FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

神道に秘められた日本史の謎/監修 三橋健





タイトルが嘘だらけ

神道の歴史的事象を時系列で並べただけの内容が薄っぺらい本です。
「秘められた」ものでも「謎」でもありません。

サブタイトルの「民衆から権力者までを魅了した日本のルーツがわかる!」も嘘です。

神道とは何か/鎌田東二





まさかの左巻き神道解説書

PHP新書なので安心して購入しましたが、
まさかの左巻き神道解説書でした。

神道そのものの解説については、役に立つ部分もあるにはあったのですが、
神道から逸脱している解説の方が分量としては多く、そこでは自説を展開し、
弥生時代の朝鮮人大量渡来説や
朝鮮民族と日本人が遺伝的に同じである、
といった科学的に完全に否定されている説を採用していたり、
ありえないことに
君が代を国歌として否定する
天皇制という共産党用語を使用する
など、
読むに耐えません。

どのような思想を信じるかは自由ですが、
神道を利用して自身の信じる思想を撒き散らすのはやめてほしいと思います。
禊祓。

日本書紀 全現代語訳/宇治谷孟 訳



★★★★

やっと日本書紀を読むことができました

古事記については何冊か読んだことがあるのですが、
日本書紀については、難しい、長文である、という先入観があり、
なかなか手をつけることができませんでした。

たまたま本書を見つけ、
全現代語訳と文庫本2冊分という量に惹かれて、
読んでみました。

文章は読みやすいものになっており、
この点は良かったと思います。

また内容ですが、
古事記にあって日本書紀には無いもの、
古事記には無くて日本書紀にはあるもの、
いずれにもあって同様の内容のもの、
いずれにもあるが内容が異なるもの、など
古事記だけでは得られない情報が結構含まれていることがわかりました。

特に、朝鮮半島の任那・百済・新羅の記述がかなりあることは、
古事記との大きな違いではないでしょうか。

古事記と日本書紀については、いろいろ言われていますが、
個人的には、相互補完しながら神話と古代史を楽しめば良いのではないかと思います。

なお訳者の「はじめに」「あとがき」には余計な文章が多いので、ここだけが残念です。
なんら根拠なく
任那がなかったかのような印象操作があったり、
高皇産霊尊が朝鮮半島由来であったかのような印象操作があったり、
皇国史観が悪いものであるような扱いをしたりと、
訳者のintelligenceを疑わざるを得ない記述があります。
これが日本書紀本文の現代語訳に影響を及ぼしていないこと切に願うばかりです。
ですので評価を少し下げました。

願わくば、竹田恒泰氏に「現代語 日本書紀」を執筆・出版して頂きたいものです。

神話の中のヒメたち/産経新聞取材班



★★★★★

古事記をより楽しむための一冊

不毛な学術論争は抜きにして、
とにかく古事記をそのまま楽しみたい方にとっては、
おススメの一冊です。

古事記に登場するヒメたちの様々なトピックが、
一節4ページと簡潔にまとめられ、
かつその中にトピックにまつわる場所や取材に基づく伝承などが散りばめられています。

本書を読んで、ヒメたちがいないと古事記が成立しないことが、よくわかりました。

ある程度、古事記に親しんでいないと、
本書の内容を理解するのは容易ではないと思いますが、
理解した上で読めば、「ほほう」「なるほど」「へえ〜」の連続です。

良い本を手に取ることができました。
産経新聞取材班の方々に感謝です。

伊勢神宮/所功



★★★★★

神宮初心者向けの入門書

神宮に参拝する機会があり、事前学習のために購入して読みました。

神宮の歴史が古事記や日本書記などとの関連で述べられていたり、
神宮の祭祀が皇室祭祀との関連で述べられていたり、
遷宮の意義が述べられていたりと、
多岐にわたる解説がなされています。

本書で述べられている個々のテーマについては、
それぞれより深く掘り下げられた研究や解説書が有ると思いますので、
本書は神宮初心者向けの入門書という位置付けなのだと思いますが、
入門書としては十分に役割を担っていると思います。

歪められた日本神話/萩野貞樹



★★★★★

日本神話研究=日本神話冒涜

日本神話の研究者らが揃いも揃って、
左翼イデオロギーに染まり、論理破綻・論理飛躍した稚拙な説を展開して、
神話を冒涜してきたことがよくわかりました。
目的は日本神話否定による皇室廃止です。
これは、戦後日本の人文社会科学系のアカデミズム全般に見受けられる傾向と符合しますね。
憲法しかり、歴史しかり、です。

まずいのは、保守系研究者がこれに対抗して同じ方法で神話の正当性を検証していることです。
これでは愚か者同士の論争に堕してしまいかねません。

神話は神話として心の中で感じればいいのではないか、と思います。

ご参考までに本書にて著者が批判している学者を挙げておきます(初出順、敬称略)
梅原猛、直木孝次郎、上田正昭、上山春平、津田左右吉、川副武胤、神田秀夫、横田健一、
松前健、萩原浅男、中村啓信、倉野憲司、益田勝実、松村武雄、岡田精司、松岡静男、
飯島忠夫、福永光司、吉野裕子、千田稔、高橋徹、三品彰英、青木和夫、内藤湖南、
渡部義道、肥後和男、水野祐、井上光貞、吉井巌、和田萃、西郷信綱、松本信広、次田潤、
武谷久雄、西田長男、中西進、大野晋

平田篤胤/吉田麻子



★★★★★

明るく楽しい国学

本居宣長の「もののあわれを知る」国学も良かったですが、
平田篤胤の「明るく楽しい」国学の方が個人的には好きです。
いずれにしても人間の本能(感情)を肯定しており、最新の脳科学・神経科学と相通じるものがありますので、納得感があります。
人間の本能を否定している仏教や儒教とは全く異なっているのは重要なポイントだと言えるでしょう。
賛否両論あるとは思いますが、神道の本流は平田国学で説明した方がよいのではないかと思います。
神道は清明正直であり、明るいことも要素の一つにありますので。

神道の逆襲/菅野覚明



★★★★★

国学の逆襲

神道の逆襲というより国学の逆襲の方が本書の内容に相応しいと思います。
儒教(朱子学)や仏教に基づいて神道の思想化を試みた吉田神道や垂加神道によって、
日本古来の神道の純粋さが失われかけてしまっていたところに、
本居宣長や平田篤胤らが国学思想により復古神道を確立して、日本古来の神道を取り戻しています。
本書では、歴史を追いながら、上記の流れが深さを削らずにわかりやすく解説されています。

本居宣長の本は読んでいましたので(田中康二著「本居宣長」)、
国学が神道に活かされるまでの、儒教(朱子学)や仏教の思想が神道に混入されていたこと自体は知っていましたが、
本書を読んでここまで酷いとは思いませんでした。
現在でも、日本の歴史・伝統・文化の素晴らしさを理解できずに、
西洋思想にかぶれることがインテリだと勘違いしている連中が少なくないのですが、
昔からこのような傾向は日本にあったというのは衝撃的でした(当時はチャイナかぶれ)。
本書・著者・出版社に感謝です。

本居宣長「古事記伝」を読む/神野志隆光





kindleサンプルを読んで買うのをやめました

本居宣長がどのように古事記を解釈しているのか、それは何故なのか、根拠は何なのか、
などが知りたくて、ひとまずkindleサンプルをダウンロードして読んでみました。
しかし、解説は私の期待に応えてるようなものではなく、
著者の自説に基づいて本居宣長の解釈を否定し、自説を正しいとするものでした。
サンプルを読んだだけですので、本書全体がどうなっているかは判断できませんが、
古事記冒頭の一節がこの調子ですので、とても買って読む気にはなれません。

日本人はなぜ外国人に「神道」を説明できないのか/山村明義



★★★★★

日本の全ての物事が神道に繋がっている

日本の歴史・伝統・文化や、
それに基づいた現代の最先端科学技術やサブカルチャーは、
それを認識できないぐらい神道に繋がっているということを、
数多くの様々な事例を紹介しながら、
西洋の一神教や仏教と比較しながら解説しています。

神道はあまりにも日本人の日常生活に浸透していますので、
よほど意識しないとそれが神道に基づくものとは分からなくなっています。
従って、神道というのは、他の宗教とは異なり宗教を超越したものだと言えるでしょう。

このことを忘れて神道の精神性を疎かにし、日本人らしさを失うと、
個人にせよ、組織にせよ没落していくようです。

神道にはいろんな入口があると著者は述べていますので、
神道に興味のある方は本書を読まれてから、
ご自身の興味分野から神道に迫ってみるのもいいのではないかと思います。
神道入門にはオススメの一冊です。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE