FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
元経営コンサルタント
専門分野:ヒト

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。
また、マネジメントは企業だけのものではなく、国家を含めあらゆる組織体や個人にとっても必須のものです。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

05 | 2021/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

コンサイス版 ビットコインとブロックチェーン/アンドレアス・M・アントノプロス



👍👍👍👍👍

ド文系でも何とか理解できるビットコインとブロックチェーンの仕組み

元々技術者向けに書かれた本をコンサイス版にしたものです
コンサイス版とあるように、ド文系でも何とか理解できる編集がなされています
ブロックチェーンを理解したいと思い手にしましたが、何とか理解できました

物凄く単純化すると
ブロックチェーンはサイバー空間にある膨大な大福帳のようなものではないかと思います

なお
膨大かつ増大するブロックチェーン、ビットコインをサイバー空間で処理しようとすれば
コンピュータの処理能力を高め、それを賄うための電力も増やす必要があるでしょうね


2030年:すべてが「加速」する世界に備えよ/ピーター・ディアマンディスほか



👍

イデオロギーありき、根拠なき過大評価、人間への理解不足、似非科学、ヘタクソな解説

先ず本書は次のようなイデオロギーありきで書かれています
・環境左翼(何ら科学的根拠なき地球温暖化CO2原因説が正しいという前提ありき)
・唯物主義(科学技術を便利さだけで語り、人間の感情的側面における科学的知見を完全に無視)
・反国家主義(国民国家の存在意義や国民国家の文化・歴史・伝統などの多様性を完全に無視)
・根拠なき楽観主義(サイバーテロ・権力者による情報の悪用などテクノロジー・リスクを完全に無視)
などなど
科学技術に対する真摯な姿勢を読み取ることが全くできませんでした


次にテクノロジー進化に対して根拠なき過大評価をしています

例えばディープラーニングAIによるシンギュラリティについて
孫正義氏を引用して「到来する」と断言していますが
ディープラーニングの中身やプログラミングをかじったことがある方からすれば
ディープラーニングAIでは本書が述べているようなシンギュラリティが来ないことは明白です

ディープラーニングは統計学における最小二乗法の塊にすぎず
ビッグデータから統計学的に正しい情報は出力できますが
それ以上のことは何もできません

基本設計そのものを進化させなければ(ディープラーニング型でなく)
シンギュラリティが到来するか否かの議論すらできません

それでもルーチンワークのほとんどが
ディープラーニングAIに代替されてしまうこと自体は間違いありませんが

AIについては
本ブログのカテゴリー「AI」をご参照くださいませ

また太陽光発電について
近い将来に地球上の全電力を賄えると豪語していますが
全く根拠がありません

太陽光発電を電力源とする場合には
自然災害が少なく、自然環境を壊さず、日照が強く多く長い場所が必要となります
研究開発で発電効率を高めることはできると思いますが
上記条件が必要なことには変わりません
しかし、例えば日本はこれらの条件を全く満たしていませんので
日本でどうやって太陽光発電だけで電力を賄うことができるのでしょうか
本書では国や地域の地理的・気候的特性の違いを全く無視しています

宇宙に太陽光パネルを張り巡らし、マイクロウェーブで地表に電力を送電するというなら
太陽光発電で地球上の全電力を賄える可能性は高まりますが、この方式には全く触れていません


更に唯物主義イデオロギーが前提ですので
人間についての科学的知見に基づく理解ができていません
人の感情・欲望・嗜好・遊び心など功利的側面(損得勘定)以外の要素が
テクノロジー進化を語る上で欠落しています
2030年のテクノロジーを語っている割には
人の理解について17世紀のデカルトから抜け出せていません

人間の科学については
本ブログのカテゴリー「ヒトの自然科学」をご参照くださいませ


しかも環境左翼イデオロギーが前提ですので科学についても虚偽記載があります
森林破壊でCO2が吸収されなくなるので大問題だと断言していますが
樹木はCO2を吸収すると同時に排出していますので森林とCO2とは無関係です
割り箸が森林破壊の原因なので「マイ箸」を持ちましょう、というのと同じぐらい低レベルです
初歩的な科学すら知らないのであれば無知ゆえに本書を書く資格はありませんし
知っていて敢えて断言しているのであれば詐欺ゆえに尚更本書を書く資格はありません


そのうえ本書で扱うテクノロジー進化の内容は「広く浅く」ですが、それにもかかわらず説明がヘタクソです
・450ページ丸々使って文章だけで解説しており、読者に理解を促すうえでの基本ができていない
・洗練されたイラスト・優れたプレゼンで使用されるような図表・視覚的に瞬時に理解できるグラフを使用していない
(これらを解説のメインにして、文章で補う形式にすればページ数は少なくとも半減できます)
などなど
敢えてわかりにくくしているとしか思えないような解説方法です


上記を全て踏まえると
頭の悪い左翼が金儲けのために読者を騙しているのではないかと思わざるを得ません
要は「バカ」「アカ」「ワル」ということになるでしょうか


本書で登場する数々のテクノロジー・その融合・加速要因などは
読んでいて面白いですし、知らなかったこともありますので悪くはないのですが
上記のことから、あくまでも「可能性」の1つであり、実現するかどうかはわかりません
著者らの歪んだand閉じた思考回路に基づく最新テクノロジーカタログみたいなものと考えていいでしょう
若しくはテクノロジー進化の皮を被った著者らのイデオロギー・プロパガンダなのかもしれません


本書を読もうと思われている方は
上記を踏まえて読むか読まないか、どう読んだらいいのか
を先ず検討された方がよろしいのではないかと思います

そして本書を読まれる方は
上記を踏まえた上で「こんなこともあるんだなー」程度に
さらっと読むのがいいのではないでしょうか


👍1つは「こんなこともあるんだなー」を知ることができる点に対する評価です


イーロン・マスク 未来を創る男/アシュリー・バンズ



👍👍👍👍👍

イーロン・マスク=(スティーブ・ジョブズxP.F.ドラッカー)のバージョンアップ

本書は原著初版が1995年と古い(Tech業界では一昔前)ですので
2021年時点のイーロン・マスク、テスラ・スペースXを知ることはできませんが
何故これほど凄いのかについての原点はよくわかります。

著者が広範な科学技術分野でのテクノロジー・ライターであることから
読み手に科学技術分野での基礎知識があれば、その凄さをよく理解することができる本になっています。

スティーブ・ジョブズのいた頃のAppleはユーザーをワクワクさせ続けてきました。
ビル・ゲイツのMicrosoftはつまらない企業でしたがチャンスをものにする力は他社を圧倒しています。
イーロン・マスクはこの両者を掛け合わせたうえでバージョン・アップした人物とのことです。

市場を独占するようになり傲慢になってしまった今のGAFAMとは真逆の人物・事業だと言えるでしょう。
なお個人的にはビル・ゲイツを評価していませんので、レビュータイトルはビル・ゲイツではなくP.F.ドラッカーとしています
※WindowsはMacの丸パクリ。それをマーケティングの力でデファクト・スタンダードにして大儲けしています

インターネットビジネスからIoT・DXの時代に変化していると言われていますが
その先頭に立ってテスラ・スペースXなどで実績をあげながら
他者・他社からの追随を時間とともに引き離しているのが、イーロン・マスクでしょう。

ジョブズといいマスクといい
このような人たちが必ず登場するのがアメリカ経済の凄さなんでしょうね。

今の日本にこのような人たちに匹敵するような企業家は見受けられませんし
いたとしても「出る杭は打たれる」どころか「引っこ抜かれて潰される」のが日本の産業界ですので
日本経済は失われた30年に留まらずこれからも明るい兆しは見えてきませんね。

アメリカにももちろん既存産業・既得権益などはあり
創造的破壊者であるイーロン・マスクは直接・間接問わず猛攻撃を受けている最中ですが
これからも、これまで以上に既存産業・既得権益を振り払いながら
ワクワクさせる事業を成功させ続けていって欲しいですね。

ドラッカーも言っています。
企業の目的は顧客の創造である
そのためにはマーケティングとイノベーションが最も重要である


イーロンマスクの言葉/桑原晃弥



👎

この本でイーロン・マスクは理解できない
この著者にイーロン・マスクは理解できない


本書の元ネタは「イーロン・マスク 未来を創る男」ですが
(著者は取材をしていません)
イーロン・マスクを知りたければ元ネタ本だけを読めば済みます。

この本でイーロン・マスクを正しく理解することは不可能ですし
まず著者自身がイーロン・マスクを正しく理解できていません。
明らかに著者の能力・知識・経験が欠けています。

元ネタ本から選ばれた「言葉」は精神論にかなり偏っています。
しかも「言葉」の取り上げ方が元ネタ本から歪められているものも少なくありません。
言葉の解説も既存のビジネス書を超えるものではありません。

昭和時代の精神論(根性・努力)が好きな
時代遅れのビジネスパーソンをターゲットに
イーロン・マスクを歪めて伝える企画だったのか
もしくは
著者自身が昭和時代の精神論から離れられず
時代遅れになっていることさえ自覚できずに書いたのか
の何かではないかとさえ思えてきます。

YouTubeでの良質な動画の方がよほどイーロン・マスクを正しく捉えています。

イーロン・マスクについて書籍で理解したいと思い手に取った本ですが
これは最悪・最低です。

イーロン・マスクはもとより、元ネタ本&著者に対して無礼千万な本です。

イーロン・マスクを知りたい方は読んではいけない本だと言えるでしょう。


オードリー・タンの思考 IQよりも大切なこと/近藤弥生子



★★★★★

初めてオードリー・タン氏に触れる方にとっては良書。ただし

初めてオードリー・タン氏に触れる方にとっては、間違いなく良書です。
様々な角度からのアプローチで彼女の何が素晴らしいのか、に迫ろうとしています。

ただし、日本では既に同様の書籍が3冊出版されています。
この3冊を既読の方にとっては、あまり新しい切り口や情報は得られないと思います。

彼女が関与した仕事に関する資料・ウェブサイトなどの画像が数多く取り入れられています。
しかし、現地語のままですので、短い解説はあるものの、何が凄いのかよくわかりません。
また、モノクロ画像ですので、臨場感も伝わってきません。

本書は日本では4冊目になりますので、もっと工夫が必要だと思います。

なお評価は、初めてオードリー・タン氏に触れる方向けのものです。
既出3冊を読んだ者としては、★3つが上限になります。

本書も含め日本で出版された書籍についてのブックレビューは、
カテゴリー「オードリー・タン」に格納してあります。

オードリー・タン 自由への手紙/クーリエ・ジャポン編集チーム



★★★★★

真の自由と平等がわかります

真の自由と平等とは何か、それをどうすれば実現できるのか、
について真剣に語られている本です。

氏は、フリーダム(自由)をネガティブ・ポジティブの2つに分けています。
①ネガティブ・フリーダムは、個人として何かから自由になること
②ポジティブ・フリーダムは、自分だけでなく他の人も解放し、自由にしてあげること

まずは①を実現した後、②を推進して、自由をお互いにシェアしようとアドバイスしています。

そのうえで様々なことから自由になろうと提言しています。
以下、目次から引用します。

01:不平等から自由になる
02:不安から自由になる
03:年齢から自由になる
04:競走から自由になる
05:国家から自由になる
06:対立から自由になる
07:正しさから自由になる
08:男と女から自由になる
09:ジェンダー概念から自由になる
10:家族から自由になる
11:強制から自由になる
12:ヒエラルキーから自由になる
13:支配から自由になる
14:言葉の壁から自由になる
15:スキルセットから自由になる
16:一枚岩から自由になる
17:お金から自由になる

いわゆる保守と言われる人たちからは猛反発を受けそうな内容です。
でも、それを相手にしていては自由にはなれません。

いわゆるリベラルと言われる人たちからは一見歓迎されそうな内容です。
でも、リベラルの無責任な戯言とは全く次元が異なります。
ポリコレでもありません。

いわゆるリヴァタリアンと言われる人たちからも一見歓迎されそうな内容です。
でも、公(社会)への貢献や、自己責任を謳っていますので、
自由と自分勝手は全く異なります。

このようなイデオロギー・カテゴリーからも
自由になろうと言っているのではないでしょうか。

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」のレビューでも触れましたが、
私にとって数十年ぶりに私の人生観を変えてくれた方の提言ですので、
しっかりと何度も読み込んで、自分自身に染み込ませたいと思います。


Au オードリー・タン 天才IT相7つの顔/アイリス・チュウ、鄭 仲嵐



★★★★★


オードリーの人生を辿りながら、その凄さに迫っています

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」が、
氏自身が自らの希望・願い・実績などを直接述べているのに対し、
本書は著者らがオードリーへのインタビューなどを基に、
他者によって氏の足跡を辿りながら、人格と実績の凄さを解説しています。

併せて読まれると、より氏の素晴らしさを実感できると思います。
「オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る」を
先に読んでから本書を読んだ方がいいでしょう。

そうすると、著者の希望・願い・実績がわかったうえで、
それは何故なのか、を理解することができます。

こういう生い立ち、人生を歩んでくると、
このような素晴らしい人物になるんだな、と想像できます。

優れた副読書だと言えるでしょう。

オードリー・タン デジタルとAIの未来を語る/オードリー・タン



★★★★★

数十年ぶりに人生観を変えてくれました。

個人的な話で恐縮ですが、
令和3年は私にとって新たな人生をスタートさせる年です。

以前から気になっていたオードリー・タン氏自筆の著作を知り、
この天才がどのような「デジタルとAIの未来を語るのだろう」と興味津々で手に取りました。
最初はタイトル通り、デジタルとAIの分野における最新技術を知りたくて読み始めたのですが、
期待を良い意味で大きく裏切ってくれました。

もちろん技術的な話がないわけではありませんが、
それはあくまでも補助的なものであり、
本筋は、
個々人が輝きながら、いかによりよい社会を創っていけるか、
よりよい社会を創りながら、いかに個々人が輝くことができるか、
についての著者の考えを披露したものです。

これは著者が自身を「保守的なアナーキスト」と定義していることからくるものです。
いずれの単語も誤解を生みやすいですので、著者自身の定義を引用しておきます。
保守:
・日本語の「保守」より中国語の「持守」に近い
・「持守」には「自分の意思を堅持する、貫く」という意味がある
・私の考える「持守」は、進歩という理由で文化を破壊せず、「伝統文化」を守ること
・自分が守りたい伝統文化を守るために、多くの人を巻き込んで実現したいと思って行動している
・自分が守っていればいい。他の人のことは知らないよ」という傍観者的な態度でいるわけではない
・私が「持守」という言葉を使うのは、攻撃的な意味が含まれていないから
アナーキスト:
・無政府主義とアナーキズムは同じではない。決して政府の存在そのものに反対しているわけではない
・権力に縛られない。政府が脅迫や暴力という方法を用いて人々を命令に従わせる仕組みに反対する
・権力や強制といったものをどのように平和的に転換させればいいか、に関心がある
・皆がお互いを理解し合った新しいイデオロギーに持っていくにはどのようにすればいいか、に関心がある
・古臭い権威主義や上から目線の命令・高圧的な態度には全く興味がない
・命令などの強制力がないことが重要である

何より素晴らしいのは、著者が自身のアイデンティティに基づいて、
実際に行動し、人々を自主的に巻き込み、イノベーションを起こし、成果を出し続けていることです。
そしてあくまでもその手段としてデジタルとAIを上手く利用していることです。

著者自身のアイデンティティがこのようなものであれば大賛成ですし、
著者の活動にも加わりたいと思いますし、
私自身もこのような人物に少しでも近づきたいと思います。

また著者は天才だと言われ、それ故に注目されているようですが、
それよりも、著者の実際の行動・成果の基盤であり、かつこれらに裏付けられた、
極めて高いIntegrity・妥協しない徹底したInclusionなどの、
人間性・人徳に惹かれました。


これまで、
「この人の切り口は凄い」:デレク・ユアン氏(戦略理論家)など
「この人の理論は凄い」:ミルトン・フリードマン氏(政治経済学者)など
「この人の研究は凄い」:アントニオ・ダマシオ氏(脳科学・神経科学者)など
という方々には書籍などを通じて出会ってきました(決して多くはありませんが)。

しかし、
人生観を変えてしまうような人物に書籍を通じて出会うのは数十年ぶりのことです。
経営コンサルタントとして仕事を始め、P.F.ドラッカーに出会って以来のことです。
新たな人生を始める年のはじめに、この本に出会えたことは最高の幸せです。
私にとっての新たな人生への羅針盤になると確信しています。


それにしても、
このような方が政府の要職を勤める、
このような方を政府の要職に招聘する台湾という国は、
素晴らしいですね。


翻って、日本の自称保守・リヴァタリアンの多くは、
束になっても著者には遠く及ばないのではないでしょうか。

日本の自称保守の多くは、
国民一人ひとりのことなどあまり眼中にありませんし、
ポリコレでない真のマイノリティに対して平気で差別する人もいます。
(人権=左翼というステレオタイプに自ら囚われているのでしょうか?)
日本のリヴァタリアンには、
本場アメリカの表面だけなぞって自己中・自分勝手なだけの人もいます。
(自由には自己責任が伴うという当たり前のことが理解できていないのでしょうか?)

更に、いずれも言説だけはご立派な一方で、
自分の世界・蛸壺に閉じこもり、
自身の言説に異を唱える方がいれば、
よりレベルを引き上げるための機会と捉えるのではなく、
自分自身への攻撃と断定して排斥してしまう方々が少なくありません。

そのうえ、
口だけは達者ですが、
実行に移し世の中を変えるという成果を出している方をほとんど見かけません。
自分は言論人だから、学者だから、という言い訳で安全地帯を作っているように見えますが、
世の中を変えられなければ、単なる机上の空論と言われても仕方がないと思います。
本当に世の中を良くしたいのか、変えていきたいのか、疑問です。

挙げ句の果てに、活動を中心としている方々を「右翼」と
ステレオタイプにカテゴライズして見下している有り様です。
一体彼らは何様のつもりなのでしょうかね?

しかも、デジタル・AIの知見はおろか、自然科学の知見すら
学ぶことなく、学ぼうともせずに、
この領域に関連するテーマを平気で語り、
かつ自分の意見が正しいと断言するような、
身の程知らずが少なくありません。
(自分の狭い世界が全てだと思っているのでしょうか?)

現代において、未来を語る際には、また大戦略や政策を構築する際には、
これらの領域の知見を駆使し活かすことが不可欠であるにもかかわらず、
無知の知を自覚していない人が少なくありません。
この体たらくで、幾ら未来を語り、大戦略や政策を構築したとしても、
可能性・選択肢を狭めるだけでなく、間違った解決策を言いふらしかねません。
極めて危険です。

ちなみに、これらはプロフェッショナルの世界では職業倫理の欠如と言われ、
真面目にサービスを提供している仲間・適切なサービスを受けたいクライアントから、
忌み嫌われます。

日本にいる自称保守、自称リヴァタリアンとは、
得も志も実力も成果も比較するのが失礼なぐらい、著者のレベルは高いですね。

日本の様々な言論人・学者の書籍を数多く読んできましたが、
私の中でこの日本の惨状に当てはまらないのは、
藤井厳喜氏・武田邦彦氏、次いで坂東忠信氏・山岡鉄秀氏以外にほとんど知りません。
(私が著書を読んでいないだけで、未だ出会っていない方もいらっしゃるとは思います)

日本の現状がこのような始末ですので、より著者に魅力を感じるのだと思います。


現時点で2冊ほど、著者に関する書籍が出版されていましたので、
読了後すぐに注文しました。

本書と合わせて3冊、じっくり読みながら、
著者への理解を深めていきたいと思います。


人工知能は人間を超えるか/松尾豊



★★★★★

ディープラーニングの将来展望をわかりやすく提示しています。

第三次AIブームまでの歴史やディープラーニングの内容・効用・限界については、
他の関連書籍を通じて知ることができましたが、
ディープラーニングそのものの将来展望についてわかりやすく提示されている本は本書が初めてです。
ディープラーニングベースでもかなりのことが期待できそうですね。とても参考になりました。
本書も含めて何冊か関連書籍をを読みましたが、
ディープラーニングベースでは、シンギュラリティが到来しないということがはっきりしました。

AIまるわかり/古明地正俊他



★★★

ビジネスでAI導入を検討する際のきっかけ作りの本

ビジネスでAIの導入を検討してみたい、という企業にとってはきっかけ作りに読まれると良い本かと思います。
ただし、ビジネスでの導入成功事例のみの紹介ですので、失敗事例や投資金額・期間についての説明はありません。
従って、あくまでもきっかけ作りとしての本です。というか野村総研の営業本に近い位置づけと言っていいかもしれません。
とはいえ、導入事例はそこそこありますので、参考にはなります。

また、用語の使用方法に違和感を感じます(AGI・AI、大人のAI・子供のAI、強いAI・弱いAIなど)。
これについては、研究者の対談本である、強いAI・弱いAIの方が正確なんだろうと思います。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE