつながりませんし、むしろ邪魔にしかなりませんので、
やめて欲しいですし、それを見抜く力を更に養いたいと思います。

また、人文・社会科学の分野にありがちなのですが、
自然科学の知見が必要であるにもかかわらず、
自然科学を全く知らずに、その必要性・無知の無知に対する自覚もなく、
偉そうに持論を展開している方々が少なくありません。
今の時代・これからの時代において、
自然科学の知見を積極的に取り入れることのできない人文・社会科学は、
間違いなく衰退の一途をたどると思います。
自覚を期待したいのですが、なかなか難しそうですので、
受け入れる側が適切に吟味できるよう、学んでいくしかないと思います。
例えば、
人間を知るためには、心理学だけでなく、脳科学・遺伝学などの知見で、
古代の歴史を知るためには、考古学だけでなく、物理学などの知見で、
根拠を提示することができなければ、もはや学問ではなく単なる意見、良くて仮説にすぎません。


書籍間での重複が多いことには、読んでいて飽きてきましたし、疲れましたが、
学問横断的な真実の探求の重要性について再認識できましたので、
得るものは確かにありました。


日本の起源は日高見国にあった: 縄文・弥生時代の歴史的復元/田中英道



★★★★★

西洋史観(進歩史観)では語ることのできない日本の歴史の連続性

本書は、古事記・日本書紀に神話として語られている高天原とその神々について、
考古学の最新の知見と歴史学を融合し、
高天原は日高見国(常陸、鹿島神宮・香取神宮のあるとこと)にあったと考察しています。

このような試みは、現時点では著者のみが行っていますので、
今後更なる研究の発展により、更に明らかになっていくことを願って病みません。

著者のこの領域についての書籍を本書を含めて何冊か読みました。
著者による新発見(仮説)自体にまず驚かされ、かつ惹き込まれました。


それとともに(著者が述べたかったかことかどうかはわかりませんが)、
太古からの(少なくとも縄文時代は1万年以上前)日本文明・日本という国家の連続性が、
見えてきた気がします。
ここには余計な時代区分(石器・縄文・弥生・古墳など)や、
西洋史観(進歩史観、古代・中世・近代など)は、
日本の文明を語る上では、むしろ邪魔になるだけであることがよくわかります。

これまでの日本の文明の語り方は、
日本以外の物差し(西洋史観など)を無理やり当てはめてきましたので、
逆に日本の文明をわかりにくくしてきたのではないかとさえ思います。

本書でも引用されていますが、
サミュエル・ハンチントンの「文明の衝突」において日本文明が独自のものとして分類されています。
彼が何を持ってそうしたかはともかく、その分類は正鵠を得ているでしょう。

もちろん、西洋をはじめとした様々な文明を比較しながら日本の文明を語ることも必要ですが、
日本の文明を語る際には、日本の文明のあり方に自然に沿うように、独自の物差しを吟味して確立し、
そのうえで日本の文明に対する正しい認識ができるようにすべきだと確信しました。

逆に言えば、まず日本独自の日本文明論を構築し、
そのうえで物差しも含めて他の文明との比較をすべきではないかということになります。

そして更に、
日本文明の根源と脈々と受け継がれて現在にまでいたる何かを見つけ出し、
それらを日本文明の物差しで明らかにし、
日本独自の哲学体系として整理し、
自然体で受け入れることを通じて、
現在と未来について考えるようにしていけばいいのではないかと思います。

例えば、明治維新以降を振り返る際に、
西洋近代といわれるものが日本文明より優れていると盲信する理由は何もありません。
優れていたとすれば軍事技術ぐらいのものではないでしょうか。

特に戦後はGHQによるWGIPによって洗脳されていますので、
それらについては全て捨て去るぐらいでちょうど良いのではないでしょうか。

この点で最も情けないのは日本のいわゆる「保守」と自認している方々(一部)です。
彼らの言論自体、更には自身の立ち位置や保守の定義自体が、
が西洋史観・西洋イデオロギーに囚われてしまっているような印象を受けます。
※日本のリベラルは、そもそもが西洋史観・西洋イデオロギーの産物ですので、論外です。


また西洋史観や西洋イデオロギーといわれるもので日本を論じる必要もありません。
代表的なものは進歩史観・還元論・二項対立・○○主義などではないかと思います。
このようなもので、日本国内において日本人同士が対立すること自体、無意味だと思います。
保守vsリベラル、資本主義vs社会主義などが代表的なものではないかと思います。


このようなことを気づかせてくれた点において、
本書を含めた著者のこの領域における調査・研究は極めて優れたものだと思います。


「国譲り神話」の真実/田中英道



★★★★★

歴史の真空地帯への果敢な挑戦!

本書は、古事記・日本書紀にある「国譲り神話」を中心として、
記紀の神話が単なる神話ではなく、
歴史的事実を紡いでいるものであることを証明しようとしています。

歴史学者は、縄文・弥生・古墳時代の新発見があっても、
それを歴史として探究しないがゆえに歴史の真空地帯が生まれ、
考古学者は、これらの時代の新発見があっても、
発見があったという事実だけを重視するが故に歴史の真空地帯が生まれます。

著者は、日本におけるこのような歴史の真空地帯が放置されている実態に対して、
著者自身が提唱している形象学を中心に、
丹念に考古学的発見と記紀神話との共通性・類似性を見つけ出しながら、
縄文・弥生・古墳時代と記紀神話を統合させています。

これまでパラレルワールドのようであった、
縄文・弥生・古墳の歴史と記紀神話が見事に統合されていますので。
非常に興味深く読むことができます。

私の知る限り、
歴史の真空地帯への果敢な挑戦をし、かつ統合に成功しているのは、
著者だけだと思います。
まさにパイオニアですね。

著者によるこのような挑戦がきっかけとなって、
この歴史の真空地帯がさらに注目され、探求が進み、
著者とは異なる様々な解釈が出てくると更に面白くなってくると思います。

ただ、左翼学者は入ってきて欲しく無いですね。
どうせ、
日本を貶めたいという目的ありきでしょうし、
マルクス主義(唯物史観・階級闘争史観など)や、
GHQによるWGIP洗脳(東京裁判史観・自虐史観など)を持ち込んで、
歪めまくって混乱させるだけでしょうから。

日本国史の源流/田中英道



★★★★★

これこそ日本人の源流なのかもしれない

縄文・弥生・古墳時代の形象表現から日本の源流となる思想を導き出しています。

キーワードは、
自然・太陽・祖先・御霊などです。


チャイナかぶれ・西洋かぶれの学者連中は、
とかく「日本には思想・哲学がない」と日本を貶めますし、
反日左翼連中は、
共産主義の唯物史観・階級闘争史観ありきで日本の歴史を歪めることで、
とかく「日本の古代は野蛮だった」と日本を貶めます。

しかし、
本書では縄文時代から古墳時代までに、
日本の思想は確立されていると明言しています。

文字の無い時代からの著者による大胆な発想力も含めた検証ですので、
異論がでることは間違い無いでしょうけれど、
個人的には本書にある主張・解説は好きです。

日本人としてのアイデンティティーを発見したいと思われる方にはおすすめの本です。


芸術国家 日本のかがやき Ⅰ縄文時代から飛鳥時代/田中英道



★★★★★

芸術、日本を知るための新たな視点

これまで日本の歴史・文化・伝統については、
様々な分野の方の様々な本を読んできました。
また、この本の著者の書籍も何冊か読んできました。

しかし、本書が主軸にしている「芸術」という視点
で日本を捉えたことはありませんでした。

芸術や、それが持つ美という視点で日本を捉え直すこと、
また、外国の芸術との比較で捉え直すこと、
これによって、
これまでとは違った新たな日本の姿を見ることができました。

本書はシリーズ本で、
Ⅰ〜Ⅲまであり、かつ値段が安くはありませんので、
試しにⅠのみ購入して読んでみましたが、期待以上の内容でした。

特に縄文文化・芸術には興味がありましたので、
非常に興味深く読むことができました。

また、飛鳥時代の仏教芸術(仏像・寺社など)についても、
日本独自で培ってきた縄文以来の芸術をベースにしながらも、
様々な文明との交流の中から必要なエッセンスを吸収して発展したなど、
文明史を織り交ぜながら芸術・美について解説されていますので、
非常に新鮮でした。

文字の無い時代からの考察ですし、
文書に残っていないことも考察していますので、
著者の解説に対して批評はいくらでもできるとは思います。

しかし、形象として
縄文時代には、土器・土偶・埴輪などが残っており、
飛鳥時代には、仏像・寺社などが残っていますので、
文字だけの世界で狭く解釈してしまうよりも、
より広い考察や可能性の探求ができますので、
学問としても発展するでしょうし、より興味が湧いてきます。

シリーズの続きを読むかどうかはまだ決めていませんが、
日本人の根源を知りたいという個人的欲求は本書で満たすことができました。
また本書により、日本人の根源について更に知りたいという欲求がでてきました。


縄文文明と中国文明/関裕二



★★★★★

比較することで縄文文明が更によくわかる。
眠っている本能を目覚めさせる必要がある。


著者の『「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける』が非常によかったので、
こちらの本も読んでみました。

縄文文明の解説自体は、上記の著作の方が詳しかったのですが、
中国文明や一神教文明との比較により、
縄文文明がいかに素晴らしいものであり、また誇りに思えるものか、よくわかりました。
(全面的に礼賛するものではありませんが、素晴らしいことは間違いありません)


ただ、本書で著者は極めて重要な問いかけをしています。
「文明とは何か?」「文明は人を幸せにしているのか?」です。

これについては、議論百出だと思います。

しかし、
人間が大脳皮質で考えることは所詮限界があり、
脈々と受け継がれてきたDNAと比べれば大したことはないし、
宇宙や大自然にはまだまだ未知のもののほうが膨大にある
というのは自然科学(脳科学・遺伝学・生物学・物理学など)では常識的な知見です。

最先端科学が、
日本の縄文から受け継いだ自然信仰や、インド哲学などに、
やっと追いついてきた、といったところでしょうか。

文明が生み出した便利なものは使えばよいと思いますし、
これからも更に科学技術は発展を続けるでしょう。
ただし、これらはあくまでも生きていくための手段であり、目的ではありません。

日本人が幸せに生きていくためには、
縄文時代からDNAに刻み込まれた眠っている本能を目覚めさせる必要があるのではないか、
とおもいます。

比較文明論の本だと思って読んだのですが、
非常に重要な問いかけをしてくれましたので、
本のタイトルとは異なりますが、非常に良い本だと思います。

「縄文」の新常識を知れば日本の謎が解ける/関裕二



★★★★★

縄文文明の素晴らしい解説書

縄文時代の新説については、
他の書籍などで情報をえていましたが、
本書を読むことで、その整理がつきました。

また、新しい縄文時代の新たな学術的知見も得ることができ、
更に理解を広げることができました。

私個人にとって本書での貴重な部分は、
①縄文時代から弥生時代への変遷、
②日本と大陸との関係、
③歴史と神話との関係、
についても、
著者の推測はありつつも、
できるだけ研究結果を織り込みながら、
また著者とは異なる見解も示しながら(社会科学では大事)、
わかりやすく説明されていることです。

上記①②については、
長浜浩明氏の本を3冊ほど読んでいましたが、
彼の著作とは比べ物にならないほど、
丁寧に書かれています。
※ですので、彼の著作3冊の評価を下げます。


あと、著者の想いや願いが強く出ているとは思うのですが、
日本人は戦争などの乱世を経験すると、平和な縄文時代への回帰を願うようです。

縄文人が、水田稲作に躊躇したのは、
それに伴う様々な争いや戦いを回避したかったからだ、と著者は述べています。

もしそうであれば、その文明と遺伝子を継承している現代日本人もそうでしょう。
一方で現実世界から逃れることはできません。
そのジレンマを解消する方法を編み出さなければなりませんね。

縄文時代の科学的な最新情報を得たくて手に取りましたが、
良い意味で、生き方まで考えさせられるとは思いませんでした。

国民が知らない 上皇の日本史/倉山満



★★★★★

恥ずかしながら知らないことだらけでした

歴史ドラマで登場する上皇のイメージや、
虎ノ門ニュースでの竹田恒泰氏の解説以外、
上皇についての知識・歴史については、恥ずかしながら全く知りませんでした。

本書の内容は、ほぼ知らないことだらけでした。
読んで本当に良かったと思います。

知らないこと自体は自分の責任なのですが、
天皇・皇室についての正しい知識・歴史を学ぶ授業が義務教育にないのはおかしいと思います。
明らかに文部科学省の積極的不作為ではないでしょうか。
こんな省は要りません。現在の学習指導要領も要りません。教科書検定も要りません。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE