FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
日本を愛するリヴァタリアン
倉山塾生・江崎塾生

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

CRISPR 究極の遺伝子編集技術の発見/ジェニファー・ダウドナ



★★★★★

ゲノム編集技術がここまで発達していたとは知りませんでした。

遺伝学については、エピジェネティクスまでは把握していて、
出来るだけ最新の知見を追いかけているつもりでしたが、
ゲノム編集技術がここまで発達していたとは知りませんでした。
追いかけている知見の視野の狭さを実感しました。

この技術はある種の革命をもたらしそうですね。
限界はあるものの、現在遺伝性の病気で苦しんでおられる方々にとっては福音となるでしょう。
これまでの治療法と比べて、確実度が高く、治療自体も負荷が少なく、コストも安く済むのですから。

ただ本書で著者が訴えているように、革命的な技術には必ずダークサイドがついてまわります。
治療を超えて遺伝的な改造を施すことへの危険性が既に問題視されています。
既にチャイナの研究所がこれに手をつけているということに、
アメリカの諜報機関が警鐘を鳴らしている理由もよくわかります。

願わくば、せっかくの技術なのですから平和的・倫理的に限定して、
活用され、その枠内で更なる技術革新を起こして欲しいものです。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP