FC2ブログ

伝統・科学・世界を知りマネジメントに活かす

日本の伝統・ヒトの自然科学・現在の国内外情勢・マネジメントなどに関する、ブックレビュー

The Power of the Heart/バプティスト・デ・パペ



★★★★

悪くはないが、書籍ほどの感動はない

単独で観れば、良い作品だと思います。
特に赦し(forgiveness)についてのパートは、涙なしには観れません。

但し、同名の書籍を何度か読んで、DVDと比較してみると、
書籍とDVDではメッセージのプライオリティが異なるような気がしますし、
書籍のほうが私自身にとって、より訴えかけてきます。
多分、私自身が求めているものが、DVDよりも書籍の方に深くかつ多く書かれているのだと思います。

書籍を読むのが面倒くさい、DVDを観るほうが気楽だ、という方にお勧めします。
  1. 2016/07/06(水) 19:47:10|
  2. その他生きる智慧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

The Power of the Heart/バプティスト・デ・パペ



★★★★★

繋がりました

エックハルト・トール氏やディーパック・チョプラ氏が登場するので手に取ってみました。

内容としては、
人間の本質・根源が座しているハートの声を聴き、それに従うことで本当の人生を生きることができる、
というものだと思われます。

ただ、本書だけですと、意図が十分にくみ取れないかもしれません。

私は、他のスピリチュアル・マスターの助けを借りて、以下のように解釈しています。

人間の頭の中はエゴやペイン・ボディから生まれる思考に支配されているので、
瞑想等により静寂を取り戻し、今、この瞬間に意識を向けることで人間の深い次元に触れることができる。
この深い次元に触れることで見返りを求めない平和・愛が自然に生じてくる。
これを意識して行うことで、意識が覚醒し、人類は次なる進化を迎える。
この深い次元をハートということができる(The Power of the Heart = The Power of Now)。
(エックハルト・トール氏:Stillness Speaks, The Power of Now, A New Earth

意識の覚醒によって自分自身の脳を創りかえることができる(脳の可塑性、但し時間はかかる)。
脳を創りかえることによって、身体が反応して、意識・脳・身体が調和を取り戻す。
意識の覚醒と調和によって無限のパワーが生み出される。
現在の最先端科学でも意識を脳に還元することは未だできていない。
この覚醒された意識をハートに求めることは(証明されていないが)間違っているとは断定できない。
(ディーパック・チョプラ氏:Super Brain

ハートからの愛・感謝を自分の内に充満させ、放射することで、ハートが求めるものが引き寄せられる。
(ロンダ・バーン氏:The Secret, The Power,The Magic

私にとって本書は、
上述したスピリチュアル・マスターの教えのを繋げてくれるものであり、
またエックハルト・トール氏のA New Earthの続編的な位置づけでもあります。

また、他のスピリチュアル・マスターの言葉も素敵なものばかりでしたし、
引用している書籍も興味深いものがあります。

なお、「意識」「自己」についての2017年時点での自然科学における知見は以下の書籍から得ることができます。
脳はいかに意識をつくるのか
神経科学・哲学・精神医療を横断して「意識」「自己」に迫っている素晴らしい本です。
  1. 2016/07/06(水) 19:40:30|
  2. その他生きる智慧
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

I am that I am.

Author:I am that I am.
誇りある日本の復活を望む一日本人

マネジメントは、ビジネス書の知識を得るだけでは上手くいかないでしょう。

日本の伝統から日本ならではの価値創造の源泉を知り、最新の自然科学からヒトの何たるかを知り、また科学的思考力を磨き、国内外情勢から立ち位置を知ることが重要だと思います。

勿論、基本はP.F.ドラッカー。

このブログでは、私が読んだ上記に関する書籍についてのレビューを紹介しています。

ご参考になれば幸いです。

Amazon.co.jpアソシエイト
iTunesアフィリエイト

FC2カウンター

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

カテゴリーサーチ

カテゴリーツリー

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

最近の記事

月別アーカイブ

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる