FC2ブログ

≪プロフィール≫

Rising Sun

Author:Rising Sun
リヴァタリアン


マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon殿堂入りレビュアー
(2017・2018)
2018/07/18、突然Amazon.co.jpが事前通知なく全レビュー強制削除&レビュー投稿禁止措置を発動。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

レビューごとに、Amazon.co.jp指定の商品画像バナーリンクを貼っています。もし、「書籍タイト/著者名だけでは、どんな本かわからん!」という方で、商品画像リンクが表示されない場合は、広告ブロックを解除してください。Amazon.co.jpおよびTunes以外のバナー広告は一切掲載しておりません。

≪FC2カウンター≫

≪カレンダー≫

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

≪カテゴリーサーチ≫

≪カテゴリーツリー≫

≪ブログ内検索≫

≪リンク≫

≪最近の記事≫

≪月別アーカイブ≫

現代語訳 大西郷遺訓/林房雄


★★★★★

これぞ日本の王道

ここ一年くらい所謂保守系の書籍を数多く読んできました。
伝統・歴史・文化・思想・哲学など様々な分野に渡って読んできたと思います。

これら多読により、東京裁判史観やルーズベルト史観また階級闘争史観など、
教育・メディアなどが垂れ流して来たことに起因する洗脳からは抜け出せたと思います。

一方で、日本の保守系の情報をかなり自身に浴びせ続けてきましたので、
自身の視野や思考回路が狭まって来ているのではないか、
変幻自在の物の見方や考え方に自ら制約を課して来ているのではないか、
日本人であることにこだわることが本当に良いことなのか、
といった不安も生じて来たのも確かでした。

しかし、本書を読むことで、上記の不安を一蹴することができました。
西郷遺訓で訴えていることは、まさしく王道であり、
洋の東西やイデオロギーや時代の違いを超越し、
かつ日本が世界に誇ることができるものだと言えるでしょう。

また林房雄氏の解説も秀逸で、
大西郷遺訓をより深く理解するために非常に参考になります。
氏の解説がなければ、大西郷遺訓を正しく理解することは困難だと思います。

氏によれば、
大西郷遺訓に基づいて日本が動いているときは日本も日本人も順風満帆ですが、
大西郷遺訓を見失って日本が動いているときは日本も日本人も艱難辛苦とのことです。

現在の日本がまさに国難を抱えており、艱難辛苦の状態と言えるでしょう。
立法・司法・行政の三権のいずれも国難に対処できているとは到底思えません。
日本はどうあるべきか、日本人はどうあるべきか、を見失っているからでしょう。
利権に溺れ、浅薄なイデオロギーに執着している政官財の体たらくは、
日本を滅ぼしかねませんし、日本人を確実に不幸にするでしょう。
本書と現在の日本を照らし合わせると、そうとしか思えません。

内容が多岐に渡りますので、
詳しくは本書を読んでいただいた方が良いと思いますが、
有名な「敬天愛人」が全ての根本であり、全てを貫いています。


2018年は西郷ブームですので、様々な書籍が出版されていますが、
本書と比べると薄っぺらいものに感じてしまいます。

日本精神研究/大川周明



★★★★★

日本人として己を見つめ直し真の日本人となるための必読書

著者が日本精神を代表するとして選んだ9人の真の日本人について、
表層的な理解を超えて深くその精神の源に迫った秀逸な本です。

9人のいずれも、
日本の神道だけでなく、
チャイナの孔子をはじめとした数々の哲学、
インドの仏教を存分に探求した上で、これらをも超越し、
彼らが生きたそれぞれの時代に合うように日本化したうえで実践することで、
民を幸せにするために一心を投じています。

著者も本書で述べているように、
凡人がこの9人のような精神を極めることは困難なのですが、
真の日本人として精神を修養し少しでも近づくためには必読だと思います。

またこれも著者が何度も述べているように、
読んで知識として理解するだけでは全く足らず、
これを実践することで初めて知識を精神に昇華できるようになるとのことです。

読後の感想としては、
右左関係なく、現在評論家や識者などが色々と議論していることが、
極めて薄っぺらく感じるようになりました。
また反日国を含めた自らの外の時勢に通じる大切さだけでなく、
日本国内、また自らの内にある精神と真摯に向き合う大切さも痛感しました。
更に世界と、特に反日国に対峙するためにも、
まずは真の日本人としての精神を修養することが必須であることを思い知らされました。


座右の書として、常に持ち歩き、
つまらないことに囚われることなく、
読む→実践するというサイクルを何度も回すことで、
真の日本人に一歩ずつでも近づいて行きたいと思います。

葉隠入門/三島由紀夫



★★★★★

現代でも通用する武士道

三島由紀夫氏による「葉隠」の解説である、
「葉隠48の精髄」がわかりやすくて良いですね。
また、笠原伸夫氏による現代語抄訳も理解を進めてくれます。
タイトル通り「葉隠入門」として素晴らしい本だと思います。
また本書のように「葉隠」を説明してくれると、
武士道が現代でも通用するものであることがよくわかります。

新渡戸稲造による「武士道」よりも「葉隠」の方が、
日本人の武士階級の在りようを正しく伝えているのではないでしょうか。

なお、武士道については以下の本も参考になると思います。
菅野覚明氏著「武士道の逆襲

武士道の逆襲/菅野覚明



★★★★★

軽々しく「武士道」を扱うべきではないですね

クリスチャンである新渡戸稲造による「武士道」が、
西洋列強に対して日本も文明国であることを示すために、
キリスト教のフレームを使って武士の規律を紹介していたことは、
おぼろげながら知ってはいました。

しかし本書を読むことで、
新渡戸稲造の「武士道」をはじめとする明治武士道と、
本書で解説している真の武士道との歴然とした違いを知ることで、
明治武士道がどれだけいい加減なものであるのかということ、
また真の武士道を現代において軽々しく扱うべきではないということ、
を学ぶことができました。

三島由紀夫氏が解説している以下の本も参考になると思います。
葉隠入門

日本は天皇の祈りに守られている/松浦光修



★★★★★

これ一冊で日本の原点の基礎がわかります

天皇・皇室とは何か、
天皇・皇室と日本国民との関係は本来どのようなものか、
神道とは何か、
古事記・日本書紀とは何か、何を後世に伝えようとしていたのか、
など、
これ一冊で日本の原点の基礎が全てわかります。

またこれらの正しい理解を阻もうとしている勢力がどのようなものであり、
いかにして阻もうとしているのか、についてもよくわかります。

日本の原点を知りたい方は、まず本書から読まれると良いでしょう。

本居宣長/田中康二



★★★★★

本居宣長の思想全般の概要がよくわかります

石平氏の「なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか」を読んで、
本居宣長とその思想に興味を持ち、まず本書を読んでみました。

外来思想である儒教・仏教を取り払い、
日本最古の文献である古事記・日本書紀や万葉集を、その時代も含めて研究することで、
日本独自の古来から伝わる思想を再発見し、学問として体系化する、
というのが本居宣長の狙いのようです。

そして、日本独自の古来から伝わる思想を「物のあはれを知る」に求めています。
様々な人や物事に対して自然な感情を抱き、それをしっかりと知ることで、
相手を知り、それに共感している自分を知り、共に生きていく、
と要約できるのではないかと思います。
これは、清明正直を旨とする神道(神ながらの道)そのものです。
神道は感情を否定しません。むしろ明るく楽しく生きましょうというものです。
そして、嫌なことがあれば禊祓で清めて捨ててしまおうという、あっけらかんとしたものです。
一方で、
上下関係を前提とした徳治主義を唱えた孔子の儒教とも、
感情を苦の根源として廃することで涅槃に至ることができると唱えた釈迦の仏教とも、
相容れない物だといえるでしょう。

物のあはれを知ることが日本人の根底にあったからこそ、
堅苦しい息苦しい儒教が個人の道徳という形に日本化されたのでしょうし、
暗くて成仏困難な仏教が即身成仏、草木国土悉皆成仏という日本独自の仏教に転化したのでしょう。
儒教学者・仏教学者の中には、これらを儒教・仏教の劣化だと非難していますが、
縄文時代から培われていると言われている日本古来の歴史・伝統・文化を無視した、
視野の狭い了見と言わざるを得ません。


なお、本居宣長は国粋主義者だと誤解されかねないのですが、
儒教と孔子、仏教と釈迦を否定しているわけではありません。
否定されているのは、
それらにかぶれて日本古来の思想を忘れ、
またそれらと輸入元のチャイナを持ち上げて日本の思想と日本を貶めている日本人です。
現在にも通じるところがありますね。
共産主義にかぶれて共産主義国家に媚びへつらい反日売国行為をしている日本人がいます。


なぜ日本だけが中国の呪縛から逃れられたのか/石平



★★★★★

脱中華の日本思想史という異色の観点からの指摘が素晴らしい!

日本思想史についての本は何冊も読みましたが、
特定の思想(儒教・仏教など)、特定の時代(平安・鎌倉など)等、
それぞれの研究者・学者の専門領域に閉じられ、かつ専門領域に有利に書かれたものが多く、
日本に取り込まれた主要な思想すべてについて通史で、
かつチャイナとの比較において解説されたものは本書が初めてでした。

断片的には知っていることはありましたが、
日本思想史について時空間軸で俯瞰して解説されていますので、
数多くの深い学びを得ることができました。

また、日本古来の信仰である神道が、
外来思想である仏教や儒教の日本国内での勢力拡大によって後退してしまったにもかかわらず、
平和的な方法で生き延びながら、逆に仏教や儒教に影響を及ぼして神道化してしまうしなやかさを持っていることがわかり、
神道への尊崇の念が更に強くなりました。

チャイナ出身であることから当然チャイナに詳しく、
かつ、普通の日本人よりも日本のことを愛し、よく知っておられる石平氏ならではの傑作だと思います。

本書を読んで、
日本の思想史が脱中華思想の歴史であることがよくわかりました。
そして、江戸時代後期の本居宣長で完全に脱中華思想を達成し、その頂点を極めながらも、
幕末・明治維新以降の動乱の影響もあり儒教(朱子学)を取り込んでしまい、再中華化してしまって、
現在に至っているということです。
これは極めて残念なことだと言わざるを得ません。

因みに、日本古来の思想である神道は、仏教や儒教とは真逆のものです。

チャイナは現在の日本にとって最大の脅威ですので、当然抑止力を盤石にしなければなりません。
しかし、抑止力の最重要要素でもある日本の思想が中華化してしまっていては、他の要素が盤石だとしても意味を成しません。
日本の媚中勢力についてはコミュニストだけかと思っていましたが、儒教かぶれも媚中勢力だということがよくわかりました。
また、本書を通じて日本が独力で独自の思想体系を構築するのが得意でないこともよくわかりました。
従って、為すべきことは、完全に脱中華思想を極めた本居宣長に立ち戻り、神道をベースに日本思想を確固たるものにすることだといえるでしょう。

なお、皇国史観の強い方には、不快な記述が登場します。
教育勅語が中華思想である儒教に基づいて書かれているという記述です。
チャンネルくららでの本書の紹介番組で、倉山満氏も不快な表情を浮かべていました。
ただし、これは本当のことですので、受け入れるしかありません。
何故、そうなってしまったのか、本来であればどうすべきであったのか、については、
石平氏の今後の研究と次回作に期待したいと思います。

個人的には、本居宣長や平田篤胤について学んでみたいと思います。
早速、田中康二氏著「本居宣長」、吉田麻子氏著「平田篤胤」を読みました。
あと日本古来の神道が如何に儒教や仏教の影響を受けてしまっていたかについては、
菅野覚明氏著「神道の逆襲」が非常に参考になります。
こちらも★5つです。

聖徳太子『十七条憲法』を読む/岡野守也



★★★★★

理想国家実現のために神道・仏教・儒教を駆使して制定された日本初の憲法

本書の解説を読んでいると、
十七条憲法は理想国家実現のために神道・仏教・儒教を駆使して制定された憲法であること
制定から1400年余経過した現在においても十分に通用する内容であること
ということがよくわかります。

また、単に理想だけではなく、人の本性をよく見極めたうえで、現実的な配慮もされていることがよくわかります。
人治(皆が菩薩であり慈悲を与え合う)⇒徳治(上位者が菩薩となり皆を徳化する)⇒法治(人治・徳治が叶わない場合は信賞必罰)
という段階が必要であることを十分理解したうえで、条文が構成されているとのことです。

また、本書では触れられていませんが、
十七条憲法が1400年余も前に制定されていること自体が、世界においては稀有であり日本人として誇れることだと思います。
十七条憲法の内容が西洋で受け入れられるようになる土壌が出来上がったのは、ほんの数世紀前にすぎません。
十七条憲法の中には現実世界が荒れているため、これらを解決するための具体的な条文が盛り込まれており、
本書では当時は聖徳太子の理想とは程遠かったとから具体的な条文を盛り込まざるを得なかった、といった解説がなされていますが、
理想的な状態が何であるかがわかっていたこと、理想に向けて解決しようとしていたこと自体が世界で最も進んだ憲法である証です。

なお、十七条憲法においては仏教や儒教の言葉がうまく使われていることから、
憲法の文言を深読みして初めて見えてくる仏教や儒教の精神がしっかりと解説されている一方で、
神道の精神についてあまり触れられていません。
しかし、神道という日本古来の信仰が確立されてきたからこそ、仏教も儒教もうまく取り込むことができたのだと思います。
従って、十七条憲法を深読みしたうえでの本書の解説をさらに深読みすると神道の精神が見えてきます。

例えば、
万物が神であり、神は自らの内にあるという、神道の神髄があればこそ、
十七条憲法の元になっている仏教の菩薩信仰や如来蔵思想が違和感なく取り込まれているといえます。
また、穢れを嫌い、禊祓を重んじるという、神道の神髄があればこそ、人間の在り方に美しさを求め、
それが儒教の仁義礼智信を上位者がまず身に着けるべきという思想が違和感なく取り込まれているといえます。

なお、
日本が天皇を中心とした(頂点ではない)国であり、
君臣一体(統治非統治の関係ではない)の国であり、
縦社会(序列)ではなく横社会(役割分担)であり、
神々ですら合議によって物事を決めていく国であり、
神々ですら労働を行うが故に労働が神事の国である、
という神道の精神とが十七条憲法のベースになっていることは、言うまでもないことだとわかりました。

ですので、神道について仏教・儒教と同じぐらいの取り扱いがされていないのは少し残念でした。

「美し国」日本の底力/加瀬英明・馬渕睦夫



★★★★★

日本人が日本人らしくあることで日本を復活させ、世界に貢献する

日本人は有史以来、感性を発達させてきた歴史があるのだと思います。
日本人の信仰対象は八百万の神であり、宇宙の万物であり、それらを体感することで神ながらの道を歩んできました。
神ながらの道は日本人の日常生活そのものであり、労働が神事であり、日々の生活において感性を働かせて神を感じ取ってきました。
神ながらの道を歩みながら日本の歴史・伝統・文化を形成し長年の歳月を経て強くてしなやかなものにしてきました。
これらを言葉で表したものが古事記や日本書紀などの記紀であり、また万葉集や古今和歌集などの和歌でした。
またこれらの伝統に基づく政治を行うに際して、17条憲法、五箇条の御誓文、大日本帝国憲法が作られました。
その中心は「和」であり、ここから「君臣一体」「八紘一宇」に広がっていったのだと思われます。
和は、各々個性を持った人々があつまり役割分担しながら共同体としてうまく生きていくというもの。
君臣一体は、天皇も民も神であり、天皇は民が豊かになるように祈り続け、民は天皇に感謝を捧げ続けるというというもの。
八紘一宇は、全世界を一つの家と考え、家族の愛情でもって家を盛り立てていくというもの。

こういったことを知識として知るだけでなく、こころで感じることが重要であり、
心で感じるちからを高めていくことで、日本人が日本人らしくあることができ、
日本人らしくあることで、日本が復活し、日本らしいかたちで世界に貢献していくことができるのではないか、
というのが本書の趣旨だと思います。

本書では、日本人らしさ、日本らしさとは何かを再発見するために、
ユダヤ・キリスト・イスラム教徒いう一神教、ロシアの国民性などを取り上げ比較することで、
日本人らしさ、日本らしさを浮かび上がらせています。

また、明治維新は日本に何をもたらしたのか、についても論じられています。
日本は西洋列強に文明国として認められなければ植民地化されるという危機感により急速に西洋文化を吸収します。
その結果、唯物論に流される傾向が生じ、
日本人の研ぎ澄まされた感性を失うきっかけになったのではないかと論じられています。
一方で、急速かつ大量の西洋文明を吸収しながらも日本であり続けられたのは、
日本人としての感性が研ぎ澄まされ続けられてきたからだとも論じられています。
日本が文明国であると西欧列強に認めさせるために、
日本人の感性を保ちつつ西洋文化を流入すること(日本化)は非常に困難な道だったと推察されます。

日清・日露戦争に勝利するまでは維新の志士たちの活躍のおかげで持ちこたえることができました。
しかし、その勝利に溺れ、感性を劣化させたことで無能な政府により無謀な大東亜戦争に突入し、負けました。

更に、現在の日本人の感性の劣化について警鐘を鳴らしています。
大東亜戦争終了後のGHQによる徹底した洗脳工作と国際法違反の日本国憲法の押し付けにより、
日本人の感性は壊滅状態となり、今に至っています。
そのため、己の利益のみを追い求め国民の豊かさを顧みないグローバリストと、
国家を破壊し暴力革命を実現したいコミンテルンからの攻撃に対抗できる精神武装ができない状態に陥っています。
何れも唯物論と理性の産物ですので、
グローバリストとコミンテルンに対峙するためには、唯物論と理性を超える力が必要になってきます。
その力が、日本人が古来より持っていた感性であり、その感性を取り戻すことが極めて重要になってきます。

日本が真の意味で独立国家となり、
日本人が幸せになり、日本人が自身と国を世界中に誇れるようになり、
日本人として堂々と世界に対して貢献していくためには、
日本人の感性を取り戻す以外の方法はないと思われます。

こんなことを本書から教わったような気がします。

なお、日本人の感性を取り戻すためには、以下の書籍が参考になると思います。
小野善一郎
日本を元気にする古事記のこころ 改訂版
あなたを幸せにする大祓詞
新嘗のこころ―勤労感謝の日から新嘗祭の復興

日本人が知らない日本の道徳/田中英道



★★★

年功序列を強調しすぎてはいないか

著者の「本当は何がすごいのか」シリーズを読んで、日本の歴史・伝統・文化の素晴らしさを教えて頂きましたので、
本書に対しても日本の道徳がどれほど素晴らしいのかについて教えて頂こうと思い読んでみました。

随所に「年功序列」の素晴らしさがちりばめられており、まるで「年功序列」が道徳の根本であるかのような印象を受けました。
しかし、本当にそうなのでしょうか。解説を読んでいると無理やり感があるように思えます。

確かに、日本人は伝統や長い時間を経たものを大切にしようとします。
またそれらを大切に受け継いできたことが今の日本を形成していることは確かだと思います。

しかし、それらのことと「年功序列」を結びつけてしまうことには、違和感を覚えます。
変化のあまりない時代に限っては、より長く人生を経験してきた方の知恵は大切なものだと思います。
また、神ながらのこころを持ち続けている者同士の間では、より長く神ながらの心を持ち実践してきた方の方が素晴らしいと思います。
更に、本書にもあるように、同じ能力であれば年齢を重ねてきた方を重用するのも違和感はありません。
しかし、変化の激しい時代、神ながらのこころを持たない年長者、能力の低い年長者を敬ってきた歴史が本当にあるのでしょうか。
そして、そのような歴史があったとして、それは日本をよりよい姿にしてきたのでしょうか。

例として挙げている高度経済成長期における「年功序列」をはじめとした所謂日本的経営についても、
「年功序列」だから奇跡的な経済成長を果たしたという趣旨の根拠を引用していますが、
一方で、「年功序列」だったにもかかわらず奇跡的な経済成長を果たしたという主張もあります。
(奇跡的な経済成長は、超円安が長期間許容されてきたことで説明がつくという理論もあります)

更に、本書では触れられていませんが、幕末から明治の激動期に活躍した維新の志士たちは、
「年功序列」から生まれたわけではないでしょう。
むしろ維新の志士たちの後継として「年功序列」のエリート官僚機構が確立されてから、
日本は戦略もなしに、終わらせ方も決めずに大東亜戦争に突入した歴史もあります。

特に、最近では若者よりも礼節を知らない年長者が少なくないように思えますし、
著者が批判しているリベラル思想を崇拝し、日本をおかしくしようとしている年長者も少なくありません。
更にデフレ下で育ち社会に出た若者からは、高齢者はいいとこどりだけして若者に苦労を押し付けていると思われています。
実際に、年金等の社会保障において世代間対立が生まれていますが、高齢者は若者に対して配慮しているとは思えません。
また、待機児童問題がクローズアップされる中で、保育所等の新設に対して騒音問題を理由に反対している高齢者も少なくありません。
今の高齢者は若者から見れば、既得権益を守ることに終始しているようにしか見えません。
このような状況下では、「年功序列」が仮に日本の伝統的な道徳だったとしても、それを守ることが日本にとって良いとは思えません。

著者だけでなく様々な識者が、日本の根幹は「和」であるとし、
そのなかの上下関係に見えるものは縦の関係ではなく、役割分担という横の関係であると論じています。
この文脈からは「年功序列」といえども役割分担を上手く果たせることが前提となるのではないでしょうか。
「年功序列」を「和」と同じかそれ以上に位置づけることは「和」を乱すことになりはしないでしょうか。

本書では17条憲法の神道に沿った解説など、良い部分も少なくないのですが、
「年功序列」を強調しすぎていることによって、本書の価値を下げているように思えてしまいます。
本当に「年功序列」が日本の道徳として日本の発展に寄与して生きた歴史があるのであれば、
その事実と正否を明確に示したうえで、論理的に解説して頂きたかったと思います。
また、道徳と経済・政治は異なるということであれば、経済・政治上の事例ではなく道徳の事例のみで主張を展開して頂きたかったと思います。
「本当は何がすごいのか」シリーズと比べると見劣りしましたので、評価を少し下げさせていただきました。

  【BACK TO HOME】  


 BLOG TOP  » NEXT PAGE