FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

脱原発を論破する/長浜浩明



★★

放射線量の問題だけではない

本書では主に放射線量の人体に与える影響という面から、
マスメディアや左翼などの反原発派の主張に対して、
著者が得意とする科学的なアプローチで徹底的に反駁しています。
これはこれで日本の適切なエネルギー政策を考える上で大切なことだと思います。

しかし、原発については放射線量の問題だけではありません。
ヒト・モノ・カネの観点から見て問題が山積しています。

ヒトの観点からは、立地・設計・建設・発電・運用・保守のあらゆる面でヒトが絡みます。
政治的決着・行政的お役所仕事・利権・不完全な技術力・様々なミス・使命感の欠如などがありえます。
勿論、命がけで日本のために働いておられる方もいらっしゃるはずですが、
そうでない方もいらっしゃるのは残念ながら事実です。
高速増殖炉「もんじゅ」が廃炉に追い込まれたのは、保守点検すらまともにできなかったからです。
更に、事故発生時の対処についてです。
3.11の際の民主党政権(面子は今の立憲民主党)の対応は、
チェルノブイリ原発事故の際の旧ソ連共産党独裁政権よりも明らかに酷いものでした。

モノの観点からは、原発設備の安全構造設計が杜撰であることが、3.11で暴露されました。
地震大国でかつ地震予測が不可能である日本において原発を設置・稼働させるのであれば、
当然想定すべきことを全て想定した上でなければならないはずですが、
初歩的なことすらできていませんでした。
さらに、建設費用を抑えるために安全性を犠牲にした設計・建設もなされていました。
従って、上記を踏まえて極端でない範囲で万全を期して原発を建設すると、コストが跳ね上がります。
また、原発がエネルギー自給だと喧伝している人がいるのですが、燃料のウランは輸入に頼っています。

カネの観点からは、上記で述べたように、まともに原発を建設すると建設コストが跳ね上がります。
また一つ原発を立地するために数千億単位の交付金等が金がばら撒かれます。
原子力のコストは他の電力と比べて安いと宣伝されますが、上記コストは除外されています。
原子力にかかるコストを全て含めて計算すると、他の電力と同じか上回るというか試算もあります。

なお、CO2地球温暖化説は、良くて未確定、悪くて捏造ですので、
これを理由とした原発推進は理由にはなりまでん。

あと、日本独自の核保有についてですが、
民間の電力会社保有の原発が無くても、問題はなさそうです。

ちなみに、本書で原発を停止して天然ガスを高値で輸入したから貿易赤字になった
といった旨の記述がありましたが、
これは著者が単に国際政治経済に対しての洞察が浅いというに過ぎません。
無能な日本政府・行政が足元を見られて高値で摑まされただけのことです。
まともな政府・行政がまともな交渉をすれば解決する問題であり、
また市場経済が解決する問題ですので、大騒ぎすることではありません。

結論としては、
ヒト・モノ・カネの問題を抱えている以上、原発の再稼働は許容し難いと思われます。
それよりも、火力発電で技術革新が行われていたり、水力発電が見直されたりしていますので、
ゼロベースでベストミックスを考えた方が国益に叶うと思います。
  1. 2018/05/17(木) 23:22:10|
  2. エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほんとうの憲法/篠田秀朗



★★

注意しながら読んでください

日本の憲法学者というガラパゴス化した既得権益無能エリート集団が、
如何に日本や日本国民にとって価値の無い存在であるか、
ということが詳しく述べられています。
この連中による憲法解釈によって、
日本の国益と日本人の生命・安全が損なわれてきたと言われても仕方ないでしょう。
このことを気づかせてくれるという点においては良書だと言えます。

ただし、本書は注意しながら読む必要があります。
著者の歴史認識が完全に東京裁判史観・ルーズベルト史観に染まっています。
日本がアメリカに嵌められて日米開戦に突入せざるを得なかったこと、
戦後、GHQによるWGIPによって日本を精神的に破壊したこと、
など全く触れられていません。
逆に、日本が侵略戦争を行った、国際法を侵したといった、
東京裁判史観やルーズベルト史観そのままの言説が目立ちます。
間違った歴史認識の上に正しい未来を築くことはできません。

ですので本書を読まれる前に、
読者自身が東京裁判史観やルーズベルト史観の洗脳から
脱却しておく必要があると思います。

これには、藤井厳喜氏の以下の著作が役に立つと思います。
太平洋戦争の大嘘
日米戦争を起こしたのは誰か

更にアメリカによって作られた日本国憲法自体が、
ハーグ陸戦条約という国際法に違反していることにも触れられていません。
「ほんとうの憲法」というタイトルをつけるのであれば、
日本国憲法がアメリカによる日本占領統治基本法であることを先ず明示すべきでしょう。

このような観点からすれば、
本書を読まれる前に、竹田恒泰氏や倉山満氏による憲法解説本を読まれた方が良いと思います。

また、日本国憲法だけを論じるのではなく、
帝国憲法と比較検証した方がより実りあるものになると思われます。

これには、相澤理氏の以下の著作が役に立つと思います。
「憲法とは何か」を伊藤博文に学ぶ

現憲法、そしてこれまでの様々な憲法解釈によって、
日本は主権国家・独立国家としての体をなさなくなってしまいました。
例えば、日本が独自の力のみで、
・北朝鮮から拉致被害者を全員救出することができない
・外国にいる日本人を救助することができない
・日本固有の領土である北方領土・竹島・尖閣諸島を守り抜くことができない
・周辺諸国の軍事大国化を防ぐことができない、軍事大国に対する抑止力を持てない
このような情けない状態では、最早どう憲法解釈を変えても乗り切ることは困難です。
日本が主権国家・独立国家として国益と国民を守り抜くために、
国家安全保障面では以下のことを憲法に明記するよう、
改正しなければならないと思います。
・フルスペックの自衛権を発動できること
・自衛隊を軍隊として定義すること
・軍法、軍事法廷、軍事機密を認めること
そうすることによって、
憲法学者による国益を損なう不毛な憲法解釈を終わらせる必要があると思います。
  1. 2018/05/03(木) 00:00:00|
  2. 憲法改正
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水力発電が日本を救う/竹村公太郎



★★★★

水力発電を最大限に活用する

水力発電に多少の投資をし、かつ古い法律を見直すことで、
最大限に活用すると日本の全電力の20%を安定供給できるとのことです。

20%というと少ないかもしれませんが、
それでも自給できる電力が20%もあるというのは、
日本にとってはメリットが大きいと思います。
少なくとも太陽光・風力等のあてにならない自然エネルギーよりはマシです。

更に小水力発電にも少し触れています。
こちらも将来性が見込まれると思います。

なお、化石燃料についての記述には誤解があります。
化石燃料は本書で述べられているように100年や200年では枯渇しません。
ただ、本書が水力発電に関するものであるため、評価は下げていません。

水力発電で日本のエネルギー自給率が100%になるわけではありませんので、
日本を救うというタイトルは大げさだと思いますが、
水力発電の現実的な可能性にスポットを当てたことは大いに評価されてよいと思います。

因みに原発の燃料であるウランも輸入に頼っていますので、
原発はエネルギー自給ではありません。念のため。
  1. 2018/04/22(日) 10:35:26|
  2. エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日本の軍事力/中村秀樹



★★★★★

日本国民が自衛隊を守ることで、 はじめて自衛隊が国民を守ることができるようになるのではないでしょうか。

本書を読んで現在の自衛隊の実態に愕然としました。
憲法9条を始めとした各種法律による制約でで、
まともな軍隊としての自衛活動ができないことは知っていましたし、
現在の陸海空自衛隊の編成が日本と日本人を守るためではなく、
在日米軍を守るためのものであることも知っていました。

しかし、
防衛省では、
シビリアンコントロールの名の下に現場に出ない文官がいばり散らしていること、
防衛大でクラウゼウィッツも孫氏も教えていないこと、
防衛大に左翼勢力が存在すること、
大東亜戦争を含めた戦史の研究や教訓を踏まえた学習がなされていないこと、
また自衛隊そのものも、
お役所体質になっていること、
平和ボケしていること、
東京裁判史観から脱却していないこと、など
有事の際に自国を守ることなどできそうもないことが
国家安全保障上、暴露して大丈夫かというぐらい、
本書で露わにされています。

多分、自衛隊を軍隊ではない、
とする政治側の無理筋の解釈が続いたことが根本原因ではないかと思います。

自衛隊を軍隊として明確に定義した上で、
名は体を表すと言いますので、名称も国防軍と改名し、
軍法・軍事法廷もしっかりと整備し、
自衛官も叙勲の対象とし(今は対象外)、
本書で挙げられている自衛隊改造計画を積極的に検討するなどし、
これに必要な法整備を行うことが待った無しだと思われます。

大事なことは、
国防に必要なことを実行するのは政府、
国防に必要なことを決定するのは国会、
民主主義国家である日本で国会議員を選挙で選ぶのは国民。
ですので、
自衛隊に日本と日本人を守る力を与え、
実際に守り抜いてもらいたいのであれば、
国民一人ひとりがその意思を選挙で表すことが必要になります。

そのためには、
自衛隊に日本と日本人を守らせたくない勢力による、
反日プロパガンダ・反日工作を見抜き、惑わされないようになることが肝要でしょう。
反日売国野党・メディア・学術界・教育界・法曹界・労働組合・市民団体など、
反日プロパガンダ・反日工作を仕掛けている勢力は少なくありません。
モリカケ問題追及などその典型例でしょう。

日本国民が自衛隊を守ることで、
はじめて自衛隊が国民を守ることができるようになるのではないでしょうか。
  1. 2018/04/21(土) 06:53:44|
  2. 国防
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寄生難民/坂東忠信



★★★★★

国家安全保障について真剣に取り組んでこなかったツケが既にまわりはじめているということ

在日・難民・移民は先ず国家安全保障の問題として取り組まなければならないはずです。
この観点を抜きにして、
短絡的な経済対策として、
また単に過去を踏襲するお役所仕事として、対応してきたが故に、
本書で書かれているように、日本国民と善良な親日外国人の生命や人権が蔑ろにされている訳です。
在日犯罪統計情報の公開すらなされていません。

現在の戦争は超限戦であり、既に日本はその渦中にあります。
憲法9条を改正してフルスペックの自衛権を有し、
自国を守り抜き、他国への抑止力となる自衛軍の整備・増強は自明のことですが、
それ以外にも日本人と善良な親日外国人の生命と人権を守るためにやるべきことは数多くあります。

決めるべきことを決めないので、現場の警察や入管の方々が必死の思いで守ってくださっています。
自衛隊もそうですが、政治が明確な戦略的意思決定をしないので、いつも現場にしわ寄せが行きます。

実際に日本を守っているのは現場の公務員(自衛隊・警察・海保・入管・消防など)です。
売国野党は存在自体が論外ですが、それらを論破できない与党もだらしないと思わざるを得ません。
政治がしっかりしないと、現場で日本を守っている方々もモチベーションが保てません。

政治は国家戦略、その中でも最重要である国家安全保障戦略を先ず明確に打ち出すことが必要です。
そして、その戦略をやり抜く覚悟と決意を国民に示さなければなりません。
  1. 2018/04/20(金) 15:30:31|
  2. 国家安全保障
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原発と日本の核武装/武田邦彦



★★★★★

原発を安全に利用できるほど人間は未だ進化できていないということかな

本書を読むと、
原発の弱点がそのまま人間の弱点に読み替えができるように思えます。
人間が、少なくとも原発に関わる方々が、その弱点を克服しない限り、
原発の安全運転は保証できないのではないかと思います。

国家安全保障と同様、人の生命がかかっていますので、
この問題にイデオロギーを持ち出すことは無意味です。
国家安全保障は盤石、原発は廃止でいいでしょう。
  1. 2018/04/11(水) 21:32:48|
  2. エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

なぜ中国から離れると日本はうまくいくのか /石平



★★★★★

脱亜論を日本の外交・安全保障戦略の基本に据えるべき

本書にて著者は、
日本がチャイナと交流すると日本が不幸になり、
日本がチャイナと断絶すると日本が幸福になると、
日本とチャイナの二千年の関係を振り返って簡潔かつ深い洞察を与えてくれています。

大東亜戦争が失敗したのもチャイナに関わったことが原因だと著者は分析しています。
日露戦争勝利後、目標達成して次の目標を見失い、
せっかく成功した脱亜入欧から反対の方向に舵を切り始めてしまい、
チャイナを含めた大東亜共栄圏という発想に至ってしまったこと自体が間違っていたとのことです。

逆の場合が全くなかったのかどうかは定かではありませんが、
まあ、地理的に隣というだけで、民族としての由来も歴史も全く異なる両者ですので、
離れていた方が幸福であるというのは正しいでしょう。

ということからすれば、
脱亜論を日本の外交・安全保障戦略の基本に据えなければならないでしょう。
そして相手は力のみを信奉する国家ですので、日本も力で対峙しなければなりません。
配慮とか遠慮とかいう日本の美徳は、相手に付け入る隙を与えるだけです。

ここは気をつけなければなりませんね。
反日売国野党は勿論のことですが、
与党や官僚の中にも配慮とか遠慮とか本気で言う輩がいますからね。

あと著者は、チャイナとダブルコリア抜きの
世界的なチャイナ包囲網形成を提案しています。
これ自体は良いのですが、
反日チャイナ人も全世界に進出しており、その影響力が強い国家もあります。
また、チャイナの本質を知った上でなおチャイナと手を組むドイツのような国家もあります。
この辺りを見極めた上で連携・同盟していかないと、
日本企業がチャイナに進出した時のように知恵や技術が盗まれるだけになる恐れがあります。

日本とチャイナ(ダブルコリア含む)は既に冷戦状態にあるという前提で、
対峙していかなければならないでしょう。
  1. 2018/04/04(水) 20:30:16|
  2. 国家安全保障
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

原発はなぜ日本にふさわしくないのか/竹田恒泰



★★★★

保守派のための脱原発論

本書の内容は頷けるものばかりですが、
皇統保守に基づく精神的な主張と、原発に隠された科学的な主張が入り混じっていますので、
はいそうですか、と納得できない方もいらっしゃると思います。

そこで、保守派のために本書の内容を少し整理し、足りない情報を付け加えみました。
・核兵器保有のために原発は必要不可欠ではない。プルトニウムは既に十分保有している
・原発がなくても電力需要は十分に賄うことができる
・エネルギー自給の観点からは原発も燃料のウランを輸入に依存しているので火力発電と同じである
・原発のトータルコストを踏まえると値段が高すぎて使用に耐えない
・二酸化炭素地球温暖化説は嘘なので、温暖化対策に関するコストは全て無駄である
・原発に要する無駄なコストと温暖化対策に関する無駄なコストは国防費に全額移行すべきである
・原発の廃炉研究は中止、原発をコンクリートで固めるだけ、予算を国防費に全額移行すべきである
・原発は敵国のミサイルやテロの標的になりやすく、安全保障の観点から好ましくない
・エネルギー自給の観点からは水力発電が最も相応しい発電方法である
・原発推進は政官業癒着の原発利権によるプロパガンダであり、騙されてはならない

いかがでしょうか。
  1. 2018/03/16(金) 15:33:28|
  2. エネルギー
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

公安情報/井上太郎



★★★★★

真の問題は政府・与党に日本と日本人を守り抜くために戦う覚悟が足りないこと

本書には反日国家・反日民族・日本国内の反日勢力について、
生々しい事実を数多く提示しています。
また本書のように反日勢力を暴く書籍も数多く出版されるようになりました。
そして情報源がテレビと新聞だけという人々以外の人々とっては、
左翼野党・メディア・学術界・法曹界・教育界など、
あらゆるところに反日勢力が存在している、牛耳っていることが周知の事実となりました。

ここまで来たことは非常に良いことなのですが、
厳しい見方をすれば、まだ第一段階をクリアしただけだと考えざるを得ません。
つまりわかりきっている敵を世の中に知らしめたということです。

また敵を知った上で行動に繋がらなければ、せっかくの著書も意味がありません。
反日議員に対しては対立候補に投票する、
メディアは見ない・払わない・信じない、
東京裁判史観・ルーズベルト史観の呪縛から完全に抜け出す、など行動しましょう。

次に行うべきことは、与党や官僚の中にいる反日勢力を炙り出すことです。
これが第二段階と言えるでしょう。
与党の中にも媚中媚朝媚韓勢力はいるはずですし、
外務省のチャイナスクールのように、官僚の中にも反日勢力はいるはずです。
穿った見方をすれば、わかりきっている反日勢力が明らかになり標的にされることで、
自分たちから目を背けさせることができるようになります。
しかも彼らは、実際に権力の中枢にいますので、外野で騒いでいる反日勢力よりも危険です。
売国議員」の著者は第二弾ととして与党の売国議員を炙り出すようです。

与党や官僚の中にいる反日勢力を炙り出し、権力の中枢から排除するためには、
愛国心を持った政府・与党が日本と日本人を守り抜くために戦うという覚悟が不可欠です。
今の日本の政治に最も欠けているのはこの覚悟だと思います。
この覚悟が欠けているので、
明確な目的も、戦うための戦略・戦術もないのだと言わざるを得ません。
メディアの捏造とこれに基づく左翼野党の追及はひどいものですが、
戦う覚悟があれば想定内のはずです。
しかし、これらに対して戦略的な対応や鮮やかな戦術が見受けられません。
メディアと左翼野党ごときにこの程度の対応しかできないのであれば、
日本と日本人を守り抜くことなどできないでしょう。

反日勢力の大元締めである反日国家は建国以来現在に至るまで、
日本に対して超限戦争を仕掛けています。
日本政府・与党は反日国家と戦争状態にあるという前提で覚悟を決めて、
日本と日本人を守り抜くために目的・戦略・戦術を明確にし、実践しなければなりません。

そのためには、心ある日本人一人ひとりが、
反日国家の真の姿を知るとともに、日本の実態の真の姿を知り、
その上で、日本の強みと弱みを正しく理解し、強みを更に強化し弱みをなくすために、
何をなすべきか、どうすればできるのか、を考え抜き、
その上で、政府や与党議員にどんどん訴えていきましょう。
このような声が大きくなり広がっていき、地元の利権よりも強くなっていけば、
与党議員は自らの選挙公約に掲げるようになるでしょう。
理想としては、
全ての選挙区で、反日国家から日本と日本人を守り抜くこと、そのためになすべきこと、
が争点になれば日本は復活すると思います。
  1. 2018/03/12(月) 11:08:21|
  2. 国家安全保障
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新軍事学入門/飯柴智亮、内山進、北村淳、佐藤正久 他



★★★★

日本の外交・安全保障の脆弱さがよくわかります

日本に最も欠けているものは、
戦略であり、戦略構築能力であり、戦略を完遂する意思である
ことがよくわかります。

国家レベルでこれらが欠けているということは、
独立国家・主権国家としての必須要素が欠けているということを意味します。

本書では、
安全保障戦略の欠如が、陸海空自衛隊の編成のいびつさに反映され、
個々の自衛隊員が優秀であるにもかかわらず、
結果として日本を守ることができない組織になっていることが、露になっています。
良くも悪くも戦争ばかりしている米陸海空軍にかかわった方々からの提言ですので、
実践経験のない日本の軍事評論家よりも信憑性は高いでしょう。
大東亜戦争で日本が犯した様々な失敗から何ら反省せず、何も学ばず、何も活かされていないということです。

なお本書は軍事の本ですが、
本書を読んで得られた日本の欠陥が軍事面だけでないことに気づきました。
例えば外交です。
本書では元外務省の佐藤優氏が提言をしているのですが、
この人そのものに国益観・戦略観といったものが見受けられません。
本書にこの方の提言を入れているのは反面教師としての役割なのか、と疑わざるをえません。
また本書を離れると、外務省には国益・外交戦略という概念があるとは思えません。

こうやって各省庁を観ていくと、どれ一つとして国益や戦略という概念があるようには思えません。
それもこれも、根本となる国家戦略がなく、それを構築できるだけの人材が政府にいないことが原因ではないかと思います。

戦後レジームからの脱却と言われていますが、
本当に脱却する気があるのであれば、
21世紀の国際情勢と太古から続く日本の伝統を踏まえたうえでのゼロベースでの国家戦略を構築し、
この戦略に基づいてすべての下位戦略をさだめ、目標を決め、実践していかなければならないと思います。

なお、★1つ減らしたのは、佐藤優氏が余分なためです。全削除すれば★5つです。
  1. 2018/03/03(土) 15:13:03|
  2. 国防
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる