FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

伊勢神宮/所功



★★★★★

神宮初心者向けの入門書

神宮に参拝する機会があり、事前学習のために購入して読みました。

神宮の歴史が古事記や日本書記などとの関連で述べられていたり、
神宮の祭祀が皇室祭祀との関連で述べられていたり、
遷宮の意義が述べられていたりと、
多岐にわたる解説がなされています。

本書で述べられている個々のテーマについては、
それぞれより深く掘り下げられた研究や解説書が有ると思いますので、
本書は神宮初心者向けの入門書という位置付けなのだと思いますが、
入門書としては十分に役割を担っていると思います。

日本は天皇の祈りに守られている/松浦光修



★★★★★

これ一冊で日本の原点の基礎がわかります

天皇・皇室とは何か、
天皇・皇室と日本国民との関係は本来どのようなものか、
神道とは何か、
古事記・日本書紀とは何か、何を後世に伝えようとしていたのか、
など、
これ一冊で日本の原点の基礎が全てわかります。

またこれらの正しい理解を阻もうとしている勢力がどのようなものであり、
いかにして阻もうとしているのか、についてもよくわかります。

日本の原点を知りたい方は、まず本書から読まれると良いでしょう。

日本人として知っておきたい皇室の祈り/伊勢雅臣



★★★★★

日本人に生まれてよかった!

神代の時代から今に至り未来永劫続く
男系男子による万世一系の天皇の祈りに守られた日本人は
世界で一番幸せな民族ですね。

本書を読んで改めて日本が君民一体の民族国家であることがよくわかりました。
そして天皇・皇后の大御心が日本人だけでなく世界中の人々にまでいきわたり、祈りを捧げていることもよくわかりました。
天皇・皇后にとって日本人だけでなく、世界中の人々が大御宝なんですね。
このような君主は世界中のどこにも歴史上のどこでも日本以外には存在しないと思います。

日本人は天皇・皇后の大御心に応えなければ失礼ですよね。
そのためには、神代の時代から今に至る男系男子による万世一系の天皇の系統を未来永劫続くように支えなければなりませんね。
それが私たち日本人に、また世界中の人々に祈りとしてまた巡ってくるのですから。

なお、本書では紹介されていませんが、天皇の祈りの源になっているものがありますので紹介しておきます。

三大神勅
日本書紀の天孫降臨の段で天照大神が孫の瓊瓊杵尊らに下した以下の3つの神勅
天壌無窮の神勅
葦原千五百秋瑞穂の国は、是、吾が子孫の王たるべき地なり。爾皇孫、就でまして治らせ。行矣。
宝祚の隆えまさむこと、当に天壌と窮り無けむ。
宝鏡奉斎の神勅
吾が児、此の宝鏡を視まさむこと、当に吾を視るがごとくすべし。与に床を同くし殿を共にして、斎鏡をすべし。
斎庭の稲穂の神勅
吾が高天原に所御す斎庭の穂を以て、亦吾が児に御せまつるべし。
(出典:Wikipedia)

歪められた日本神話/萩野貞樹



★★★★★

日本神話研究=日本神話冒涜

日本神話の研究者らが揃いも揃って、
左翼イデオロギーに染まり、論理破綻・論理飛躍した稚拙な説を展開して、
神話を冒涜してきたことがよくわかりました。
目的は日本神話否定による皇室廃止です。
これは、戦後日本の人文社会科学系のアカデミズム全般に見受けられる傾向と符合しますね。
憲法しかり、歴史しかり、です。

まずいのは、保守系研究者がこれに対抗して同じ方法で神話の正当性を検証していることです。
これでは愚か者同士の論争に堕してしまいかねません。

神話は神話として心の中で感じればいいのではないか、と思います。

ご参考までに本書にて著者が批判している学者を挙げておきます(初出順、敬称略)
梅原猛、直木孝次郎、上田正昭、上山春平、津田左右吉、川副武胤、神田秀夫、横田健一、
松前健、萩原浅男、中村啓信、倉野憲司、益田勝実、松村武雄、岡田精司、松岡静男、
飯島忠夫、福永光司、吉野裕子、千田稔、高橋徹、三品彰英、青木和夫、内藤湖南、
渡部義道、肥後和男、水野祐、井上光貞、吉井巌、和田萃、西郷信綱、松本信広、次田潤、
武谷久雄、西田長男、中西進、大野晋

平田篤胤/吉田麻子



★★★★★

明るく楽しい国学

本居宣長の「もののあわれを知る」国学も良かったですが、
平田篤胤の「明るく楽しい」国学の方が個人的には好きです。
いずれにしても人間の本能(感情)を肯定しており、最新の脳科学・神経科学と相通じるものがありますので、納得感があります。
人間の本能を否定している仏教や儒教とは全く異なっているのは重要なポイントだと言えるでしょう。
賛否両論あるとは思いますが、神道の本流は平田国学で説明した方がよいのではないかと思います。
神道は清明正直であり、明るいことも要素の一つにありますので。

神道の逆襲/菅野覚明



★★★★★

国学の逆襲

神道の逆襲というより国学の逆襲の方が本書の内容に相応しいと思います。
儒教(朱子学)や仏教に基づいて神道の思想化を試みた吉田神道や垂加神道によって、
日本古来の神道の純粋さが失われかけてしまっていたところに、
本居宣長や平田篤胤らが国学思想により復古神道を確立して、日本古来の神道を取り戻しています。
本書では、歴史を追いながら、上記の流れが深さを削らずにわかりやすく解説されています。

本居宣長の本は読んでいましたので(田中康二著「本居宣長」)、
国学が神道に活かされるまでの、儒教(朱子学)や仏教の思想が神道に混入されていたこと自体は知っていましたが、
本書を読んでここまで酷いとは思いませんでした。
現在でも、日本の歴史・伝統・文化の素晴らしさを理解できずに、
西洋思想にかぶれることがインテリだと勘違いしている連中が少なくないのですが、
昔からこのような傾向は日本にあったというのは衝撃的でした(当時はチャイナかぶれ)。
本書・著者・出版社に感謝です。

本居宣長/田中康二



★★★★★

本居宣長の思想全般の概要がよくわかります

石平氏の「なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか」を読んで、
本居宣長とその思想に興味を持ち、まず本書を読んでみました。

外来思想である儒教・仏教を取り払い、
日本最古の文献である古事記・日本書紀や万葉集を、その時代も含めて研究することで、
日本独自の古来から伝わる思想を再発見し、学問として体系化する、
というのが本居宣長の狙いのようです。

そして、日本独自の古来から伝わる思想を「物のあはれを知る」に求めています。
様々な人や物事に対して自然な感情を抱き、それをしっかりと知ることで、
相手を知り、それに共感している自分を知り、共に生きていく、
と要約できるのではないかと思います。
これは、清明正直を旨とする神道(神ながらの道)そのものです。
神道は感情を否定しません。むしろ明るく楽しく生きましょうというものです。
そして、嫌なことがあれば禊祓で清めて捨ててしまおうという、あっけらかんとしたものです。
一方で、
上下関係を前提とした徳治主義を唱えた孔子の儒教とも、
感情を苦の根源として廃することで涅槃に至ることができると唱えた釈迦の仏教とも、
相容れない物だといえるでしょう。

物のあはれを知ることが日本人の根底にあったからこそ、
堅苦しい息苦しい儒教が個人の道徳という形に日本化されたのでしょうし、
暗くて成仏困難な仏教が即身成仏、草木国土悉皆成仏という日本独自の仏教に転化したのでしょう。
儒教学者・仏教学者の中には、これらを儒教・仏教の劣化だと非難していますが、
縄文時代から培われていると言われている日本古来の歴史・伝統・文化を無視した、
視野の狭い了見と言わざるを得ません。


なお、本居宣長は国粋主義者だと誤解されかねないのですが、
儒教と孔子、仏教と釈迦を否定しているわけではありません。
否定されているのは、
それらにかぶれて日本古来の思想を忘れ、
またそれらと輸入元のチャイナを持ち上げて日本の思想と日本を貶めている日本人です。
現在にも通じるところがありますね。
共産主義にかぶれて共産主義国家に媚びへつらい反日売国行為をしている日本人がいます。


本居宣長「古事記伝」を読む/神野志隆光





kindleサンプルを読んで買うのをやめました

本居宣長がどのように古事記を解釈しているのか、それは何故なのか、根拠は何なのか、
などが知りたくて、ひとまずkindleサンプルをダウンロードして読んでみました。
しかし、解説は私の期待に応えてるようなものではなく、
著者の自説に基づいて本居宣長の解釈を否定し、自説を正しいとするものでした。
サンプルを読んだだけですので、本書全体がどうなっているかは判断できませんが、
古事記冒頭の一節がこの調子ですので、とても買って読む気にはなれません。

なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか/石平



★★★★★

脱中華の日本思想史という異色の観点からの指摘が素晴らしい!

日本思想史についての本は何冊も読みましたが、
特定の思想(儒教・仏教など)、特定の時代(平安・鎌倉など)等、
それぞれの研究者・学者の専門領域に閉じられ、かつ専門領域に有利に書かれたものが多く、
日本に取り込まれた主要な思想すべてについて通史で、
かつチャイナとの比較において解説されたものは本書が初めてでした。

断片的には知っていることはありましたが、
日本思想史について時空間軸で俯瞰して解説されていますので、
数多くの深い学びを得ることができました。

また、日本古来の信仰である神道が、
外来思想である仏教や儒教の日本国内での勢力拡大によって後退してしまったにもかかわらず、
平和的な方法で生き延びながら、逆に仏教や儒教に影響を及ぼして神道化してしまうしなやかさを持っていることがわかり、
神道への尊崇の念が更に強くなりました。

チャイナ出身であることから当然チャイナに詳しく、
かつ、普通の日本人よりも日本のことを愛し、よく知っておられる石平氏ならではの傑作だと思います。

本書を読んで、
日本の思想史が脱中華思想の歴史であることがよくわかりました。
そして、江戸時代後期の本居宣長で完全に脱中華思想を達成し、その頂点を極めながらも、
幕末・明治維新以降の動乱の影響もあり儒教(朱子学)を取り込んでしまい、再中華化してしまって、
現在に至っているということです。
これは極めて残念なことだと言わざるを得ません。

因みに、日本古来の思想である神道は、仏教や儒教とは真逆のものです。

チャイナは現在の日本にとって最大の脅威ですので、当然抑止力を盤石にしなければなりません。
しかし、抑止力の最重要要素でもある日本の思想が中華化してしまっていては、他の要素が盤石だとしても意味を成しません。
日本の媚中勢力についてはコミュニストだけかと思っていましたが、儒教かぶれも媚中勢力だということがよくわかりました。
また、本書を通じて日本が独力で独自の思想体系を構築するのが得意でないこともよくわかりました。
従って、為すべきことは、完全に脱中華思想を極めた本居宣長に立ち戻り、神道をベースに日本思想を確固たるものにすることだといえるでしょう。

なお、皇国史観の強い方には、不快な記述が登場します。
教育勅語が中華思想である儒教に基づいて書かれているという記述です。
チャンネルくららでの本書の紹介番組で、倉山満氏も不快な表情を浮かべていました。
ただし、これは本当のことですので、受け入れるしかありません。
何故、そうなってしまったのか、本来であればどうすべきであったのか、については、
石平氏の今後の研究と次回作に期待したいと思います。

個人的には、本居宣長や平田篤胤について学んでみたいと思います。
早速、田中康二氏著「本居宣長」、吉田麻子氏著「平田篤胤」を読みました。
あと日本古来の神道が如何に儒教や仏教の影響を受けてしまっていたかについては、
菅野覚明氏著「神道の逆襲」が非常に参考になります。
こちらも★5つです。

日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか/山村明義



★★★★★

日本の全ての物事が神道に繋がっている

日本の歴史・伝統・文化や、
それに基づいた現代の最先端科学技術やサブカルチャーは、
それを認識できないぐらい神道に繋がっているということを、
数多くの様々な事例を紹介しながら、
西洋の一神教や仏教と比較しながら解説しています。

神道はあまりにも日本人の日常生活に浸透していますので、
よほど意識しないとそれが神道に基づくものとは分からなくなっています。
従って、神道というのは、他の宗教とは異なり宗教を超越したものだと言えるでしょう。

このことを忘れて神道の精神性を疎かにし、日本人らしさを失うと、
個人にせよ、組織にせよ没落していくようです。

神道にはいろんな入口があると著者は述べていますので、
神道に興味のある方は本書を読まれてから、
ご自身の興味分野から神道に迫ってみるのもいいのではないかと思います。
神道入門にはオススメの一冊です。

  【BACK TO HOME】  


PREV PAGE «  BLOG TOP  » NEXT PAGE