FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

資本主義と自由/ミルトン・フリードマン



★★★★★

名著とはこういう本のことを言うのでしょうね

1962年初版の本書を2019年の今、読み直してみました。
60年近く昔の本になります。


全く古びていないどころか、
日本の「失われた30年」の本質的な病根を抜本的に治療する処方箋が、
極めてロジカルに書かれています。

また、私が日本で経済政策について唯一信頼している
数量政策学者の高橋洋一氏が解説を書かれています。

本書を読むと、日本経済の本質的な病根は政府を含めた行政の権力の集中と肥大化にある、と集約されそうです。

例えば、日銀による金融緩和をする、しない、で揉めていますが、
そもそも日銀なんかに権力を集中させ、金融政策の裁量権を握らせ独裁化させていること自体が問題だとわかります。
本書によれば、金融政策のルールを法制化し、それに従った運用だけを日銀にやらせれば済む話です。
例えば、失業率が高くなったら緩和、賃金が上昇するまで緩和、一般物価が上昇しすぎたら引き締め、などです。
そうすれば、日銀人事ごときで日本経済が右往左往させられることはなくなります。

また、財務省がよく国民を騙す手口として使う財政健全化ですが、
そもそも補助金を政官業の利権獲得・維持のために使っていること自体が問題だと思います。
政治家は選挙当選のため、官僚は権限と天下り先確保のため、企業は自由競争回避のため、です。
本書によれば、そもそも国や地方自治体は市場を歪めるような補助金の支給を一切やめれば済む話です。
どれだけこのような補助金があるかは知りませんが、全て止めれば財務省の言う財政健全化はできるでしょう。

あと、今なら長期国債がマイナス金利ですので、
高橋洋一氏が言われるように、100兆円ぐらい国債を発行して金利を受け取りながら財政出動するのもありでしょう。
借金して儲かるんですから、財務省が論理的に反論できる余地はないでしょう。
やれないのであれば、政府が無責任だということになるでしょう。

なお、教育や福祉でどうしても国や地方自治体が関与しなければならない場合は、バウチャー制度を利用すべきです。
利用者に直接バウチャーを支給し、利用者が自由に気に入った機関を利用すればいいだけのことです。
教育・福祉の受益者は教育・福祉機関ではないので、利用者が自由に選択でき、提供者に自由競争させるべきです。
教育機関や福祉機関に補助金を支給するので、これらが既得権益化し質も生産性も上がらなくなるのです。

他にも様々な処方箋がありますが、本書と現在の日本を比較して、ひとまず主なものを挙げてみました。


あと、フリードマンでよく誤解されがちなのは、市場任せにしすぎているということでしょうか。
これに対してフリードマンは、
政府は何もしなくて良いわけではなく、自由市場が上手く回るためのルールとモニタリングはすべきと言っています。
主なものとして、反トラスト法(≒日本の独占禁止法)などによる自由市場機能の秩序維持は政府の仕事としています。

また、自由資本主義経済の副産物である格差について冷淡だという誤解もあるようです。
これに対してフリードマンは、
一生懸命仕事をしている人と遊んでいる人が同じ報酬の方が不平等だと切り返しています。
また社会主義の方が格差が大きくなると当時のデータに基づいて解説しています。
さらに、特に似非ケインジアンは隠蔽しますが、
今で言うベーシック・インカムを負の所得税として本書で提唱しています。


本書の一言一句全てについて賛同するわけではありませんが、
戦略を描けない政府、選挙しか考えない政治家、保身しか考えない官僚、既得権益の維持しか考えない財界
が日本を腐らせ、今のような体たらくの原因を作っていると思われます(例外はいるでしょうが圧倒的少数でしょう)。
皆、日本の将来よりも近視眼的な自身の利益しか考えていません。

経済がこのような状態では、外交も安全保障も言わずもがなです。
このまま放っておくと、いずれアメリカからも見放されるでしょう。
お隣の半島南半分を笑っていられる状況ではありません。

少し前に、日本に警鐘を鳴らした某アパレルメーカーのCEOがいましたが、
そのCEOとて、日本の将来よりも近視眼的な自身の利益しか考えていないという点では、同じ穴のムジナです。

この体たらくを少しでも打ち破るために、本書は役に立つと思われます。

日本会議の研究/菅野完





日本会議についてはそうかもしれないが、それにしても視野が狭すぎる

「安倍ガー」の源泉を日本会議に求めただけのような本です。
日本会議についてはまとまった解説を読んだことがなかったので、本書の内容にも一理あるとは思います。
ただし、日本会議を「悪」と決めつけた上で解説しているようにしか思えませんので、注意が必要でしょう。

それにしても、視野が狭すぎますね。
まるで日本会議だけが安倍政権を牛耳っているかのような解説でした。
創価学会を母体とした公明党と連立を組まないと政権を維持できないことや、
己の近視眼的利益のみを追求する経団連等経済団体からの献金を受けないと政党を維持できないことや、
媚中派、媚韓派、媚朝派が党内に蔓延っていることや、
内閣法制局や財務省には、安倍政権ですら全く歯が立たないことなど、
全く触れられていません。

さらに、GHQによるWGIPの洗脳に著者自身が染まっていることを自覚もしておらず、
昨今の国際情勢危機にも全く無頓着であり、現実世界では全く通用しない論調となっています。

読むに値しませんね。

小林節の憲法改正試案/小林節





独りよがりの偏った試案

欧州近代化により生まれた「個人主義」に基づいて個人の「人権」「自由」の重視を謳っているが、
解説を読んでいると、他者や公とのバランスを欠いており、単なる「我儘」にしか思えない。
→反日野党のダブルスタンダードの格好の言い訳にされてしまいそうである
→子供の声がうるさいと言って保育所を作らせない近隣老人の我儘さをどう思うのか?

欧州の搾取的な王政との戦いから生まれた立憲主義の解釈(憲法は権力を縛るための道具)を、
歴史・伝統・文化の全く異なる日本の皇室に無理やり当てはめ、日本の自由な憲法議論を不要に狭めている。
→まさに立憲民主党の立憲主義の主張と同じであり、到底認められない

欧州だけでなく、世界中から良いものは参考にすべきではあるが、
日本には取捨選択する能力に長けてきたから今の日本があります。
欧州の一時代の考え方をそのまま日本に無理やりコピペするような態度は怠慢と言わざるを得ません。


法の下の平等といった理由で二千年以上続いている皇室制度を蔑ろにしている。
皇室を含めた日本の伝統・歴史・文化を祖先から受け継ぎ、子孫に引き継ごうという意思が全く見受けられない。
→薄っぺらいリベラルのポリコレやグローバリゼーションで様々な国家が破壊されている現実を直視できていない

憲法第九条では自衛軍と自衛権を認めており、この部分は評価できるが、
ネガティブな理由のみ挙げ連ねて、海外派兵を悪だと決めつけ、集団安全保障に制約を課しているのは、
著者が重視している国家は国民の幸福を追求すべき、という定義に反している。
→高橋洋一氏の本を読めば、集団安全保障により戦争に巻き込まれる確率が下がることが統計上明らか

声高に「知る権利」を主張し、特定秘密保護法を悪法として糾弾しているが、
著者が求めている「国家が個人が幸福に生きることを保障」するためには、
国家機密を仮想敵国に漏洩させないことや、同盟国と機密情報を共有することも不可欠です。
スパイ天国と言われている日本においては、スパイ防止法制定など何段階もセキュリティを高めなければなりません。
→自衛隊や在日米軍基地の上空にドローンを飛ばせないことに反対している反日野党&メディアレベルの下らなさです

解説に度々、日本が侵略戦争を行った、と出てきました。
このような東京裁判史観・自虐史観を前提に憲法を論じている限り、
日本の正しい伝統・歴史・文化を直視した上での憲法のあり方など導き出せるわけがありません。


本書全体を通じて、自由民主党や保守識者に対して「憲法を知らない」「憲法の素人」など、
著者自身の主張に合わない方々を見下した言説が目立ちますが、
個人的には、著者は「憲法学」以外のリアルな世界は知らない、単なる「アベガー」にしか思えません。




未来年表 人口減少危機論のウソ/高橋洋一



★★★★★

また大きなウソが著者によって暴かれた

著者の本は、
日本国内の岩盤規制によって守られている既得権益が垂れ流す大ウソを、
基本的な数字を駆使して見事に暴いていくものが多いですが、
本書もまた、その目的で書かれています。

本著は巷でさも危機であるかのように騒がれている人口減少問題について、
全く根拠に欠けたデタラメであることを暴いています。

人口減少そのものは事実であり進行中なのですが、
想定範囲内のものであり、かつ長期にわたってゆっくり進行していくものですので、
十分に対処出来ることを適切に証明しています。

人口減少危機論を煽っているのは、
それによって国民ではなく自らの利益や保身を守りたいか、ただのバカのようです。

自己保身and/orバカに騙されないように著者の本を読んで、
自己防衛を続けることが大切だと思います。

福沢諭吉 しなやかな日本精神/小浜逸郎



★★★★

今こそ必要な福沢諭吉の精神

福沢諭吉「脱亜論」は読んだことはありますが、
思想全般について曲解なく述べられた本を読むのは初めてでした。
学ぶべきことが多々あり、読んで良かったと思います。

また、特に左翼勢力に都合よく文章の一部を切り貼りされて、
捻じ曲げられて利用されていることもよく分かりました。
この辺りは注意しないといけないですね。

外交・安全保障・経済など日本が国際社会の中で国益を追求し、国民を守り豊かにする上で、
福沢諭吉の思想は全く古びれていないどころか、今こそ求められているのではないか、
と思わされました。
日本の今の政治は、福沢諭吉が生きた時代よりも明らかに劣化しているからです。

ただ、残念なのは、
現在の日本が抱える問題の定義を三橋貴明氏の主張に完全に依存しており、
問題認識が全て正しいとは言い切れないと言うことです。
例えば、
TPPに反対していますが、実際には日本の国益に叶う方向に進んでいます。
国家戦略特区に反対していますが、これがあったお陰で加計学園獣医学部ができました。

せっかく福沢諭吉の思想をここまでしっかりと整理して解説できているのですから、
現在の日本の問題についても、もっとしっかりと整理した上で、
福沢諭吉の思想に照らしながら炙り出した方が良かったと思います。
ですので、この点について評価を少し下げました。

三橋貴明氏ではなく、藤井厳喜氏や高橋洋一氏など、
もっとインテリジェンスの高い方々の問題認識を持ってくるべきでしたね。

国のために死ねるか/伊藤祐靖



★★★★★

死とリアルに向き合うことの大切さ

死とリアルに向き合うことで、色々と考えさせてくれる本でした。
死と向き合っていない自衛隊が日本と日本人を本当に守り抜くことができるのか?
一方で自衛隊に死を伴う命令を下す程、日本は愛するに足る国家なのか?
政治家や官僚は現場自衛官と同じくらいの緊張感を持って国益のために働いているのか?
などなど

右や左の薄っぺらい言動が一瞬で吹き飛ばされるような、本質に迫ってくる内容でした。

R水素: 再生可能エネルギーと水による地域循環型エネルギーのかたち/江原春義



★★★★★

R水素、期待大ですね!

水素エネルギーに2種類あることを本書で初めて知ることができました。

水素エネルギーについて知識を得る前に感覚的に感じていたことは、
水を電気分解すれば水素と酸素ができるのだから水素を得られるのではないか、
その水素と酸素を化学反応させれば電気エネルギーが得られるのではないか、
というものでした。

しかし、生半可に知識をかじって得たことは、
水素は単体では存在せず、水素そのものを得るためには、
水素から得られるエネルギーよりも多くのエネルギーを使用するため実用的でない、
しかも安定的なエネルギー供給が必要なので再生エネルギーの水素は得られない、
というものでした。

このことによって、水素エネルギーについて否定的になっていたのですが、
本書のR水素の解説を読んで、
R水素が、私が知識を得る前に感覚的に感じていたことそのものであり、
Rでない水素が、私が生半可に知識をかじって得たものそのものであることがわかり、
とてもすっきりしました。

と同時に、
R水素の実現可能性・持続可能性・代替可能性などの将来性の確かさも知ることができ、
R水素によってエネルギーの技術面でのパラダイムシフトが起きる確信を得ることができました。
水は豊富にある、不安定な再生エネルギーも貯蔵できる、複雑な技術も必要ない、コスパも高い、更に危険が極めて少ない、
といったメリットの極めて大きいエネルギー源ですので、更なる技術開発と量産化により、広がっていくでしょう。

あとは政官業の既得権益との戦い、保守とリベラルの不毛な争いが最大の障壁だといえるでしょう。

政官業の既得権益との戦いについては、
R水素は地産地消に適した形態ですので、地域レベルで潤うようなモデルを導入すれば、大きな圧力はかかりにくいかと思います。

保守とリベラルの不毛な争いについては、冷静になりましょうとしかいえません。
保守は何故か原発推進派にならないといけないという妄想に駆られていますし、
リベラルは何故か捏造が暴露されて久しい二酸化炭素地球温暖仮説を未だに信じて疑いません。
保守であるならば、
日本の安全保障を最優先にすべきでしょうから、エネルギー自給率を高めるR水素の普及を推進すべきでしょう。
また、抑止力保持のための日本独自の核開発は民生用原発が無くてもできますので、原発を推進する理由はありません。
リベラルであるならば、
科学的・技術的根拠に基づいて理論武装したうえで主張を展開すべきでしょう。
既にに政党・メディア・学界・法曹界・教育界・市民団体などが主張している内容について、
根拠の希薄さ、ひどい場合は偏向・捏造・隠蔽などが暴露されており、主張の信頼度が落ちています。

エネルギー問題は極めて重要なものですので、「和を以て貴しとなす」で議論し解決していくものだと思います。

脱原発を論破する/長浜浩明



★★

放射線量の問題だけではない

本書では主に放射線量の人体に与える影響という面から、
マスメディアや左翼などの反原発派の主張に対して、
著者が得意とする科学的なアプローチで徹底的に反駁しています。
これはこれで日本の適切なエネルギー政策を考える上で大切なことだと思います。

しかし、原発については放射線量の問題だけではありません。
ヒト・モノ・カネの観点から見て問題が山積しています。

ヒトの観点からは、立地・設計・建設・発電・運用・保守のあらゆる面でヒトが絡みます。
政治的決着・行政的お役所仕事・利権・不完全な技術力・様々なミス・使命感の欠如などがありえます。
勿論、命がけで日本のために働いておられる方もいらっしゃるはずですが、
そうでない方もいらっしゃるのは残念ながら事実です。
高速増殖炉「もんじゅ」が廃炉に追い込まれたのは、保守点検すらまともにできなかったからです。
更に、事故発生時の対処についてです。
3.11の際の民主党政権(面子は今の立憲民主党)の対応は、
チェルノブイリ原発事故の際の旧ソ連共産党独裁政権よりも明らかに酷いものでした。

モノの観点からは、原発設備の安全構造設計が杜撰であることが、3.11で暴露されました。
地震大国でかつ地震予測が不可能である日本において原発を設置・稼働させるのであれば、
当然想定すべきことを全て想定した上でなければならないはずですが、
初歩的なことすらできていませんでした。
さらに、建設費用を抑えるために安全性を犠牲にした設計・建設もなされていました。
従って、上記を踏まえて極端でない範囲で万全を期して原発を建設すると、コストが跳ね上がります。
また、原発がエネルギー自給だと喧伝している人がいるのですが、燃料のウランは輸入に頼っています。

カネの観点からは、上記で述べたように、まともに原発を建設すると建設コストが跳ね上がります。
また一つ原発を立地するために数千億単位の交付金等が金がばら撒かれます。
原子力のコストは他の電力と比べて安いと宣伝されますが、上記コストは除外されています。
原子力にかかるコストを全て含めて計算すると、他の電力と同じか上回るというか試算もあります。

なお、CO2地球温暖化説は、良くて未確定、悪くて捏造ですので、
これを理由とした原発推進は理由にはなりまでん。

あと、日本独自の核保有についてですが、
民間の電力会社保有の原発が無くても、問題はなさそうです。

ちなみに、本書で原発を停止して天然ガスを高値で輸入したから貿易赤字になった
といった旨の記述がありましたが、
これは著者が単に国際政治経済に対しての洞察が浅いというに過ぎません。
無能な日本政府・行政が足元を見られて高値で摑まされただけのことです。
まともな政府・行政がまともな交渉をすれば解決する問題であり、
また市場経済が解決する問題ですので、大騒ぎすることではありません。

結論としては、
ヒト・モノ・カネの問題を抱えている以上、原発の再稼働は許容し難いと思われます。
それよりも、火力発電で技術革新が行われていたり、水力発電が見直されたりしていますので、
ゼロベースでベストミックスを考えた方が国益に叶うと思います。

ほんとうの憲法/篠田秀朗



★★

注意しながら読んでください

日本の憲法学者というガラパゴス化した既得権益無能エリート集団が、
如何に日本や日本国民にとって価値の無い存在であるか、
ということが詳しく述べられています。
この連中による憲法解釈によって、
日本の国益と日本人の生命・安全が損なわれてきたと言われても仕方ないでしょう。
このことを気づかせてくれるという点においては良書だと言えます。

ただし、本書は注意しながら読む必要があります。
著者の歴史認識が完全に東京裁判史観・ルーズベルト史観に染まっています。
日本がアメリカに嵌められて日米開戦に突入せざるを得なかったこと、
戦後、GHQによるWGIPによって日本を精神的に破壊したこと、
など全く触れられていません。
逆に、日本が侵略戦争を行った、国際法を侵したといった、
東京裁判史観やルーズベルト史観そのままの言説が目立ちます。
間違った歴史認識の上に正しい未来を築くことはできません。

ですので本書を読まれる前に、
読者自身が東京裁判史観やルーズベルト史観の洗脳から
脱却しておく必要があると思います。

これには、藤井厳喜氏の以下の著作が役に立つと思います。
太平洋戦争の大嘘
日米戦争を起こしたのは誰か

更にアメリカによって作られた日本国憲法自体が、
ハーグ陸戦条約という国際法に違反していることにも触れられていません。
「ほんとうの憲法」というタイトルをつけるのであれば、
日本国憲法がアメリカによる日本占領統治基本法であることを先ず明示すべきでしょう。

このような観点からすれば、
本書を読まれる前に、竹田恒泰氏や倉山満氏による憲法解説本を読まれた方が良いと思います。

また、日本国憲法だけを論じるのではなく、
帝国憲法と比較検証した方がより実りあるものになると思われます。

これには、相澤理氏の以下の著作が役に立つと思います。
「憲法とは何か」を伊藤博文に学ぶ

現憲法、そしてこれまでの様々な憲法解釈によって、
日本は主権国家・独立国家としての体をなさなくなってしまいました。
例えば、日本が独自の力のみで、
・北朝鮮から拉致被害者を全員救出することができない
・外国にいる日本人を救助することができない
・日本固有の領土である北方領土・竹島・尖閣諸島を守り抜くことができない
・周辺諸国の軍事大国化を防ぐことができない、軍事大国に対する抑止力を持てない
このような情けない状態では、最早どう憲法解釈を変えても乗り切ることは困難です。
日本が主権国家・独立国家として国益と国民を守り抜くために、
国家安全保障面では以下のことを憲法に明記するよう、
改正しなければならないと思います。
・フルスペックの自衛権を発動できること
・自衛隊を軍隊として定義すること
・軍法、軍事法廷、軍事機密を認めること
そうすることによって、
憲法学者による国益を損なう不毛な憲法解釈を終わらせる必要があると思います。

水力発電が日本を救う/竹村公太郎



★★★★

水力発電を最大限に活用する

水力発電に多少の投資をし、かつ古い法律を見直すことで、
最大限に活用すると日本の全電力の20%を安定供給できるとのことです。

20%というと少ないかもしれませんが、
それでも自給できる電力が20%もあるというのは、
日本にとってはメリットが大きいと思います。
少なくとも太陽光・風力等のあてにならない自然エネルギーよりはマシです。

更に小水力発電にも少し触れています。
こちらも将来性が見込まれると思います。

なお、化石燃料についての記述には誤解があります。
化石燃料は本書で述べられているように100年や200年では枯渇しません。
ただ、本書が水力発電に関するものであるため、評価は下げていません。

水力発電で日本のエネルギー自給率が100%になるわけではありませんので、
日本を救うというタイトルは大げさだと思いますが、
水力発電の現実的な可能性にスポットを当てたことは大いに評価されてよいと思います。

因みに原発の燃料であるウランも輸入に頼っていますので、
原発はエネルギー自給ではありません。念のため。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE